記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
2009年6月21日(日曜日)
[ 23:25 ] [ 中国料理 ]
   
池袋の知音はビル地下の食材屋さんと別ビルの地下にあるレストランしか知らなかったのだけど
その食材屋のあるビルの4Fにもお店があり、イートインが併設されてると聞いてヒトリ突撃。

同じビルB1の食材屋さんはビルの一部で小さいうえに
ぎゅうづめな商品たちがさらにディープさをかもし出すお店なのだけど、
4Fはそのビルのワンフロアを使用してるのか広くて商品も見やすい。加えて美しい!
池袋にあるエスニック食材店の中では一番きれいだと思う。
これならビルのエレベータに乗りこめてしまえば、
フツーの日本人の方も抵抗なくお買い物できると思うくらいとっても普通のスーパーぽい。

さて、目指す知音小吃広場は一角に
 
殺風景なくらいがらんとした店内。男女の定員さんはなにかの下ごしらえ中。
スパイスの雑多な香りも充満していてもうまんま、中国の市場の中にある食堂だわー♪
おひとりだけ中国の女性と連れだっていらした日本人男性がいたけれど
お客さんも中国の方ばかりでやりとりもすべて早口な中国語。


いろいろググってみた時は1枚のラミネートに中国語のメニューしかないようだったけど、
テーブルに置かれたメニューはクリアファイルにまとめられて日本語の説明も。


クリアファイルを指さして、日本語で四川涼麺と葱油餅をオーダーw


茹でたての麺を冷やして発泡スチールの容器に入れ、具とタレをかけてくれる。
途中で(たぶん)辛いのは平気かと聞かれたぽいので辛いの大大大好きをアピールv


まずは葱油餅。280円。揚げ焼きしたパンみたいなもの。アツアツv


四川涼麺。500円。うーんv涼しげだわv


これをぐっちゃんぐちゃんに混ぜ混ぜ混ぜーw

 
茹で加減も絶妙な、もちっと歯ごたえのある麺。
タレは辛いなかに甘さと焦がした唐辛子の香ばしさのバランスもいいv
そのタレの香ばしさに加えて、ピーナッツの香ばしさがあとから追いかけてくる。

ジャンクうまあい

ショージキ量からすると500円は安くはないかもなあと思わなくないけど美味しいしOK。
香港の市場食堂だったら150円くらいで食べれちゃいそうとか考えちゃイケマセンw

もしかして香菜を追加トッピングとかできたのかも。。。次回は聞いてみよう。
多めに入れてもらったタレに葱油餅をつけてぱくぱく♪うん、イケるわあv
ここに白飯いれても美味しいだろうなあvv




ほかにもメニューは冷菜や一品料理、鍋といろいろ。
火鍋もできる上に他店などと比べてもお値段もリーズナブルぽいv
泡椒鳳爪とか韓国のケジャンみたいな蟹の冷菜も美味しそう。

地下レストランの知音は、量も大勢シェアなボリューミーさだけどここなら気軽にいただける。
点心類は知音の食材屋でも置いてる冷凍ものだろうけど値段からみても充分だし、
ほかの料理はちゃんと調理をしている模様。
カウンターに並ぶ鹵味な鴨手羽やハチノスを煮込んだものも見た感じなかなか。

ブクロのディープ中国。横浜よりディープさを感じちゃうかも。
次回は何を試そうか今から楽しみだわーv
B食店情報
・店名 : 知音小吃広場(ちおんしゃおつーひろば)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都島区西池袋1-28-6 大和産業ビル4F
・TEL : 03-5951-2888
・営業時間 : 10:00-24:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 池袋駅徒歩1分
・キーワード : 中国人率99%的ディープ屋台料理店。
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ