記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2009年6月30日(火曜日)
   
理をいれたほうがいいのか、タイトル中「CP(シーピー)」はコストパフォーマンスの意ですわ。
最近知ったのだけど、フツウのみなさまには通じないらしく。。。喰い倒れな内輪用語なのかしらん(^.^;


********************

アキバプリンスAさんとご一緒するときはわりとわたしの好きな店、
行きたい店に連れまわしてる感が強めなのだけど、
新橋では最近ほぼいそむらにしか行ってないわたしにツアーをしましょうとお誘いいただいたわv

平日18時に新橋駅烏森口で待ち合わせ。
1軒目に向かうは東口新橋駅前ビル1号館地下の信州おさけ村。
 
こちらは信州のお酒直売所兼スタンドバーなのだそう。てことはほぼ角打ち?
(* 角打ち→酒屋さんの一部分や店先で飲むことを差します。アテは多くの場合免許などの関係から乾きモノが主)
オーダーとお会計をして店内を観察。
店内には少しだけど信州産のなめたけや乾きものが販売もされていて
足もとに並ぶ風情はふつうに信州のアンテナショップな様相。


オーダーしたビールはAさんが東京ブラック、わたしはインドの青鬼。
どちらも280円。安っw
てゆか小売価格のまんまだし。

どちらも長野のヤッホー・ブルーイングさんが醸造しているエールビール。
おしゃれな缶のデザインから想像できないしっかり仕事なビールだった。
インドの青鬼は苦味が強いかな?でもコクもちゃんと感じて美味しい。
東京ブラックはとても濃厚。苦味はインドの青鬼よりまあるみがあって美味しーいv

余談:いくつかあるビール名のなか、名前のインパクトからこのインドの青鬼を選んだのだけど、
B食店情報を検索したときに出てきた関連記事を見てたらゆ〜すけゆかぴーちゃま
同じビールを選んでて思わずニヤリとしちゃったわv(^.^)w

アテは、馬くんせい300円と本辛なめたけ100円。

なめたけ100円なんてどんなものが出てくるかと思ってたら、
大根おろしと和えてあって、濃い味のなめたけと合わないはずなしwステキーv


馬くんせいは脂の黄色からもわかるようにウマウマしv


この日は新橋ツアーで先を急ぐため、ここまでで注文は控えたけど、
アテは300円が数品あるだけで100円小鉢がえらいたーくさんてのもすばらすぃv
お酒は日本酒3種飲み比べが500円というのもあったりおもしろい。
 
イヤー、Aさんアテンドの新橋ツアー、のっけからステキ過ぎてけっこうメロメロw
お勘定するときちゃんと確認しなかったけど、
角打ち的な商品への少しの割増やグラス代、ショバ代みたいなのもなかったと思う。
ひと缶ずつ、ひと品ずつとはいえふたりで1000円してないつーのにも美味しさ倍増満足ひとしおw
次回はもうちょっとゆっくりしてみたいなあv


− 新橋ツアー つづく −
B食店情報
・店名 : 地酒ミュージアム 信州おさけ村(じざけみゅーじあむ しんしゅうおさけむら)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 1F
・TEL : 03-3572-5488
・URL : http://www.nagano-sake.com/vil/index.html
・営業時間 : 11:00〜21:30
・定休日 : 日/祝/ 第2・第3土曜日
・最寄り駅 : 新橋
・キーワード : 地酒/立ち飲み/信州清酒直売所兼スタンドバー 長野県の日本酒・ワイン・ビール
・友人・同僚 / 一人
B食店ページへ

2009年6月29日(月曜日)
   
過日、A子はんにすみだトリフォニーでの新日フィルチケットをいただいて錦糸町へ。
プログラムはR.シュトラウス作曲の組曲『町人貴族』op.60と家庭交響曲op.53
A子はん、ありがとうございました(^o^)v
家庭交響曲ではたぶん10分ほどオチてしまったけれど;どちらの曲も楽しめましたv

演奏会が終わったのが17時。
錦糸町に出てくる友人と合流してバスモティかタイランド、
足を延ばして馬喰町のダクシンで食事でも思っていたら、
合流前に錦糸町探索してた友人曰く気になる赤ちょうちんに通りすがったというので早速偵察w


表から様子を伺ってふんふん、けっこうよさそう。。。
予備知識はゼロだけどソッコー突撃。
 
店名の馬力からきてるのか、馬レバがメニューに。
ほかにも各種ホルモン刺しも多く、お値段もなかなかリーズナブルv

まずはおでん、厚揚げ、すじ、大根。飲み物はキン宮を赤ホッピーでぷはっとねv
  
ショージキにいうとこのおでんはまあ可もなく不可もなく。。ふつうかな。
でも後述のホルモンと串はなかなかイケたわーv


馬レバ刺し490円。

馬レバの刺身をいただくのはもしかしたら初めてかも。真っ黒でちょっと驚きw
いただくと牛や豚より濃厚な味わい。


馬力名物生ホルモン刺し590円。
いやー、これが出てきたお皿に感激だったv

皿は20cm角くらいかなあ。
奥左から
ガツ、タン。
手前左からハツ、コブクロ、、レバ。
  
見るからにぷりっぷりんvv感激して画像は、左から右からv
どれもとっても新鮮で、新鮮なのにちゃんと味わいあるですよおっv
特に湯がいてないんじゃないくらいのナマナマコブクロなんて
ほわっとピンクでこりっと歯ごたえvたまらんてv
てゆかこれが590円てどーよw

タン刺しの差し具合も、もおたまらーん♪


ホルモン刺しの他にはこの、丸腸串がうんまかった!
 
同じ皿に盛られてきたつぶ貝も歯ごたえもよくて焼き加減サイコーv
でもそれより丸腸!噛みしめると甘辛タレに脂がじゅわんと染み出して。。。
くああvうんめぇーo(>▽<)o
お値段はどちらも250円だったかな。
安くはないけど満足至極w


ほかのオーダーはこんな感じ。
 
左:左から2本の串は、、、アレ?なんだっけ@たぶんうずらとひなじゃないかと;汗。
で、コツネとうな肝。コツネは軟骨入りのつくねでこれも馬力の名物とあった。
右:ピーマン肉詰。たれが甘辛くてウマい。

コツネ150円、うな肝250円、ピーマン肉詰200円。
たぶんのうずらとひなは、それぞれ100円と120か130円?かな?


こちらは。。。アタクシとしたことが今回何としても思い出せない品。。。;

たしか揚げ出し豆腐みたいになっててにんにく醤油ダレ、
友人曰くこのメニュー名がこういう風に出てくるのかと思った品だったような&
中になんかの詰め物があったようなと。。。ウウム。。キオクケツラク〜@

馬力は南口に本店があるみたい。
そちらにも行ってみたいなあ。
B食店情報
・店名 : 炭火焼とり 馬力 錦糸町北口店(すみびやきとり ばりき きんしちょうきたぐちてん)
・ジャンル : 焼き肉・ホルモン
・住所 : 東京都墨田区錦糸3-6-12 山善ビル1F
・TEL : 03-5608-9029
・営業時間 : 11:30-24:00(L.O.23:00)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 錦糸町駅北口徒歩2分
・キーワード : 馬レバ刺し/ホルモン刺し/キン宮/ホッピー/赤ちょうちん
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2009年6月28日(日曜日)
[ 10:13 ] [ 中国料理 ]
   
この日のブクロの夜は、いうなればかめやでアンティパスト、ふくろでプリモv
2軒目を出てもまだ時間も19時前だし〆になにかいきましょうよとの
一見好青年Aさんのひと言にじゃあとセコンドさがしに東口へ移動。
でもねー。ご紹介したかったオタクな洋食ハーイハニーは日曜定休。。。
うまうま南インド料理のA-Rajに行くにはさすがにおなかの余裕がアヤシイ。

ぐるっと南池袋、東池袋を散歩してp’PARCO横の地下道を抜けて結局西口戻りw;
しばらく前にググッて目に留まっていた北口線路沿いの大宝さんへ。

お通しは塩ピーナッツと泡菜、というか普通に漬けもの。
一見好青年Aさんは日本酒党なのだけど、ここは豪に入ってもらい紹興酒1500円をもらう。

店内は中国語が飛び交ってるけど、日本人のグループもいるしそれほど入りにくくはないかな。
メニューも日本語説明されてるし。
アテは3軒目にしちゃ多いかなと心配しつつ、4品をオーダー。


まず重慶辣子鶏。880円。
 
来てみてううん?なんだかわたしの求める辣子鶏と違う。。
もっとこう、大振りな唐辛子の山をかき分けて鶏肉を探し出すのをイメージしてたのだけど。。
たとえば楊2号店@池袋でいただくような辣子鶏ね。
メニューの写真を見返すと写真とはまったく相違はないんだけど。。。
写真でなく字面で品を選んじゃったのがいただけなかったか。。
それに重慶と銘打つならもっと辛くてもいいのになー。
若干火も入りすぎて肉も硬いしなー。ううむ。


五目炒飯。680円。
 
つまみに炒飯ってまるでラルロザリーのようだわw

玉子の火通し具合もよくちゃんと甘みが出てるし、炒飯として味付けも普通に美味しい。
でもでもでも。
一見好青年Aさんとの食べ物の話しが楽しくて気づくのが遅くなったけど、
これって。。。五目になってる?
パッと見玉子、グリンピースだけくないかあ?
広くあまーい目で見ても少しの葱と肉のカケラ少々が垣間見えるくらい。。四目?
わたしがいただき損ねただけでもうひとつ入ってたんだろーか。。。
てゆか肉、見えないくらい欠片的カモ。。味はふつうによかったのだけども。ううむむ。。


ほかには羊串100円と花巻210円。
 
羊串は100円だけあるからかかなり小さな肉片だけど、味はよかった。
あと50円とか足すからもう少し大きくしてほしーいw
花巻もふつうにおいしい。はがして肉とかはさんでぱくぱく。

〆たお勘定は3500円くらい?かな?
普通においしかったけれど、かめやふくろがよかっただけにちと肩すかしだったかもかも。。
ググると北京ダックがお得だとかいう情報もあるようなので、わたしの注文も普通すぎたのか。

永利とか楊とか知音とか阿里郎などマニアックなお店が名を馳す池袋の中では
マニア度もインパクトさもいまひとつというか、ふつうのお店に感じちゃったかなあ。。。
あ、でも蚕の唐揚げみたいなのとかはあったか。
メニューを見ても延辺寄りあり、四川寄りありとオールマイティなお店のようだし、
次回訪問する機会があるとしたら4,5名で、事前に注文も練っていくといいのかも。
B食店情報
・店名 : 大宝(たいほう)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都豊島区池袋2-43-2 FINOビル 1F
・TEL : 03-5950-8578
・営業時間 : AM11:30-AM5:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 池袋駅北口徒歩3分
・キーワード : リーズナブル/羊串/四川系も置いてるけど東北メインなのかも
・友人・同僚 / 一人
B食店ページへ

2009年6月26日(金曜日)
   
品川での所用を終えて時間をみると16時半。
しめしめと田町で下車。いそいそと久々たけちゃんv
画像は悲しいかなカメラを忘れてウィルコムzero3es。

わたしがヒトリでも行っちゃう立ち飲みのひとつ、三田の串揚げたけちゃん。
実はチョーゲキ内弁慶なアタクシ。。お店の人との会話って敬遠しちゃうときもあるのだけど、
どちらかというと寡黙なたけちゃんとはおしゃべりの間合いもちょうどいいのよねー。

ウーロンハイときゃべつでぷはっ♪



たけちゃんでゼッタイ外せないのが海老と納豆。
海老は大きくてぷりぷりだし、
納豆は揚げのきんちゃくに納豆とレンコン微塵の食感がたまらんのよねー

画像は最初の注文。左から海老、ギョウザ、レンコン、上になっとう。

ウーロンハイのおかわりと、エリンギ、再度海老をもらって40分ほどの滞在。
〆て1500円ほど。この日も海老に始まり、海老で〆たわw

せんべろたけちゃん、あーしゃーわせっ(^o^*
B食店情報
・店名 : たけちゃん(たけちゃん)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都港区芝5-20-19
・URL : http://www.ousaru.com/94/take/
・営業時間 : 16:30?22:00(LO)
・定休日 : 土日祝休
・最寄り駅 : 三田/田町
・キーワード : 関西風の串カツ
B食店ページへ

2009年6月25日(木曜日)
   
「ユタの酒がサントリーから出るよー!」

発売よりだいぶ前からマイらぶ飲んだくレディ、ミュジニーに言われてたのに、
ゆかぴーちゃまの記事を見るまですっかり忘れてたわ。



発泡酒サントリーYuTAKA。

なぜ「ユタの酒」かというと、みなさまからの呼び名が「ゆたっち(yutouch)」とか「ゆた」のアタクシ。
本名に「ユタカ」が入るのですわ。
たとえば→ 豊田 実(ゆたかだ みのり)とか富徳 有多佳(みのり ゆたか)、みたいな感じ。
ということで、言わばYuTAKAはアタクシのために作られたような酒w

いそいそ買ってきてさっそくYuTAKAを飲んでみる。
軽いんだけど、コクもちゃんとある。ワタシノカラダハオモイケドネ(^.^;
玄米がいい感じに影響してるのかしら。
父にはウケなかったけど、わたしはけっこう好きな味v玄米好きだから?
最近のサントリーてばプレミアムモルツも美味しいし、いい感じだわv

発泡酒の友は、大好物のとうもろこし。
最近よく使うお店で特売だった長崎産の朝採りモノ。品種はなんだっけか。。。シツネン。
帰宅して着替えもせずにまずはとうもろこしをアサヒの活力なべで1分調理。


去年からよく見かける味来ってちょっと甘すぎると思っちゃう、粒ちいちゃいし。。
でもこれは粒もそこそこの大きさでほどほどに甘くて美味しいv
実がしっかり詰まってからの収穫に、冷めても粒がぷりっぷりv


YuTAKAから焼酎に移行してアテついでにカレーを作る。
とうもろこしと同じお店で半額だったほうれん草をピューレにしてなんちゃってサグカレー。
酔って作った割にけっこうイケたv
酔って作ったからイケたぽい、のかw

いつものS&B赤缶カレーにスパイスを足してみたVer.なカレー。
スパイスは何をいれたかうろ覚え@
スターターにマスタードシード、クミン、カルダモン、ブラックペパー。・・・だったかな?テキトー;
赤缶以外のパウダーはターメリック、ガラムマサラ、カイエンペパー。
↑こうして書き連ねるとすごそうだけど、実際はただ入れてるだけでまぢえらいテキトー。

具はアリモノ、玉ねぎと使い残しのしめじとキャベツ。
ほうれん草ピューレは最後に入れた。

作りたてサグのグリーンがきれいv
自家発芽させた玄米で炊いた小豆玄米の薄ピンクといい感じ。
なんちゃってで作ったのになかなかウマしv

翌朝がこれまた美味かった。

サグのグリーンはすっかり落ち着いちゃったけど、
味がなじんで思わずワタシったら料理センスあるのかもと自画自賛しちゃうくらい美味いw
で、ついつい小豆玄米もおかわりしちゃって気づけば結局2膳半。。。
我ながらカレー皿に2膳半の玄米ていったいどんだけの量。。@

日頃「料理はしません喰う専門な喰い倒レディ」だけに、
まぐれでも美味しくできると嬉しさヒートアップなのだけど、ダイエットは確実に遠のく罠(=_=;
料理上手な方が痩せてるのってほんと信じられん。てゆーかずるいぞw



おまけ。

玄米は発芽させるとギャバがドバっと増えると聞いてから、
時間のない時以外は自家発芽させてから炊いてる。

玄米を軽くすすいでから、まずひと肌よりあたたかい湯につけて放置。
ぬるま湯に浸けるのは、コメに発芽を促すため。
春だよ、起きなさーい、みたいな。

その後玄米が呼吸を始めてぶくぶくしてくる水を1日1回ほど取り換えて3日ほどで発芽。
発芽してくると独特の甘い香りがしてくる。
なによりぴょこんと立つ芽が愛おしいv

冷蔵庫でゆっくり発芽させる方法もあるらしいけれどメンドウなので夏も冬もこの方法。
発芽してから冷蔵庫に入れて1日保存したりはするけども。
うっかり水を変え忘れて香りがやばい臭いになってきたりしちゃうのはご愛敬(^.^;キヲツケマショウ
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ