記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2009年5月31日(日曜日)
   

イベント目白押しの5月16日土曜のハシゴ。

1軒目のアメリカ大使館員宿舎バザーでハンバーガー
→1.5軒目にアメリカ留学expo2009でアラスカ産サーモンのサンドウィッチ。


2軒目、代々木で開催されていたタイフェスでカノムヂンナムギョウを味わう。


そして3軒目、最後の目的地は日本橋のイベントスペースCONETさん。
わたしが追っかけしている
芸術家たけだくんとシターリストしんじくんのインド料理ユニット、
マサラワーラー
の音楽ライブとのコラボなカレーイベントへv
 

特に今回はたけだくんが南インドから帰ってきたてホヤホヤということもあり、
いつもに増して期待大!というかぜったい外したくないイベントw

ライブではしんじくんのContiの演奏のほか、3組のパフォーマンスがあったのだけど、
Hagihara Yosiakiさんというすごくおもしろい音を聞けたり、
マサラワーラーのイベントはおまけな出会いもとっても楽しい♪


ちなみに今回の内容はこんな感じ。

◆2009/5/16(Sat)@Co-Net  

「Don’t make noises」 

マサラワーラーのインド料理食べ放題! 


19:00-/Charge¥1500

ドリンク持ち込み自由インド料理食べ放題つき

『出演』ジェイソン・シャルトン(PANICSMILE)/Conti/HAGIWARA YOSHIAKI

/Rent:A*Car(保田憲一/PANICSMILE+岩沢卓/battenetion)




ドリンクは持ち込みOKなので、最寄りのカク●スにてカンチューハイを買いこんで会場へ。

フツーなビル入口の足もとに置かれた案内。
エレベーターで昇ってドアが開くと、ああvなんとも香しいスパイスがあvvタマランw

カウンターにきれいに並べられたマサラワーラーのカレーたちv





むふふふふv画像から美味しさ伝わるかしらvv
もうほんっと美味しかったのよ〜vv

 
左はひと皿目。わかりづらいけど、ごはんを葉脈のように盛って
それぞれのお料理を乗せてあるの。
右はおかわりwおなかいっぱいでも美味しいものは際限ないわー(^o^;
手前のカップにはラッサムがはいってます。

アメリカ大使館員宿舎バザーのハンバーガーも、タイフェスのカノムヂンナムギョウも
まるでなにも食べてなかったかのようにするするおなかに入るww
だってどれもこれもうんまーいんだものv

野菜を使ったのもとてもよかったし、
チキンを使った品がいくつかあったのだけどどれも柔らかくジューシー。
ワダもふわふわだったし、チャトニもどれもよかった。
特にグリーンチャトニがとってもフレッシュv
はあ〜vvしゃーわせvv

舌もおなかも満足した頃合いにライブがスタート。

 
ライブで音もパフォーマンスもとてもおもしろかった、Hagihara Yosiakiさん
会場でCDも販売されてたようで気づかず残念。
また聞いてみたい。今後ライブ情報を要チェックだわv

実はmixi日記にここCONETでのライブ情報をupしたところ、
マイミクさんの古くからのご友人が出演されると聞いていて、なんとなく直観でこの方と認識。
演奏後にお声をかけたらやっぱりこの方がご友人でした。
その後なんとhagiharaさんの会社に別のマイミクさんがお勤めしてることが判明!
そのマイミクさんを介して同僚の方と一度ご一緒したことがあり3名の共通繋がりが。
自分の偶然力にも驚きーw



しんじくんとKOBAさんのユニット、Conti
踵を返すようにっていうのは変だけど、メリハリの利くKOBAさんのドラムに、
え、シタールってこんな音出せるの?と思えちゃうしんじくんのシタール。
ふたりのとんがるようなパワフルな音がいいのよねえv

ライブはほかに、アートのようにギターの音を奏でるジェイソンシャルトンさん(PANICSMILE)さん、
〆にこのライブの企画をされた(たぶん)、RENT:A*CARさんの独特な音。

今回もお料理も美味しかったし、ライブもおもしろかったーv
たけだくん、しんじくん、いつもありがとうござりますvv


実は。。。夕べもマサラワーラーが参加するライブが南青山であったのだけど、
友人が予約してくれて受付まではたどりついたもの、紆余曲折あって入場ならず。。。。(ノД`)・゚・。
カレー熱治まらず、道々みつけたナタラジでベジなインド料理をいただいてきた。。
ナタラジは思い描いていたよりカナーリ美味しくて感激だったわ。

ああ、昨日いただけなかっただけに、次のマサラワーラーライブがマヂ待ち遠しいv


−おしまい−
[ 09:07 ] [ タイ料理 ]
   
イベント目白押しの5月16日土曜のハシゴ。

1軒目のアメリカ大使館員宿舎バザーでハンバーガー
→1.5軒目にアメリカ留学expo2009でアラスカ産サーモンのサンドウィッチ。

つづく目的地は、代々木で開催されていたタイフェス。


土曜の原宿はいつものごと、ひとが多くて息苦しい。。。
代々木公園へ向かおうとすると、明治神宮の門前で盆踊りのうような白馬が見えた。
 

きれいにおめかしされた白馬がちょうど盆踊りのように円を描き踊る舞とともに歩んでいる。
よくよく見ると白馬は音楽に合わせてリズムをとりつ、前足でステップ踏んでますがな。驚。
ひづめの擬音をもって表現するなら、
ぽっぽくっぽっぽくっ ぽっぽぽくっぽ くっぽ♪…みたいな。
なんて芸達者なエエコなのかしら!

あとから調べたら鈴かけという馬踊りの奉納で
毎年5月に開催される鹿児島の渋谷ジャック鹿児島おはら祭」の一環だった模様。
なんでも2000人が渋谷マルキュー前で踊るイベントだそうで、今年は5/16、17。
16日は「プレおはら」といわれる前夜祭で、この明治神宮前広場での奉納踊り披露だったよう。

以下引用。『 5/16(土)は「プレおはら」と題され、渋谷C.C.Lemonホールでおはら祭前夜祭が行われる。そのほか、明治神宮本殿前広場では奉納踊り、明治神宮原宿口広場では花や錦をつけた鈴かけ馬がリズミカルに躍る鈴かけ馬踊りが披露されるので、祭の雰囲気を楽しもう。


ひとしきり鑑賞してから、タイフェス@代々木公園へ。。

いやー、タイフェス、もうゲキ混み(=_=)
実は開催の度、倍々に混んでいくタイフェスにもうダメと訪問しなくなってから実は4年ぶり。。

タイ料理といえば、すっかりMONTEE@浅草ひと筋な昨今のアタクシ
近々初訪を目論んでる新宿にあるお店「オイノイ・ランナー」が初出店と聞きつけたのねー。
ついでに朝から休憩テントで場所を押さえて楽しんでるマイミクさんたちのところへ顔出しでもして、とか考えてたけどこれがもうほんっと甘かった(T_T)
タイフェス、殺人的に混みまくりなんだものー(ノД`)・゚・。


もう二度とタイフェスには行きません。というかあんな混んでるところ行かれない。。 (ノ_・、)
ナマステインディアとか、ベトナムフェスとかここまでひどくないのに。。。


どの屋台も長蛇の列で前に進むというか、歩くことすらままならない。
こりゃ先陣に合流するより先にと、お目当てのタイ料理オイノイ・ランナーの屋台へGO。

こちらは新宿にあるタイの北部、東北部料理がメインのお店。
タイの血の流れるマイミクさんがお手伝いされており、そのご友人やタイ国の方々が集う店。
マイナーなお店のはずだしと思っていたら直前にタイフェスが紹介された雑誌かなにかに
ズームアップされていたらしくこちらも長蛇の列。。大泣。

それでも友人が並んでくれてなんとかカノムチンナムギョウとカオソーイをゲト。
ほかにサイウアもあったけど米入りのサイクロークイサーンのほうが好きなのでスルー。
*どちらも北部名物の発酵ソーセージ。サイウアには米がはいらない。

 
左:トマトと挽き肉を煮込んだ肉出汁スープのそうめん、カノムヂン・ナムギョウ。なんとフワ入り!
右:ココナツミルク入りカレーラーメン、カオソイ。
どちらもタイ北部チェンマイの名物。

初めていただくカノムヂン・ナムギョウは日本で提供しているお店は珍しいそう。
レモンだの、唐辛子だの入れて食す。
写真の右奥の四角いのはたぶんフワ(肺臓)だと思う。ぷりっと美味しい♪

ん〜vvスープの肉出汁が効いてうんまあいvv
カオソイもココナツミルク濃厚でとっても美味しーいv

そういやカオソイってほんとは揚げ麺がトッピングされるんだけどなかったわ。
店先に下げられたメニュー写真にはちゃんと乗っていたのに残念。
屋台だとやっぱりいろいろむつかしいのかもなあ。
やっぱり早々に新宿にあるお店に訪問しなければ!


ほかにいただいたものは。。。

先陣隊隊長のお店指定による、カオマンガイv
このお店、店頭メニューにカオマンガイの表記はないのに
隊長に指示されたとおりお願いすると出てきた!ちょっと驚き。さすが隊長w
鶏が3切れぽっちであああん?って思っちゃったけどこれ、すんごーく美味しかった。
タイ米もタオチオソースも鶏肉もどれも素晴らしく。。。
なんていうお店のだったんだろ。ここもお店に訪問してみたいなあ。



これは先陣隊が食べて美味しかったというスィートチリでいただく、
魚のすり身を餃子の皮みたいなのに包んで揚げたもの。名前は失念。

このほかには細い竹筒にもち米を蒸した甘いスイーツをお持ち帰り。
このスイーツはエスニック敬遠ぎみな母に好評だったわ。


隊長自作の出汁を取ったあとの昆布等々のタイ風つまみ。美味しかったー。

タイの酒、メコンもご相伴にあずかり美味しかったvごちそうさまでしたv

うだうだとエスニック談義に花を咲かせつ数時間、気づけば人ゴミもすっかりはけて16時すぎ。
この後隊長とMさんは新宿の餃子屋さんへ、わたしと友人は次のお目当てへ移動開始。

朝からタイ料理食べて飲んでた隊長とMさん、このあとも喰うのか、さすがや。。
と思ったけど我にかえればわたしたちもヒトのことは言えないんだった。。。
このタイもハシゴだし、なんたって次はカレーの実質食べ放題イベント。。汗w


−つづく−
B食店情報
・店名 : オイノイ・ランナー(おいのい・らんなー)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都新宿区歌舞伎町1−2−16第一オスカービル2F
・TEL : 03-3207-8653
・URL : http://oinoi-lanna.blogspot.com/
・営業時間 : 17:00 - 翌05:00(04:00 OL)
・定休日 : 第2日曜
・最寄り駅 : JR新宿駅徒歩7分/地下鉄新宿線E1出口より徒歩3分/地下鉄東新宿駅徒歩5分
・キーワード : タイ北部、東北部料理/カノムヂンナムギョウ/毎月第3土曜日◎ 深夜 0:00 - 翌 6:00 まで アジアンディスコ開催
・友人・同僚 / デート / 宴会
B食店ページへ

2009年5月29日(金曜日)
[ 19:45 ] [ アメリカ料理 ]
   
 5月はいろんな国内外のイベントが多くてうれしい反面カナーリ困るのよね。
いったいどれを優先するのが一番しゃーわせなのw??
そんな5月16日土曜は、アフリカンフェスタ@横浜、タイフェス@代々木、
アメリカ大使館員宿舎バザー@赤坂、三社祭@浅草等々のそろい踏み。
そのうえわたしがおっかけしてるインド料理ユニット「マサラワーラー」もイベント出店。

迷った結果いくつかのハシゴを決め、この日はまずこのアメリカ大使館員バザーへ。
ほんとは朝9時とかにいかないとイイ品はだいたいはけちゃうらしい。
でも目当ては食だし、わたしの所用もあり待ち合わせは六本木1丁目駅に11時。

本人確認のIDと荷物チェック後門を通過。目指すは一路、食べ物スペースへ!
まあバザーの品にも興味はあれど、やはりそこはねえ。喰い倒レディですものw

入口からはいって一番奥の広場にテントが3つ。
アメリカン、インドネシアン、もうひとつはタイ?かな。

下調べでも人気らしいアメリカンなハンバーガーは40名ちかくの行列。。。


めげずにならんで、最中にほかのテントにあったインドネシアの甘いサテを食す。


ようやく番が回ってきて、ビールとハンバーガー、ホットドックをオーダー。
ビールはバドワイザーとハイネケン、一番搾りがあったのだけど、
この一番搾りの王缶が。。。
 
お。ICHIBANとな。あー、なんとはなし外国を感じるわあ。
ってあれ?日本のも今ICHIBANだっけ(^.^;?キ、キオクガ。。

ハンバーガーもホットドックもパンが置いてあって、あとの具はセルフ。
大きなケチャップやマスタードをぶんぶん振り回してできあがったのがこの状態。
  
けっこう上手にできたわーv

 

パテもソーセージも大きなBBQグリルで焼かれたアツアツ。
このパテ、焼く前は15cmを超えそうな大きさなのに焼くと10cmほどに。。。
見た感じ、ソーセージのほうが美味しそうだけど、パテのほうがダンチにおいしかった。
トマトもレタスも、とろけるチーズもうんまあv
VIVA!ジャンクフード天国アメリカw

ほかのインドネシアなミ・ゴレンとかバナナの春巻きやタイ料理ないろいろは
このアメリカンテントの40人行列に並んだがため、結局いただけず仕舞い。。。
まあこの日は、次々にハシゴが控えてるからまあいいか。
広場でのんびりしたあとは門までの道々、バザーというかガレージセールを見てたのしみつつ、
タイフェスを目指すべく赤坂駅へ。



と、赤坂サカスではアメリカ開始館員バザーに合わせたのか、アメリカ留学expo2009が開催中。
ちょっと寄ってみたら留学相談だけでなく食べ物もいろいろ出店。
ハンバーガーにオレンジにグレープフルーツ、なんだっけあの甘くて名を馳せるドーナツetc
 
これからタイフェスで食べるんだというのに、友人がカナダのサーモンサンドをお買い上げ。
バゲットに身の厚いサーモンとスライスオニオン。
ひと口いただいたらサーモンの風味がこれまたううーんvうんめーvv
てゆかバザーでのハンバーガーより断然美味しかったんだったり。。。w

このあとグレープフルーツジュースの試飲だのしてようやくタイフェすへ移動ー。

−つづく−
2009年5月28日(木曜日)
   
注:例によって長い&写真多い→重いです@スミマセヌ-(^.^;

うふふふふ。
なんとさいたまの奥地、東大宮にこんなすんげーく美味い店があるのよvv
今アタクシのイチのお気に入りは地元のこちら。
 

その名もやきとりや。
正式店名nokaoi。
nokaoiとはハワイの言葉で一番を意味するそう。

ほぼ毎日のように実家にチャリで帰るたび、
不景気だってのに店から溢れるように繁盛しているこのお店。
何十年と東大宮に住まってきたというのに、
わたしとしたことが昨年駅の反対側に越してくるまで気づかなかった。

ようやく昨年11月に初訪を果たしたこちら。
東大宮にあるまじき好クオリテな味と接客、そして居心地w
ラブが高じて、B食にもなかなかUPできずにいたんだったりw

「やきとりや」なれど鶏のみならず、
置いてる和牛レバ刺しなんて新鮮すぎて食感サックリ!
お味は地元で一番どころか、
品数は負けるかもだけど都内やきとりRにも勝るとも劣らんてw
お値段にいたっては100円から200円、
和牛ハラミだけが
唯一250円というお値打ち設定。
どの品も美味いのだけど、特に美味しいと思うわたしの毎回注文マストな品をいくつかご紹介。



まずは前菜よろしく和牛レバ刺し200円。
マスターの目利きで仕入れのない時もあるこの品。
もう見ての通りの新鮮さにぷりっと歯ごたえさっくりさくさく、味濃厚v
のんき@堀切菖蒲園まるい@押上に負けてない思う。
いや、まるいには大きさは負けてるか。。w

nokaoiでは串をいただきつつ注文を入れていくのもアリだけど、
そんなことしてたら食べたい品が切れる落とし穴がw
なので席につくと同時にまず外せない品をオーダー。
マスターはその中で順を組んで、それぞれを提供してくれるのですわv
この気遣いもいいのよねえ、nokaoi。




ちょうちん200円。
並んだスプーンにかわいらしくキンカンが鎮座w
このスプーンのおかげで火が通りすぎず半熟なキンカンに。スプーンて便利ねえw

出来上がった串を持ってみるとまさにちょうちん。
キンカンのいただき方は好き好きだけど、
わたしはしぼりだした黄身をソースにするのがお気に入り。

 


ささみ200円。
注文ごとに擦られる山葵が半ナマのほわっと甘いささみ肉にアクセント。
火通しばっちり、弾力も感じるわたし好みの焼き加減。
nokaoi初訪時はまずこのささみにKOされたのでした(^.^)

 


和牛ハラミ250円。
デフォだと写真のポン酢おろしなのだけど、塩もお願いできる。
肉の味を堪能するなら塩がオススメだけど、
このポン酢おろしが肉をさっぱりさせつつ旨みを引き出してめちゃ美味い。
いうならぎゅうっと味の濃縮された小さなステーキ。
ヘタなステーキハウスに行くより断然イイ思いができますがなwむふうv




いつ行っても繁盛してる店内。
マスターは大澄賢也似のサーファー。
店内に流れるユーミンメドレーのループはアラフォーがゆえ?
でもそれもなごむのよねえw  ♪歓声より長ーくーゴォルよりも速ーく♪
集うお客さんは美男美女が多いらしい(お連れした方談)。ナゼ?



ハツ100円。
いつでも品切れ必至な人気のこのハツもnokaoi独特なひと品。
張りのあるおもてを噛むと、中がじゅわんと柔らかジューシーでほんと美味い。



すきみ(せせり)100円。正肉よりだんぜんこのせせりv
鶏の首肉は動きも激しいだけあって、弾力とその脂がたまらない。


ぼんじり150円。
あああ脂が!あまーいv
今までいただいてきた中で一番歯ごたえがある。



かわ100円。
マスター曰く「究極のかわ」w
こんがり香ばしく、脂ほのっと甘く。。。v


 
つくね150円。
デフォでキンカンがつく。
つくねのたれの甘みと黄身の甘みの融合に舌鼓な品v
いかんせん、ボリューミーなのがねえ(^o^;
ほかの品もいただきたいとなると困ることもw



 

左:自家製のおしんこ200円。
nokaoiでは唯一の串ものでないメニュー。
春夏は滋味な糠漬け。秋冬は白菜やキャベツの浅漬けに変わる。
あ、あとお通しにはおかわりの利くキャベツがいただけまする。

右:nokaoiの店内メニュー。
この記事にupした以外にもたくさんの品が。
100円(11品)、120円(2品)、150円(2品)、200円(4品)、250円(1品)のラインナップ。
出せるメニューは黒文字で、
品が終わったり仕入れがなかった時は裏返して赤文字になる。
この記事には書いてないけどしいたけやねぎも美味しいv


   
お酒は特にこの三種をオススメ。
まずは埼玉蓮田の酒、神亀の純米を冷やで。
続いて同じく神亀の冷酒、上槽中汲。この上槽中汲を置いてるお店はあまりないらしい。
通好み、中央葡萄酒のグレイスヴィンテージ甲州の白。
これもすきっと程よい辛口でエエのよv
ほかのお酒もこのこだわりマスターの選ぶ数々。ハズレはないのもご安心。



ところで。。
nokaoiは入店6時を過ぎる予約は受け付けてくれないのだけど、
どうも都合よく覚えてしまって抜けない;
ワタシ「ユタです。7時から2名で」 
マスター「予約は6時まですよー。ユタさんー、何回うちきてんすかぁ」 
他にも予約は席のみでメニューを抑えることはできなかったりする。

。。。いいかげんお店のルールを覚えなくちゃ;と思っていたら。
 

なかなかルールを覚えられない人のためにショップカードを作ったそうな。。w;
なるほど、これで誰にでもわかりやすいねえv



やきとりや nokaoi。 
東大宮駅徒歩3分。 
まぢ美味いす。
おまけに店主は男も惚れる系なこだわり気質とその男前。

焼き鳥と言ってるが豚も牛もある。串モノ以外はおしんこしかない。 
その日のブツによっては仕入れもしないこだわり。


昨今ラーメン激戦区な東大宮、ジャンクガレッジとか秀虎とかボンバイエとか訪問される方とか。 
喜んでラーメン後にアテンドいたしまするよw

え〜東大宮あ??とか言ってるアナタ。
そんなにとんでもなく遠くもないって。
宇都宮
(湘南新宿ライン含む)で新宿から40分、池袋・上野から35分。
お近くにお寄りの際はぜひおいでませ、わが地元。
B食店情報
・店名 : やきとりや nokaoi(やきとりや のかおい)
・ジャンル : 和食-焼き鳥・串焼き・鳥料理
・住所 : 埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-14-1
・TEL : 046-665-559
・営業時間 : 17:00-23:00(予約は18時入店まで受付。18時以降は電話で状況問い合わせ/要相談)
・定休日 : 月曜
・最寄り駅 : 宇都宮線東大宮駅徒歩3分。
・キーワード : こだわりの焼き鳥/こだわってるのに東大宮価格/和牛レバ刺し/焼き鳥だけでなく牛も豚も
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2009年5月27日(水曜日)
   


プリンのカップみたいなのに入ってぴっちりパックされてたお豆腐。 
090525の朝にこの3つ入りだったののひとつを冷蔵庫の奥に発見。
いや、発見というか期限過ぎのこの存在には薄々気づいてたのだけど見て見ぬふりをしてたというか。。(-"-;
印刷された賞味期限090127の文字にゃさすがに廃棄よね。 
棄てるのに臭いも相当やばかろうなあと思いつ封を開けた。 

・・・あれ?普通にほの甘い大豆の香り。。。。 

うそぉと半信半疑でチョビット食べてみたら
これがぜんぜんなんともなく普通の豆腐。。。。 
うーん。消費期限でなく、賞味期限とはなってたけどどんだけの保存材なんだろ。。コワーい。 

って、それをお味噌汁に入れて食べちゃったアタクシのほうがコワいかしら。。。 

だってほんとにふつう状態の豆腐だったんだもん(^.^; 
ぴっちり、真空状態なパックだったからなのかなあ。 
でもまあ、基本おなかは甘やかさない主義だけど、さすがにこの豆腐はもう買わんどこう、と思ってたらマイミクさんからのコメントでこれは充填豆腐ではないかと。

以下ググった抜粋
『絹ごし豆腐と同様ななめらかさがあり、充填絹ごし豆腐とも称しています。製法は、豆乳を一旦冷やし、凝固剤と一緒に1丁づつの容器に注入(充填)・密閉し、加熱して凝固させます。豆乳を冷やすのは、熱いとすぐ凝固し容器への充填に不便なためです。型箱に入れない、水晒しをしないのも特徴』 
『また、豆乳充填・容器密閉後、加熱凝固させるので、その間殺菌が行われるため、日持ちの良いのも特徴です』


むむう。そうだったのかあ。Dさん、情報ありがとうございましたv
充填豆腐って今まで文字は見かけていても意味はわかってなかった。
考えてみればコドモのころ生協CO-OPのパック豆腐も充填豆腐だったような。。。
てゆかこの食感。。。韓国の純豆腐(スンドゥブ)ってもしかしてこの充填豆腐の製法では????

あ、ちなみにおなかはぜんぜん痛くもかゆくもなりませんでしたv
でも、これからは消費期限、賞味期限にはなるべく気をつけまする(^o^;
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ