記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
2009年3月31日(火曜日)
[ 01:41 ] [ フランス料理 ]
   
 久しぶりにワインビストロ 煮込み屋なりたさんの記事でもUPしますか。  


もともと取りづらかった予約がさらに取れなくなってしまったわたしの愛するなりたさん。。
 

訪問した時に次の予約をしてくるのだけど、それでも取れるのは現在ほぼ1〜2か月先を3席。 

前回は1月末だったのが、今回は 2月になりたさんの渡仏をはさんだため2か月ぶり。 
ちなみにタイトルのピンクな理由はヒミツw(^.^; 
 


砂肝のサラダ 
 

 

相変わらずどどんとwでも砂肝は柔らかすぎかなあ。もうちょっとずりずりしててもいいなあ。 

 


リ・ダニョー ラムの胸腺のソテー豆添え 
 

 

           

 

この日からメニューに加えたというリ・ダニョー(仔羊の胸腺肉)をいただいてみた。 
初めていただくリ・ダニョーはぷるんとやわらかく、ジューシー。なんというかほらあれよ、まさに乳飲み仔羊肉のほのかにミルクっぽい風合いがあってほの甘い。とても美味しかった! 
リ・ダニョーの味付けは若干濃いめだけれど、付け合わせの豆のソテーとリゾットとも相性抜群。 

メニュー名の添えってナニってくらい山盛りな豆たちw 
グリンピースはいつもの美味しい冷凍のだけどほっこりうまーなソラマメは剥いたらしい。 
リゾットはブイヨン(かな?)とバターのコクも効いて、もちっとアルデンテ。 

豆たちとリゾットとリ・ダニョー。三位一体。美味し。 
とても美味しくて満足のお皿だったv 
 



アッシュ・パルマンティエ
 

  

パルマンティエは、肉とマッシュポテトを重ねて焼くグラタンのような料理。 
肉はおそらく以前石川亭でいただいたようにデフォでは挽き肉の模様。 
石川亭のマッシュはとても舌触りも滑らかなクリーミィさだったけれど、なりたのはマッシュだけでなく粗くつぶしたほくほくのじゃがいもが合わせてあってこれもよりビストロぽさを感じて美味しい。 
しかも肉は鴨のコンフィを割いて使っているのでなんだかお得な感じだわw 
甘辛いコンフィのソースとも混ざりあってばっちり。カロリーは怖いケドw 

 

苺のソルベ 

  

生クリームが割と甘み強めなのだけど苺の酸味がよく合って、苺のつぶつぶもいい感じ。 
美味しかったv 

 


今回のワイン
じゅんさんには赤2本で予算7000円くらいと、今回も低ーくオーダー(-"-;ダッテカイショナイノ; 
 

  

1本目。DOMAINE du GALET BORDEAUX 2005 
香り軽やかなわりに味わいしっかり。でも酸味がちょっといきすぎ感が。
 

ううむあまり好みじゃなかったなあ。。ザンネン。 
 

2本目。Cotes du Russillon Mas las Cabes 2004 
とってもわたし好みの香りと風味と味。こちらはブショネとのこと。 
1本目より、というかブショネが気にならないくらいとてもよかった。 
 



今回はリ・ダニョーが特によかった。またいただいてみたい。 
珍しく手の空いたなりたさんとたくさんお話しして楽しかったv ←この辺にピンクの言われが(^皿^)
予約は相変わらず至難だけど、お料理も美味しいし次の5月も楽しみだわv
 


おまけ。本日のメニュー。

この日は早くからお客さまがいっぱいで19時の時点でもう消されたメニューが。。キエテルトキニナルw

            

B食店情報
・店名 : ワインバー 煮込み屋なりた(わいんばー にこみやなりた)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都渋谷区千駄ケ谷5-20-19
・TEL : 03-3355-2538
・営業時間 : 18:00-23:00 
・定休日 : 日祝休
・最寄り駅 : 代々木
・キーワード : フレンチ/ビストロ/ワイン/安い/美味しい/豪快/大盛り/グラスワイン3杯以上飲める方のみ入店可(2人連れでワイン1本以上が目安)
・友人・同僚
B食店ページへ

2009年3月30日(月曜日)
   
 

久々に今朝UPしたB食記事、かねます@勝どきの、わたしにとっての最大な難関。

達筆すぎて読めないこのメニュー。。。

 


どうしてもわからないのが二つあったのだけど、一番右のは解読できたかも。

全メニューは右からおそらく、、、


・白子ふかひれむし

・毛がに

・生うに牛巻き

              以上2000円


・ぐじ昆布〆

○※△〜@???  ・・・まぢ、ぜんぜんわからん(; ̄_ ̄)だれか教えてくださいw

・えびさしみ

・竹の子あげ出し

              以上1800円


・かも万寿

・赤身さしみ

・なかおち

・あんきも

・ホタルイカ

・湯びき白子

              以上1500円


・茄子田楽

・牛にこみ

              以上1200円


・はもきゅう

・生ゆば

              以上800円



 

白子ふかひれ蒸し、解読できたそばからすごーくすごーくキニナル。
資金難だけれど早々に再訪したくてたまらーんw


それにしてもあとひとつはいったいなんて書いてあるんだろー(^.^; <メニュー右から5番目



********** 以下、同日10:50追記しました **********


メニューの右から5番目がたぶん解読できました!

うさままさん、コメントありがとうございますー(>▽<)v


たぶんぶどうエビ」です!…たぶんだけど(^.^;


でもきっとぶどうエビであってる気がする。。希少な高級品だし、別格に美味いし。

あーこれでようやく眠れまするw

   
 

でもすんげーく美味い! 
 


アタクシのなかでは徳多和良@北千住のあのありえないCPの素晴らしさには勝ててないし、キホン高くて美味いのは当り前だのクラッカー信者なわけですが。 

でも美味い。今年のベストオブ喰い倒レディにノミネートよ。  


ゆ〜すけのblogのすごい肉の写真にやられて、近々訪問を誓いしも大阪赴任中の島友の急な出張で予定外のおでかけ。タイムリーに写真を見た翌日の訪問となりもうしたv

あとから聞いたら、料理人も立ち寄るような有名な立ち飲みなんだそう。知らなかった。

  

【注:以下、コーフン醒めぬ状態での日記につき話しは1/3くらいにね(^.^;単価高いし】 

 

久々のB食UP。 

勝どき。かねます。 

 

そもそも立ち飲みだってのにメニューのケタが違うちゅねん。  

 

見間違いかと何度も目を凝らしたけどどう見ても800円、1200円、1500円、1800円と立ち飲みにあるまじき。果ては2000円のラインナップ。  

てゆか下調べせずに突撃したのでまぢでキョーガクw(^.^; 
メニューの200円500円800円の上に書かれた『一』が、メニューと値段の境目の線じゃなくて数字だと理解するのに時間がかかっちゃったわ; 
 


が、いただいてみればどれもなるほど美味い。 
また行きたいけどお財布には充分な余裕を持たせて行かねばw 
 

  

ゆ〜すけのblog写真からココロに決めてた雲丹の牛巻き以外の3品は、隣り合わせた常連らしきおねーさんたちの何が美味いという会話に耳ダンボでオーダー。 

 

ホタルイカ。  

  

ぷりっと柔らかく茹でられたホタルイカはポン酢でいただく。 
絶妙な火通しにミソがもったりとろりと甘くクリーミー。 
軽やかなイカの身とともに味わいがじゅわんと舌に残る。 

 

生うに牛巻き。  


まずの写真は前から後ろからw 
 

  

質のいいほどよく甘い雲丹がみっちり、これまたほの甘い脂のサシも鮮やかな牛肉に巻かれてる。  

 

 

悔いるは肉がもう少し常温になるまで我慢できていたら、まぢひっくり返るくらいだった予感。 
雲丹と肉との間に使われる海苔も上質で噛みしめるごと磯の香りに春も感じる。 
 

 

竹の子の揚げだし。  

  

合わせてあるイカと海老のすり身が主張すぎないほどよさで竹の子に味の華を添える。 
品がいい。お出汁がわたしにはちょっと甘いけれどきっと弱火でじっくり煮だしてるんだろう濁りのない上品な鰹出汁。この甘さはなんだろ、とげがない。いうならてんさい糖ぽいような。 
竹の子のほかにぜんまいと、おもしろいのが塩鮭の薄切りも揚げてあった。 
添えられた木の芽は今摘んできたかと思うほど柔らかく新鮮。春満喫のお皿。 
 

 

 

かも万寿。  

  

挽いた鴨と、おそらく裏ごしした百合根の饅頭。 
もちっと感は海老芋かなとも思うがあのほっこりした甘みと舌に触る粒子具合は百合根だろう。 
中にはあの質の良い雲丹がたっぷり隠れている。おろし生姜と合わせるとろみのうま出汁の餡はこちらもちと甘め。季節を感じる桜花の塩漬けの塩を考慮していなかったとは思えないが、餡の塩加減のバランスがいまひとつだったのが非常に残念。 
 



黒生1、瓶のグリーンエビス1、ハイボール3にお料理4品。2名で〆て9800円ほど。 
。。。立ち飲みなのにーw高いって(^.^;

でも立ち飲みでなかったらもっと敷居もお値段も高くなっちゃうんだろうなー。 
量的にも品数的にも4人で行くのがベストかな。 

ふたりで9800円、量に違いはあれど徳多和良だったら間違いなく2回は満足のいく飲み喰いできちゃうよなあとは思った。つくづく徳多和良らぶ 
でも最後のかも饅頭の餡の塩梅以外は素材も料理も値段に見合う美味しさと感じるし、
料理のCPはそれなりにいいと思う。


が、そもそもの単価が高いうえ、お店の難点を挙げるとすればオープン16時クローズ20時。早っ。 
あとあれよ、学のないのがいけないのだけど最難関はメニューが達筆すぎてまぢ読めないw 
 

頻繁にはムリだけど季節を感じにまた行きたい。節約しよっとw 
 


おまけ。勝どき橋からの夜景。 

 

まるで日の丸なローソクに火が灯るような東京タワーは祝・WBC侍ジャパン仕様らしい。 

今更だけど、おめでとう侍ジャパン! 

B食店情報
・店名 : かねます(かねます)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都中央区勝どき1-10【現在再開発により仮設店での営業】
・TEL : 03-3531-8611
・営業時間 : 16:00-20:00
・定休日 : 日曜・祝日
・最寄り駅 : 勝どき
・キーワード : 立飲み/江戸前/さしみ/焼き物/蒸し物
・友人・同僚
B食店ページへ