記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年7月31日(火曜日)
[ 11:21 ] [ ノンジャンル ]
   
5年越し念願だった龍水楼へ行ってきたわ。
お誘いくださったSちゃん、ありがとうございましたvv

子羊のしゃぶしゃぶ5000円コース。前菜などは普通に美味しいレベルだったけれど、羊しゃぶと、例のデザートサンプチャンは噂に違わず、というより、どちらも期待していた以上のものがあったわ。

羊肉は生後3ヶ月以内のものだけを使用しており、あのありがちな水っぽい味気の抜けたものじゃなく噛み締めるとふわあっとちゃんと羊の甘いようなまったりしたあの香りが鼻から抜ける。フレッシュミートとは思えないしチルドだとしてもよほど時間をかけて丁寧に戻しているんだろう。テーブルをぐるりと囲むつけダレやさまざまな薬味の数々も味ももとよりビジュアル的にもよかった。
デザートの三不粘 (さんぷちゃん)もほんとにどろりとしながら触ってもべたべたしない、ほどよい甘さな不思議なシロモノだったわ。
他の品も写真載せたいのにー。なぜにB食は5枚までなのん。。。涙。。

どれもおいしかったコースの内容は、4品の前菜に砂肝や皮蛋、拌干豆腐などの冷菜と揚げ海老団子。しゃぶしゃぶには羊肉のほかお野菜もたっぷり。〆には麺を入れていただきます。デザートはさんぷちゃんの他にかわいらしくキンモクセイの花が散りばめられた杏仁豆腐(この杏仁豆腐は残念ながら食感と味はわたしの好みではなかった。。。)も。これで5000円のコースv
なんでもSちゃん情報によれば1万円からのコースで出てくるすっぽんの煮たのが相当に美味いらしい。ぜひ次はこれ行こー!ね?Sちゃんvv

以下netでみつけてきたさんぷちゃんのレシピを備忘録としてupしておきまする。
【三不粘 (さんぷちゃん)】
http://homepage2.nifty.com/ryusuirou/sanpuchan2.html

以下は拾ってきたレシピより。
料理名が示す通り、皿に粘り付かず、箸にも付かず、歯にもくっつかない出来上がりが大切である、そうな。
レシピの材料を見ているとほぼカスタードクリームなのね。早く試してみたいが失敗したときには相当脂臭いブッタイになっちゃいそうでちと怖ぁい;
- 材料 -
・卵黄 5個分 ・砂糖 80g ・澱粉(さつま芋や緑豆の澱粉が良い) 40g ・水250cc ・ラード 100cc

1. まず澱粉を70ccの水で溶き、砂糖を180ccの水で溶かしておく。
2. 卵黄を溶き、澱粉と砂糖を溶いた水を合せ、目の細かい網で漉す。
3. 良く油でならした鍋に、半分のラードを入れ、混ぜ合わせた生地を流し入れ、弱火でゆっくりと混ぜていく。
4. 濃度が付くにしたがい、かき混ぜる手を早くし、鍋底の焦げつきに注意しながら、残りのラードも2〜3回に分けて加えていく。
5. 全体が固まってきたら、お玉でまとめる様に炒めていく。
6. 表面に艶が出て、腰がしっかりと出てきたら出来上がり。

【試してみた方によるポイント】
生地の量が多いと成功率が低いらしく卵黄二個分くらいだと簡単に出来る。
ラードは全部使い切らないほうがすっきりした味になる。
少しずつ入れて、生地がフライパンにベトつかなくなれば良い。
かき混ぜたお玉に生地全体がくっつき持ち上がるくらいになれば完成。
ラードの代わりにマーガリンやバターでもOK。
また水の代わりに牛乳を入れるとまろやかな風味に。


[写真はカメラを忘れてzero3es ]
B食店情報
・店名 : 龍水楼(りゅうすいろう)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都千代田区神田錦町1-8
・TEL : 03-3292-1001
・URL : http://homepage2.nifty.com/ryusuirou/
・営業時間 : 11:30?14:00/17:00?20:00(土曜は11:30?13:30)
・定休日 : 日祝休
・キーワード : 中華料理/羊鍋/三不粘/最寄駅=小川町・淡路町・新御茶ノ水
・デート
B食店ページへ

2007年7月30日(月曜日)
[ 10:53 ] [ ノンジャンル ]
   
【最初にお断りしておきますが、ラーメンはほんとに初心者ですわ;←イーワケ。。ちなみに好きなお店はスープはもちのろん、麺も美味しいお店。大喜@湯島、幸貴@浅草橋、八島@茅場町、髭さん@平和島。とか】


なんだかとっても珍しく、麺が恋しい夜。。
たぶんどちらかというと支那そばっぽいものが好みなんだと思うんだけどこの日はもうちょっとこってりした感じのがいただきたい。。。

で、思い出したのがここ、尾道学校。2回目の訪問だわ。
つけ麺の「竹取物語」750円は、竹を割ったイメージの皿に盛られてやってくる。丸いつるつるもっちり麺にスープは鰹を濃いめに感じる魚出汁と背脂でほどよくこってり。ゆずがちゃんと入ってるわりにさっぱり感は弱めだと思うんだけど、スープ全体に感じる酸味はゆずだけじゃないような。。。なにからの酸味なんだろ。。
具は別皿で提供されて半熟煮玉子となると、しなちく、千切りなチャーシュー。写真の玉子は箸で割ったところ。あたたかいスープにチャーシューの脂身がほろんととろけてなかなかグー。

写真はZero3esなのでウマく撮れてないけど食べてみて麺もけっこういけてると思う。。(たぶん前回は普通のラーメン2年2組(半熟煮玉子入りラーメン細ちぢれ麺であっさり味)とかをいただいて、麺の種類も違った覚えアリ)。
食べ終わってお店を出るときに店員さんがいかがでした?って店先まで送りながら聞いてきてくれたので、スープの酸味についてきいてみた。ら、わからないそうだよ。。。ゆずだとも言わず。。うううーむム。。。
すみません、確認しておきますって言ってくれたけれど。。。んーどーなのん(-"-)ビミョーナリ…

ま、それは置いといて。
自分でラーメンを食べたいと思うこと自体めずらしいっぽいことなんだけど、このつけ麺、わたしにとって麺はいまひとつ気味だけどスープはなかなか美味しいとも思えた。
また行くだろうとも思うし酸味についてはしょーこりなく聞いてみるかのお。
B食店情報
・店名 : らーめん尾道学校(らーめんおのみちがっこう)
・ジャンル : ラーメン
・住所 : 埼玉県さいたま市東大宮5-1-2扶桑ビル1F
・TEL : 048-682-2227
・URL : http://www.oya-yubi.com/onomichi/h1/pc_index.html
・営業時間 : 平日土/11:00-15:00・18:00-25:00 日祝/11:00?22:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : JR宇都宮線東大宮駅東口徒歩1分
・キーワード : 尾道系/鰹出汁と背脂&酸味がある/もっちり麺
B食店ページへ

2007年7月29日(日曜日)
[ 21:39 ] [ ノンジャンル ]
   
いつもいろんな素材やスパイスなどを教えていただくスパイス王Dさんにマンゴーピューレをいただいたわv

マンゴーラッシーなんかを作るのに使ったりするモノらしい。
早速ヨーグルトと冷たいお水をinして。。。

ん〜vvvうまあいv

ヨーグルトじゃなくてただのミルクで割っても旨いわんv
結構な量があったのでポットでみんなにもお裾分けをと思っていたけどあんまり美味しいので独り占め決定(^皿^)ニヒヒ
Dさん、いつも美味しいものを教えていただいてありがとうござりますvvv
しゃーわせおめざで毎朝元気いっぱいですわ♪

あれっ?もしかしてこのピューレ、カクテルも美味いんでは!?
早速試さなくちゃだわヽ(>▽<)ノ
2007年7月28日(土曜日)
[ 17:15 ] [ ノンジャンル ]
   
あんまり暑くてキオスクでアイス購入。
甘いものを自発的にいただきたいなんて珍しいわー。疲れてるのかしら。。

車内でヒトリ、チョコっとチョコミントのアイスをアイスるあたくし。。。
ちびっこの差すような視線も気にしなーい。

アイスはチェリオの期間限定ミント味。爽やかなミントな香りがエエわん。
限定なんていってないで売ればいいのにー。

今日はこれからいたばしのあのお方のルチパーv
ルチるの久々v楽しみ♪
2007年7月27日(金曜日)
[ 14:07 ] [ ノンジャンル ]
   
浦和駅西口から出て5分ほど歩いた調神社の近くにあるカフェ。

お茶はいろいろあって、お菓子はその日のケーキと和菓子。この日は静岡のぐり茶とモンブランのセットにしてみた。セットはどれも800円ほど。

2階はギャラリーになっていて、ご近所のおくさまたちの作品発表の場になっている。
.
.
ちなみに近くの調神社は「つきのみやじんじゃ」と読み、狛犬ならぬ狛兎がいたりする。手水もよくある龍などではなく、兎の口からきれいな水が流れ出る。

中世に調が月と同じ読みであったことから月待信仰に結びついたもので、江戸時代には月読社とも呼ばれ、月神の使いとされる兎の彫刻が旧本殿や現在の社殿に置かれるようになったらしい。

[写真4枚目:狛兎]
お借りしたNikon D70とSIGMA DLズーム75-300mm/F4-5.6で撮影

最後の写真は楽風に行ったとき友人のはいていた靴下。
あまりにかわいかったので激写v
B食店情報
・店名 : 楽風(らふ)
・ジャンル : バー
・住所 : 埼玉県さいたま市浦和区岸町4-25-12
・TEL : 048-825-3910
・営業時間 : 10:00?19:00
・定休日 : すいようび
・最寄り駅 : 浦和駅
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ