記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年6月30日(土曜日)
   
喰い倒レディなあたくし。
基本、料理はしません喰う専門。

でも珍しくひとつの料理教室に何度も通いつめてますのよ。そのポイントは、如何にめずらしーものがいただけるか。まあ要するに調理を習いに行ってるっつーより、食べに行ってるっちゅー(^o^;
ここは何より先生もそこそこ飲むヒトなので、料理もデザートも見事にわたしのツボ♪(注。わたしは特にデザートに非常にキビシくてですな、すんごく美味しいものをほんの少しでいい。白い砂糖(上白糖)苦手)

この料理教室はこれ以上混むと予約できなくなるから明かせませぬが、ここの月に一度金曜に設定されたクラスが先生も公認な、酒にあう料理クラス。いわば銘酒持ち寄りの会的♪料理のジャンルは中国なんだけど、思い思いに和洋中の酒が並ぶですよ。

ずいぶん前置きが長くなっちゃった(-_-;
そこで先週金曜に仲良しSっちのおもたせだったのがこちらの菊姫、鶴乃里。

醸造的な匂いのしない、シトラス系な花の香りが好印象。飲むと一般的に香りの華やかな酒にありがちな、あの造ったような味はまったくない。嬉しい方向に裏切られた。甘さが程よく押さえられていて、でも喉越しにもコクがある。料理の味の邪魔もせず、まさに花を添えている。

…美味いじゃないの。

日本酒で久々に美味しいとおもったわ。
ちなみに純米派。わかりやすい高名なとこで言うと銀盤がお好みですわ。

かつて日本酒にはまった時期、菊姫も飲んでいるはずなんだけどこんな味じゃなかったような。。。もっとこう、直球で言うと女性受けを狙った醸造アルコールな風味が全面に押していた記憶が。。。

菊姫でもモノによるのかしら…とか考えながら、素のままSっちに美味いと伝えたら、ふふっとしたりな笑顔で返された。
「飲んどいたほうがいいわよv」

周囲の手前、こっそり教えてもらった酒の素性はこちら菊姫でも兵庫県特A地区の山田錦100%、水にもこだわった山廃仕込みの限定酒。720lで2100円ほどと、とんでもなく高い訳じゃない。でもそのお値段を上回る味は定評のある酒らしい。

Sっち、いいお酒を教えてくれてありがとおvv
持つべきは舌の合う友。良い仲間が増えたのもとても嬉しいわv

というわけで時間もないし中途半端だけどupしちゃおーっと;って、独り言にしては充分長すぎか。。。。
2007年6月29日(金曜日)
[ 13:23 ] [ イタリア料理 ]
   
そうとうボリューミーなんだけど、ちゃんと美味しいらしいうわさを聞いて水道橋から遠征。順調に5時半に到着したけどなんとお店は休憩中で18時から。。
仕方なし近所をお散歩。すぐそばに白山神社があって、お店はこの白山神社参道の入り口にある。
最近、パスタを出すお店に初訪する時はカルボナーラをお願いすることが多い。たいていの店のメニューに載るこの品は店によって違いが顕著だしね。カウンターでグラスワインをいただきつつ、店主と思われる方に量の具合を尋ねると初めてなら少な目にしておいていただいたほうが。。とのことでいわれるまま注文。

出てきたカルボナーラは少なめのはずだけど、たしかに普通盛りwクリーミーさはとろっとして好みのものにかなり近い。でもベーコンは生ハム?っぽいような感じ。これが生パンチェッタだったらもっといいのにー。
評判のボリュームは近所に学校が多く、学生相手であることも影響しているのかも?でもその量にしてもアルデンテ具合もいいし、味もいい。
ひとりでの偵察訪問だったのでパスタしかいただかなかったけれど、隣の親子のアンティパストも美味しそうだったし値段的にもとても良心的。

次はぜひ夜に訪問してみたーいv
B食店情報
・店名 : こむぎこ(こむぎこ)
・ジャンル : 欧風料理-イタリアン
・住所 : 東京都文京区白山5-35-7
・TEL : 03-3814-1873
・営業時間 : 11:30?14:30(土日は15:00)/18:00?21:30
・定休日 : 月曜(月曜が祭日の場合は営業)
・最寄り駅 : 三田線白山駅徒歩2分
・キーワード : 大盛/美味しい/カジュアルイタリアン
・友人・同僚
B食店ページへ

   
今朝B食にupした怪味ソースつながり記事。
画像を整理していたら出てきたので四川さん@名古屋の怪味ソースを使ったほかの料理もついでにup。

まずは回鍋肉風炒め物。
肉じゃなくて短冊に切った油抜きした油揚げに、キャベツとありあわせの野菜をいれて炒めるだけ。にんにく、しょうがをたっぷり入れて我ながら夏にはもってこいですな。

うどんのつけつゆはお出汁で怪味ソースを薄めるだけ。歯ごたえも美味しい細うどんでいただくのがわたし好みvつるつるっといくらでもいけちゃいますわv

【前記事から引用】「怪味」というのはそもそも中国語で[グヮイ・ウェイ]と読み、「怪しい味」の意味ではなくて四川料理独特の味付けのことだそうですよ。麻(痺れ)、辣(辛い)、甜(甘い)、鹹(しょっぱい)、酸(すっぱい)、の五味を備えた調味料をつくり、それにゴマや豆板醤などたくさんの調味料を、どの調味料の味も際立つことがないように調合し、食べた人が何の味だかわからずに不思議に思う味付け、ということで付いたらしい。


このほか試してみて美味しかったのは。。。

・茄子とかかぼちゃなど野菜の鉄板焼きにつける。
・鱈の煮汁にin。
・薄切りきゅうりとわかめの和えダレに酢を足して。

またなにか試して美味しかったらいつかupしますわー。
   
まだ6月だってのにこの熱帯夜にゃバテバテ(@д@)こんな時はカラいもんいただいてスカッとパワーアッープv
と、くりゃ名古屋の激辛坦々麺の名店、四川さんの特製怪味ソースの出番ですわv

イブクローT氏の名古屋出張土産にいただいたこのソースがご機嫌に万能♪
>イブクローT氏、いつもお気遣いありがとうござりますv←「いつも」って我ながらシタゴコロ全開だわー(^_^;


このソース、最初はそんなに辛くないんだけど後からピリッとくるvにんにくとネギと、シャリシャリ歯ごたえはなんだろう。。。ネギじゃなくてエシャロットじゃないかと思う。。。辛いだけじゃなくて旨味もばっちりなこのソースが煮ても焼いても炒めても、ほんと重宝♪なかでも一番お気に入りはそうめんの涼拌麺風v

ぐぐってみると、「怪味」というのはそもそも中国語で[グヮイ・ウェイ]と読み、「怪しい味」の意味ではなくて四川料理独特の味付けのことだそうですよ。麻(痺れ)、辣(辛い)、甜(甘い)、鹹(しょっぱい)、酸(すっぱい)、の五味を備えた調味料をつくり、それにゴマや豆板醤などたくさんの調味料を、どの調味料の味も際立つことがないように調合し、食べた人が何の味だかわからずに不思議に思う味付け、ということで付いたらしい。

なにはともあれ、この名古屋四川さんの怪味ソース。
キリッと冷やしたそうめんに怪味をまぜまぜ。
つつっといただいて、のど越しからの辛さがまた美味いんですわあvv
お好みで小さくちぎったレタス in もイケるおすすめ。

もともとスパイス王Dさんの情報で知るに至った、名古屋でしか手に入らないらしいこの逸品。新幹線を途中下車しても買ってきたい。…とかいいながら、イブクローT氏の名古屋出張が待ち遠しかったりして。。。(^o^;テヘ

B食店情報
・店名 : 中国料理 四川(ちゅうごくりょうり しせん)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 愛知県名古屋市港区港楽1-1
・TEL : 052-653-6322
・営業時間 : 11:00?14:30/17:00?21:40※日・祭日は11:00?21:20
・定休日 : 木曜・年末年始
・最寄り駅 : 名古屋
・キーワード : 激辛坦々麺/怪味ソース
B食店ページへ

2007年6月28日(木曜日)
   
もういっちょ in 川口。この日のメインは玉子焼きではなくてこちらの焼き鳥屋さん。
残念ですが名前は伏せます。。お店の大将に交渉したけど記事upのお許しがでませんでした。。名前出せないお店をB食にupするなやーって自分で思うけど美味しかった記憶を記録。


お店はこちらも川口駅から1kmちょいくらいとけっこう歩く。周りはほぼ住宅街だしもちろん地域密着型。大将と奥様とで切り盛りされてます。カウンターに並ぶネタはそれぞれがほぼ出ているだけ=早いもん勝ちwそのスペースが空くと違うネタが並んでいくとゆーちょっと変わったスタイル。。なので、おなかいっぱいになっちゃうとカウンター席は目の毒かもw

焼き物はどれも大振りで味もしっかり。しっかりというのは言うまでもないけど調味料ではなくて肉の甘さやコク。なかでもナンコツ(わかりづらいけど写真4枚目)は、ご主人がその手でじかに骨をたたいて仕込む逸品。噛み切れないけどずっと噛んでてもいいかと思う肉というかスジというかの旨みが。。焼き鳥も焼きとんも、タレってあんまり好まないんだけどこちらのはあっさりした風味でなかなかgood。

どれもとっても美味しい♪中でも一番、お、ウマいねヤルね、と思った品はピーマン(写真5枚目)。肉詰めが串にふたあつついてくるんだけどこちらは肉餡のなかにチーズが仕込まれていて食べるとチーズの風味がふわああっと鼻から抜けるvウメーっv
かめや@池袋のぴー肉にしかり、ピーマンとチーズってほんと相性いいよねvv

地元のお客さんで連日繁盛のこちらのお店、雨の日は若干入りやすいそうな。←実際そぼふる雨の早い時間に訪問。。
飲んで食べておなかいっぱいvしゃーわせいっぱいvvしかも安ーい♪ちょっと駅から遠いけど、再訪を誓ったわーv
この日は体調を崩されていらっしゃらなかった沖縄出身の奥様のチャンプルーなど一品料理も美味しいそう。

紹介くださったSアネゴ、飲んでる最中わたしが自分でも気づかなかった体調の変化に気づいてくださったkちゃん、ふたを開けたら39度を越えていたわたしにシャツを貸し反対方向なのに送ってくださったKさん、いろんな意味で深い川口の夜となりました。ありがとうございましたv
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ