記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年3月29日(木曜日)
[ 08:16 ] [ 中国料理 ]
   
【4/16 加筆しました】



すごい。


びっくりした。



それはお通しにでてきたただの豆のつまみからすでに始まっていた。
久々に両手をあげて大興奮。
目ヂカラ入りまくりw

昨年11月オープンの四川の都会、成都のお料理をだすお店。粋が歩いているようなゆかぴー姐さんにお誘いいただいたこちらのお店は、ゆかぴーちゃまのランチ日記に頻繁にでるようになっていて非常に気になっていた。

わたしが最も愛する珍々@小岩のパンチのある重慶家庭料理とはまったく方向性の違う料理たち。
お料理のみならず、オーナー呉さんのホスピタリティも素晴らしい。EXCELLENT!
四川料理の「一番」大好きな店がふたつになった。
ちなみに珍々は愛しすぎていて未だ記事は下書きのまま…;

早く再訪しなきゃ。
メニュー全制覇をしなければ!

あとから説明等々書き足します。
とりあえず写真だけup。

って、こんな記事の上げ方ですみません。。。
諸事情により、写真を今upしとかないと。。しばらくPCが使えなくなるので(>_<)
下書きに入れるには自分が興奮していて早々にup。

もしも近々にディナーにいかれる方は、最低でも4名からの訪問をおすすめ。注文する品には沸騰魚(2600円)と、玉子豆腐の鉄板焼きをぜひぜひおすすめします。張飛牛肉という牛肉のハムは付け合せの豆鼓ももう馬杉。
皮蛋は味がぜんぜんちがうのでこれもぜひ!お店の呉さんが薬品をたくさん使う大量生産ものとはワケが違うといっていただけある。写真見てもらってわかるかな。2枚目3枚目です。

実は昨夜、早々にディナー再訪したのだけど「夫妻肺片」という牛肉と内臓の冷菜も◎だった。あと海鮮や肉やら入った麻辣湯(もしかしたらメニューにはないかも?)も!
つーかつまり。どれも素晴らしいのですのよv

料理はどれも「花椒の辛さは上から2番目くらいで」とおねがいするのが吉♪
*前菜はカラさ指定できないかも。。

ランチにいかれる方はけっこう量があるのでできれば3人くらいで行って違うものを注文→お皿をもらってシェアが大吉です。
ランチでオススメはチョーお徳な「水煮牛肉」、まるで火山な「牛肉スープ入りチャーハン」、もちもち「鍾餃子(水餃子)定食」。ちょっと変わった担々麺。

ゆかPちゃま、お誘いほんとにアリガトー!



【4/16】
はあ。というわけで諸事情でPC環境整わず・・・半月以上経った今頃ネットカフェからようやく加筆ですー(>_<;
さっ、ちゃちゃっと行きますよー。さきにupしていた上記3/29部分と内容がかぶる点はご容赦を。

ゆかぴーちゃまにお誘いいただいて精鋭8名が神田駿河台へ集った3/8。
ゆかぴーちゃまのランチ日記に頻繁に登場するようになっていたこのお店は昨年11月のオープン。ゆかぴーちゃまもディナーでびうのこの日はわたしも久々にショーゲキ歓喜のゆうべとなりました。

席についてメンバーを待つ間、何気なく口へ運んだお通し、ピーナッツに砂糖をまぶして焼いた豆菓子(写真1枚目)。これがまずびっくり。甘さは控えめで生姜がぴりりときいて花椒が香る。この花椒がまた。どー考えても作る直前に挽いているとしか思えない香りと痺れなのだ。フロアにいたお店の呉さんに確認すると然り、そのうえこの豆菓子は焼き加減が非常に大切らしく焼くそばに片時も離れず張り付いて焼き上げるそうだ。

これでもお一気に脳からアドレナリンがw
だんだんに人も集まりだしてみんなであーだこーだの注文タイム。フフフvこの時間ってチョー楽しいよねえvv

この日はお仕事でちょうど四川から戻ったばかりだというY☆Nさまもいらしてお料理を待つ間にしばし料理談義に花。そうこうするうちに料理がテーブルに並びます。

【四川招牌鶏】
辣油につけた鶏肉の冷菜。山椒はそんなに強くなく、あとからほのかに痺れる感じ。フムフム♪

【青椒皮蛋(写真2枚目3枚目)】
最初に書いた3/29部分でもすでに熱く興奮しとりますがw。オーナーの呉さんいわく、大量生産、薬品で短期間に作られる日本で簡単に手に入る皮蛋とは違いんだそうな。じゃもらってみるかといただいたのがこちら。

何度我が写真を眺めてもすばらしいとろとろ具合。そして呉さんの言うように変な薬品くささがない。とてもマイルドででもコクのあるすばらしい味わい。この上に乗っているのは通常は青唐辛子を使うそうなのだけど旬ではないのでピーマンを調理して青唐辛子に似せているそう。←メニューをよく見れば「青椒」ってピーマンなのにアタクシまんまと青唐辛子だと思ってしまいましたわ;
黄身と青椒のマリアージュがががあ。オモイダシテモタマランw

【魚香白菜(写真4枚目)】
来日11年になるという呉さんはとても丁寧でソフトな日本語を操る。その呉さんと四川料理の話をしていて『魚香茄子ユーシャンチェジ』を食べたいといったら茄子がないそうで、白菜で作ってもらった。メニューには魚香の肉料理は載っていたけど野菜で食べたかったのねー←初訪なのにワガママ;
わたしの思う「魚香」とは多少ちがったけれど(たぶんこのお店の泡菜がわたしにとっていまひとつなんだと思う)充分美味しい。

【張飛牛肉(写真5枚目:1200円)】
三国士張飛の好物、牛肉のハムだそう。肉の熟成も程よくて旨い。でもそれより何よりこの上に乗ってる豆鼓がとてもまろやかで香りもコクもあってんまかった!下に見えてる白っぽいのは食感から最初モツかと思ったら湯葉が味付けされたもの。内臓じゃナイゾー。

【生拌夢ト絲】
大根の千切りサラダ。和風チックなあっさりしたお味。

さっ、後半へ続くっと(^-^)b
(…ほんとに長くてスミマセヌ;)
B食店情報
・店名 : 四川料理 川菜館(しせんりょうり せんさいかん)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都千代田区神田駿河台3-7-7
・TEL : 03-3295-3818
・URL : http://gourmet.yahoo.co.jp/0007158961/U0003017465/
・営業時間 : 11:30?23:00/ランチ?15:00・ディナー17:30?
・定休日 : 現在は定休日無し
・最寄り駅 : 小川町駅、淡路町駅、新お茶の水駅から徒歩3分、神保町駅から徒歩5分
・キーワード : 四川/成都料理/本場/花椒/旨い/ホスピタリティ/上品ウマ
・友人・同僚 / デート / 宴会
B食店ページへ

2007年3月25日(日曜日)
   
ずうっとM♪さんの日記で憧れていたこちらのお店。初訪は昨年になりますがようやく訪問できました♪

きゅっとコンパクトな店内は細長くカウンターに10名ほど、小あがりのテーブルに10名ほどが座れるかな?間違えて(気が急いて;?)1時間ほど早く到着してしまい、ご一緒くださる方々がまだいらしていない中、なぜかひとりで先に始まっちゃいました;スミマセヌ〜大汗;
カウンター越しに店主さくちゃんがだしてくれたこの日のお通しはふっくらやわらかく炊かれた大きな煮穴子。これをわさびでいただいて…。

…。んまっ!

焼酎をもらい穴子をつつきつつ、落ち着いて店内を見てみるとカウンターにはなかなか新鮮なおさかなさん達が。さんざM♪さんの日記で煽られつづけてきた美味しい予感が今まさに目前かと思うと期待に胸が高鳴ります♪

ようやくみなさんも集まりだして、この日いただいたメニューは。。。

穴子を煮たときの昆布を甘煮にしたつまみやら、丁寧に骨からそぎとったまぐろの絶品すきみvすきみは手巻きの要領でのりでまきまきしていただきましたvほかにはくじらの身の生姜焼き、甘くてふわふわんな玉子焼き、水菜のサラダなどなどv

わたしが特に気に入ったのは3枚目の写真にあるくじらのすじ煮。コラーゲンぷるんぷるん。じゅわあっと甘辛なお味がしっかりしみちょりますvあーもう明日のお肌がたのしみだわ〜なひと品♪

この他箸休めに天然ウドの酢味噌和えもいただきました。丁寧に盛り付けられた真っ白なウドは酸化するとすぐに黒くなっちゃうからソッコー酢味噌まぜまぜv

最後の〆は、こちらのお店の名物「元祖わさびめし」。注文してから炊かれるご飯の甘い香りが店内いっぱいに広がります。



わさびは蝦夷山葵なのでホースラディッシュな感じ。炊き立ての白飯にすり立ての山葵をやまと盛ってまぜまぜ。まぜまぜするだけでも山葵の香りで鼻の奥がツンツン痛いw刻みのり、醤油をちょいとたらしてわさびめしの完成。
箸を口へはこんで。。。カッラーい(@_@)
でもさっと抜けるカラみはなんとも後を引く。おいしかった〜vv

その日その時々のメニューも楽しみなのに、たいていは混み込みではいれないこちらのお店。もちろん予約は必至ですわv
B食店情報
・店名 : つず久(つずく)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都新宿区市谷柳町8
・TEL : 03-3268-6467
・営業時間 : 17時〜24時
・定休日 : 日曜
・最寄り駅 : 大江戸線牛込柳町駅 
・キーワード : 和食/肴/元祖わさびめし/魚が旨い
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 一人
B食店ページへ

2007年3月24日(土曜日)
   
このところ肉肉な記事を続けてupしてるけど実は「焼肉」にはどちらかというとあまり惹かれないのですよ(ホントデスッテバ;)。。。ですがここはスゴイ!「焼肉」ではないのです。その名も肉の百貨店、にく処やっちゃん。どれもナマで味わえるほど新鮮で、はたまた大将が熟成させた肉もすばらしい!まさにMIRACLE!EXCELLENT!

中野か江古田からタクシーorバスで10分、沼袋からは歩けるけどそれでも13分は要すこの立地にありえない肉たちが舞い踊るやっちゃんがある。
よくあれですよ、東のじゃんぼ(@篠崎)、西のやっちゃんと称されるお店です。
こちらの特徴は素材が肉ならなんでもアリな和洋折衷な調理法。普通の串焼きから煮込み、ステーキ、、ロースト、赤ワイン煮などなど。どれもその部位を最大限に美味しく食べてもらおうという大将の気持ちが入っています。
またこの大将がええのですvセリから帰ってきたばっかりみたいな帽子と前掛けが笑顔によく映えるvv

日本酒通なA☆さまがお店のスーパー応援隊長Uさまとのお食事にお誘いくださって1年ほど前にわたしもでびうできたこちらのお店。まずはお通しなテールスープと前菜よろしく生肉の刺し盛りからGO。

この刺し盛り、特筆すべきはその日の仕入れで大将がこれと見込んだものが出てきます。なので毎回ちがうパーツも含め一番良い状態のものがいただけるんですなあ。ここのレバは臭みどーのじゃなくて甘いんですよ、とろりとvハラミ刺しはしっとり、タン刺しはほどよい歯ごたえにやはり新鮮なだけに甘みが。。。上ミノ刺しはコリコリ噛むほどに旨味が。
塩みが抑えられた自家製の生ハムは1cmの厚み。センマイもこりこり。今回のなかで特によかったのはなかなか入らないという馬のたてがみ部分のお肉の刺身。。。

もうノッケから連打連打連打!ケンシローモビックリデスヨ、エエv

名物の煮込みもじっくり味が肉に染みて、青ネギの香りとともに…もうみなまで言わすな。でも5枚までしかupできない写真にはこの日特にミラクルだったガツ酢をwコリコリの生ガツに酢とにんにくと青ネギがあああ。はぁ…思い出して溜め息が。。。w

ほかにいままでいただいた中ではこの日はでなかったけれどリードボーの煮込みが絶品だった。フレンチに来たかと紛うほど柔らかく、上品に煮込まれた仔牛の胸栓。。。こちらのお店は一期一会なメニューも多く、通えば通うほどに旨いお店なのです。。

ほかにも焼き物、煮込みハンバーグ、大将が時間をかけて熟成させたステキなステーキなどなど散々いただいたこのあとの〆は。。。お店の大ファンで常連さんのUさまがお願いしてくださったとっておきの裏メニュー。それは寿司、生肉のにぎり!この日は肉が大きすぎてまるで生肉のおいなりさんw写真の色がまちまちになっているのは部位が違うんですのよvオホホホv

もうこの肉たちといったら。。。一般的な言葉ですが口の中でとけるとろけるvほのかに甘い脂もたまらーん。
こんなウマソーな写真をupしといて言うのは気が引けますが、にぎりはイチゲンさんではお願いすることは出来ませぬ。。。
ごく稀にタイミングが合うと作ってくれることもあるようですが、ホントに裏メニューなのです。。。
でもこのにぎりがいただけなくとも通常メニューもすばらしい品々。
少しくらいの交通の便の悪さはものとせず突撃するのが大吉です。
これでもかと食べまくっても、お酒さえハメをはずすほど飲まなけりゃけっこう酔ってお勘定は5000〜6000円ほど。

A☆さま、Uさま、同席されたみなさま。
ありえない肉の数々を堪能するこの時をご一緒できて光栄でございました。ありがとうございました。
またぜひぜひよろしくでござりますv
B食店情報
・店名 : にく処 やっちゃん(にくどころ やっちゃん)
・ジャンル : 和食-郷土料理
・住所 : 東京都中野区江古田1-9-9
・TEL : 03-3954-4997
・営業時間 : 17:30-22:00
・定休日 : 月木日祝。不定休なこともあるので要電話確認が吉。
・最寄り駅 : 中野駅、西武江古田駅からタクシーorバス。西武沼袋駅から徒歩13分。
・キーワード : 肉/肉の百貨店/安い
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

2007年3月23日(金曜日)
   
【注:B食店情報は東日暮里の魚屋さんのものですが内容があいまいなのではっきりしましたら再度書き直します。申し訳ありませぬ〜;】

【5/22 むげんさまにコメントいただいきました情報を追記して、B食店情報も修正いたします。むげんさま、ありがとうございました(^o^)
以下むげんさまのコメントを転載させていただきまする】

*******転載ここから
[むげん]さま
[2007/05/21]
補足させていただきますね。
住所 荒川区東日暮里1−18−8
電話 03-3803-3554
営業時間 15:00位〜19:30
定休日 日曜日

目利き・こだわりの主人が選んだ魚介類を安価で入手できます。
また、一流の料理人直伝の手の掛かった逸品も素晴らしいです。
ご紹介されている烏賊のあんきも詰めの他、蛍烏賊の老酒漬、コハダ酢、ブリ大根、
ブイヤベース等々、魚と味にこだわる主人の腕と心意気が満ちています。
その時々で魚も料理も変わりますので何度か通ってみてください。
*****転載ここまで。ありがとうございました(^o^*


マニアウマ〜な焼肉を終え、おなかイーッパイだのにSさまとzさまのいい立ち飲みがあるよーとのお言葉に新三河島から三ノ輪まで夜風に吹かれながらお散歩。およそ2kmほどは腹ごなしにはちょーどいいですな。目指すお店はJR常磐線と交差する「正庭北」交差点を三ノ輪方駅面に道なりに250mほど南下したスーパーの近くらしい。この通り沿いはなかなか趣の残る家屋が多くてお散歩もたのしい。

途中zさまがここ、ここ、いいんだよーといって脇道にそれると昔ながらな木枠のおもてガラスの和菓子やさん。店先のガラスの、おいなり80円とかのり巻き50円とかの張り紙にも懐かしさを感じる。

和菓子屋さんですあまをもらってまたてくてくてくてく。200mくらい行った先の左にあるジモティなスーパー。これを左に折れるとおおおお。そのスーパーにまるでコバンザメな立ち飲み屋さんがくっついてるじゃないの。
スーパーのほうは8時で閉店しちゃうけど立ち飲みは遅くまで営業。おトイレはスーパーが開いてる時間でもすぐ近くにある東日暮里1丁目公園のを使う。

Sさま曰く、「真央ちゃんな立ち飲み」なこちらのお店。
たしかに。。。真央ちゃんが齢を重ねたらこうなるかも…wとつい笑みがこぼれてしまうような気のよさげなオバチャンが切り盛りしている。
* あ、そういえば夕べのスケートは真央ちゃんが銀、ミキちゃんが金メダルでしたね、おめでとう!*


ここでは白髪ネギたっぷりなガツ(←まだ肉食うか…;)やらウーロンハイやらもらって2kmお散歩の疲れを癒す。ガツ、旨い。下町ってどうしてこうなんでも和むというかあったかい気になるんだろ。わたしもよっぱらっておばちゃんに話し掛けてしばし楽しい酔い時間。

と、zさまがいそいそとすぐそばの一軒家な魚屋へ。。。

あとをついて暖簾をくぐると普通に町の魚やさん。

…でもすごーくイイ匂いがする。。。
ふと横を見ると烏賊を煮ている。こちらのお店は魚をつかった惣菜も置いているようでほんとに下町なお店なわけだけど、この烏賊がただのいかじゃない。注:この時はたまたま烏賊の姿煮でその時々によって変わると思われ。

この記事の最初にも書いたけれど、この日はお肉もとてもよかったし、和菓子屋の佇まいも立ち飲みも濃かった。でもでもなによりもvvこの魚屋のちゃきちゃき大将が作る烏賊の姿煮。間違いなく、ワタクシ的年間美味しかったで賞ノミネート。

これがもお。

倒れる。

イヤ、倒れた。

それぐらい美味かった(>▽<)bイカッタ!

烏賊は肝の旨味の煮汁で泳がせられて、味が染みてるのにきちんと美味みの歯応えをともなう柔らかさ。そしてなかの詰め物がオクサンッ、最高レベルあん肝ときちゃぁ、ネエv 味にうるさいウチの父が唸ったほどなわけですよ。
わたしのあんきも経験値のなかでも現在ダントツ一位はこちらのあんきも。ちなみに二位はへいじ@高田馬場のあんきもv

大将曰く、銀座の料亭が仕入れる逸品モノのあんこう。仕入れもだけど大将のウデも素晴らしい。 これが1パイ1500円しなかった。。。安くて美味くてたまらーん。 でもこりゃ儲かんないだろーなー…。チトシンパイ…ツカオクサンモタイヘンヤノオ
この日最後の〆は浅草橋に河岸変えをして西口やきとんで緑茶割りをぷはっとvあー満喫の1日でござったv

三河島三ノ輪界隈を案内くださったSさま、zさま。
ほんとーにありがとうござりました(^o^*またぜひご一緒させてくださーいvvv

B食店情報
・店名 : 鮮魚 魚一(せんぎょ うおいち(タブン…;))
・ジャンル : その他
・住所 : 東京都荒川区東日暮里1-18-8
・TEL : 03-3803-3554
・営業時間 : 15:00位?19:30
・定休日 : 日曜日
・最寄り駅 : 三ノ輪から徒歩5分くらい。東日暮里1丁目公園至近。
・キーワード : こだわり/魚/小売/惣菜/継ぎ足しの煮汁
B食店ページへ

2007年3月22日(木曜日)
   
この日はすごいマッコルリとウマウマ肉→佇まいのよろしい和菓子屋さん→真央ちゃんな立飲み→魚屋さんでお買い物→河岸変えで西口と盛りだくさんなしゃ〜わせな日でしたv
お肉もとてもよかったし、立ち飲みも濃かった。でもでもなによりもvv三ノ輪の魚屋のちゃきちゃき大将が作る烏賊の姿煮。間違いなく、ワタクシ的年間美味しかったで賞ノミネート。

これがもお。

倒れる。

イヤ、倒れた。

それぐらい美味かった(>▽<)b
まずはdeep焼肉、金龍苑さん。
マニアな方たちのなかで知らぬ方はいないくらい有名らしい。
蕎麦好きなSさまに、知らないと言ったら急いで行かないと!とそっこーで予約くださった。
事前にチェックするとおばちゃんの対応に若干波があるもよう。。Sさまも、「お店のおばちゃんのいうことは聞くんだよ」と。。。
これも訪問楽しみのひとつになりもうしたw
この日は送電線事故かなにかで電車がとまってちと集合が遅れ10分遅くお店へ。遅れる連絡をは入れたとのことだったけど「遅
いねっ!」おばちゃんのキレのあるひとことが冴える。。。早速洗礼っすかwいや電車がねとかいいながらSさまがそそくさとみんなの荷物を押し入れ(?)にしまってくださって席につく。
マッコリを注文するとおばちゃんから「最後の1本だけだね!」のお返事。よかった!これもお目当てのひとつだったのだ。マッコリ虎。生なマッコリは軽くシュワっとして、韓国で飲んだマッコリとなんら変わらずうっまーい!
これ、どっかで買えないかなあ。。。ぐぐっても同じ酒造店の商品はあってもこの虎はないっぽいんだよなー。
んで、肉、肉ですよ。
これがさすがSさまがここで喰ったら当分肉は欲しないというだけあってどれもうまい。先日の傅傅@月島の但馬牛な上品なうまさではなく、まさにBな焼肉。でもレバ刺しは下処理せずとも臭みのないひと皿だし、焼く用のレバは焼くのもったいないくらい。ホルモンもタレによおく浸かってあつあつうまーvこのつけだれもうまんだなー。
Sさま絶賛のハラミの身のあついこと!プチステーキですよ。スッテキー♪焼くと脂がじゅわああっとそそる。待ちきれんとばかりに口がさきに肉へ向かうw
…んまい。
ハラミはふた皿ももらっちゃってほかにもあれやこれやを注文しまくり。さいごの〆もSさまの指南のもと、クッパ。このクッパがまたんまかったー!牛の出汁をちゃんと感じるスープにしゃーわせーv
Sさま、ありがとうござりましたー!うまかったー!

ところでこのおばちゃん。。。
わたしたちががっつり食べてる途中から入店の常連さんらしいグループには別人かと思うくらいニコニコじゃった…。ちらっとみたら20代な好青年。。。おばちゃんもオトメなのねw

さて2件目へむけてまんぷくになったおなかをこなしに三ノ輪までおよそ2kmのお散歩へ。。。

後編へつづく
B食店情報
・店名 : 金龍苑(きんりゅうえん)
・ジャンル : 焼き肉・ホルモン
・住所 : 東京都荒川区荒川5-15-7
・TEL : 03-3806-6175
・営業時間 : 18:00-23:00
・定休日 : 火曜
・最寄り駅 : 新三河島徒歩3分
・キーワード : マニア/ホルモン/焼肉/マッコリ/虎
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ