記事
[ 総記事数:440件 ] [ RSS2.0 ]
2006年9月14日(木曜日)
   
【ご注意】
CAVE BARは現在夏期休業中です。お休みは9/13-26まで、27(水)から通常営業とのことです。行かれる方はご注意ください。

わたしの中で都内TOP3に入るお気に入りのお店、隠れ家〜なワインバー。CAVE BARが明日15日発売の「東京生活」さんが馬場早稲田特集だそうで、載るそうです。カウンターだけ15席ほどのこのお店。ああぁ。。しばらく混んじゃったりするんだろうか…(>_<)
大好きなお店だけに人気が出てほしいけど混んではほしくないエゴが。。。くううツラかとこですわ。。。

雑誌の紹介と夏期休業のお知らせだけではアレなので最近行ったCAVE情報をば。。写真は夏の終わりのCAVE BAR、8/31に行ってきたときのものです。

まずは9月に向けた新メニューのサーモンのババロア自家製スモークサーモン添え。ババロアというかムースというか、ふわふわわvズッキーニとの食感の違いも楽しめます。これも驚きの580円。。。らぶですv

こちらはメニューにないのですが、予約した時店主ジローさんがなにかつくりましょうかと言ってくださってお願いしておいたものとのこと。大きな蛤の貝にいろいろな魚貝のソテーが乗っています。ホッキ、イカ、帆立…。ホッキが大好物のわたしに願ってもないめにうvv程よく火の通った貝ほど柔らかく優しく甘く滋味なものはなかとですねv

こちらも特別メニュー。魚貝のハンバーグです。イカとホタテの出汁がよくでてあっさりさっぱり。バターの効いたマッシュポテトとよく合っていました。

この日はこの他に定番の岩中豚のロースト、トリップの煮込みプロバンス風、〆にまたもやホタテのリゾットをいただいてまんぶくさんv
ワインはNAPAのものなど2本をいただきましたv

店主ジローさんは9/13-26の夏休み中は研修なのだそう。今から27(水)が待ち遠しいv
B食店情報
・店名 : CAVE BAR(けいぶ ばー)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都新宿区高田馬場3-12-6 高田馬場西商店街ビルB1
・TEL : 03-3368-8075
・営業時間 : 平日・土曜: 18:00 - 03:00
・定休日 : 日曜・祝日休
・最寄り駅 : 高田馬場駅(JR山手線・地下鉄東西線)
・キーワード : ワインバー/フレンチ/隠れ家
・友人・同僚
B食店ページへ

2006年9月2日(土曜日)
[ 15:21 ] [ ペルー料理 ]
   
かねてよりインティライミ@川崎と張るくらいに美味しいと評判を聞いていたOASISへ初訪問vv在日ペルー人の方たちの評判もよく聞くのにnetで検索してもなかなか出てこない、相当マニア〜なお店らしい。

しかし藤沢。。。わたしの住まい、さいたまからはマジ旅ですよ、旅。でもうまいもんのためなら苦にならないのがゲンキンなわたくしvせっかくの遠征なので相模の国のぐるまんrio de mayo氏に2時間に渡り南林間−藤沢間のエスニック食材ツアーをアテンドいただいて大満喫。

藤沢駅から徒歩5分ほど路地を2回くらいまがるとお店が。入り口もばりばり外国を感じさせますがドアを開けたらもーっと外国v
お店の方もカタコトながらの日本語でとてもフレンドリーに接してくれます。

まずは定番なあたりから。海鮮サラダなCebiche Mixtoセビーチェミクストを注文。ものすごい盛りです。8人で食べても食べてもなかなかなくならないwペルーのでっかいとうもろこしにイカのほか、タコやムール貝もたっぷり入ってなかなか良心的なセビーチェですな。在ペルーをしていた同席者いわく切り昆布が乗ってるのはかなりめずらしいらしいw

これも定番、左がocopa(オコパ)Papa a la Huancaina(パパ ア ラ ウアンカイナ)。茹でポテトのチーズかけ。左はたぶん青唐辛子の辛いソースが入ってるver.チーズがとろりとうまあ。

チュペ・デ・マリスコス(シーフードスープ)がまた海老、ホタテやムール貝などこれでもかとたっぷりはいったミルク入りのスープ。海鮮出汁がたまりません。

数々頼む中で今回わたしが1番気に入ったのがこのチャウファ(チャーハン)。微かな酸味もあり、こうあとに引くようなコクのある味わいなのです。

このほかにAnticucho(牛ハツの串焼き) や、ロモ・サルタード(牛肉とポテトフライの醤油炒め)、魚のフライなどいただいて、デザートにかぼちゃの粉でできたドーナツのピカローネスや、ちとビミョウちっくな自家製ケーキも。8人で10品近く、もう産まれるほど食べて食べてなんと1人2200円!
一皿が1300〜1800円と高めだけれど盛りがすごいので納得です。

…交通費より安いかも…大汗。

藤沢にはベトナム料理も相当絶品なお店があるそう。
近々に攻めなくては!

B食店情報
・店名 : OASIS(おあしす)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 神奈川県藤沢市藤沢545 荒川ビル1F
・TEL : 0466-28-6814
・営業時間 : 11:30?23:00
・定休日 : 火休
・最寄り駅 : 藤沢駅(JR/小田急/江ノ電)
・キーワード : ペルー/日本の中の外国/マニアック
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

[ 10:35 ] [ インド料理 ]
   
阿佐ヶ谷徒歩5分に2006.06.06OPENしたステキなレディ、じょーさんのインド風かふぇ、calcutta cafeの応援団お食事会に潜入!
お食事会では通常メニューにもあるサモサやチキンカリーのほか、特別にサブジや9月からの新メニュー試作、野菜のカリーもいただいてきました。まずは色鮮やかな自家製ピクルスからいただきますv

cafeとはディープ好きなわたしにはなんとはなし似合わぬ単語。。。でもこちらのお店の店主じょーさんはあのディープなインド料理研究家香取薫先生の元、ペイズリーで修行されていた方。お味はたしかなのですv

サモサ。こちらのサモサは詰め物にしっかりスパイスが効いてビールに合うんですなあ。別皿に供されるローズソルトの入ったスパイスをこのサモサやライスサラダ(これは当日の幹事兼ヘルプ、にゃった番長さん特製。ライスなのにちゃんとサラダでおいしかった)にかけてアクセントに。


パパド。写真はふつうだけどスパイスが効いてこれもビールのすすむこと。。。写真を載せてないけれどほかにこれまた玉ねぎ、コリアンダーや辛味が効いたインディア スナックも。

オクラのサブジなどもいただきつつ、メインの登場です。Calcutta cafe特製のチキンカリー(左奥)に加えて、9月登場予定の野菜カリー(手前右)。まだ試作段階とのことでしたがコクがあるのにしつこくなく、野菜たーっぷりv手前右にある白いライタとまぜまぜしながらおいしくいただきました。こちらのライタは具の野菜が細かいので食べやすいかも。


ひとしきりいただいて黒糖入りの濃い目のチャイでまったりしチャイます。スイーツはにゃった番長さん特製のサツマイモとかぼちゃのパヤサム風のほどよい甘さとでぱっちぐー。

おっとり美人な店主じょーさんの、10席ほどのちいさなまったりcafe。お味も店内にも人柄が表れて優しさが溢れています。 お店はギャラリーにもなっていて、ちょうど期間中だった遊民。さんのインドでのミニ写真展も鑑賞しておなかいっぱい満喫の夕べ。 のんびりしにまた行かなくちゃv
B食店情報
・店名 : calcutta cafe(かるかったかふぇ)
・ジャンル : バー
・住所 : 東京都杉並区阿佐谷南3-43-1 NKハイツ101
・TEL : 03-3392-7042
・URL : http://www.calcutta-cafe.com/
・営業時間 : 火ー日12:00-16:00/18:00-22:00(alltime禁煙)
・定休日 : 月休
・最寄り駅 : 阿佐ヶ谷駅徒歩5分
・キーワード : 美味しいチャイ/まったり/本格インドカリー
・友人・同僚
B食店ページへ