記事
[ 総記事数:2545件 ] [ RSS2.0 ]
2013年4月9日(火曜日)
[ 07:58 ] [ 東京都 ]
   
 

 

 

都内某駅から

徒歩10分

住宅街に溶け込んだ

町のおすしやさん

 

自宅兼店舗な建物

掘り炬燵式なカウンター6席

お座敷に4卓×2

計14席

乾杯ビールは

「キリン一番搾り生」(500円) 

 

 

夜の部は

おまかせ握り10貫2000円15貫3000円 

おまかせ海の幸丼2000円特上3000円 

鮨会席5000円7000円10000円 

(前菜・お造り・旬の物・焼き物又は煮物・すし十貫) 

本日は鮨会席7000円コース 

 

「前菜三点盛」 

 

 

蛍烏賊は甘ーい味噌がたっぷり入り

 

 

ふるんとして大きな生牡蠣は食べ応えあり

 

 

つぶ貝は品の良い出汁で炊かれしっぽり

 

 

「旬の物・カワハギ」 

きっとり身でとろり甘い肝を包み食み綻んで

 

 

「クロワ・デ・マルシャン」(仏・南西地方) 

(グラス600円) 

(ボトル3000円) 

アカシアなどのフローラルな香りに柑橘系の爽やかな香り

すっきりとして軽快

アフターもサッパリ

 

 

「お造り・鰹たたき・トリ貝・金目鯛」 

 

 

肉厚な鰹のたたきを口いっぱいに頬張る

 

 

とり貝歯触り良く

 

 

金目鯛しっとり

山葵は荒目な本山葵 

 

 

「旬のもの・蒸し毛蟹」 

ほろほろふわふわ

お味噌がねっとり甘い

美味♪

 

 

「金目鯛煮付け」 

(画像無し)

柔らかな炊け具合

甘辛い濃いめの味付けの煮汁に

思わず

白御飯下さい!

鮨屋なんで白御飯はありませんとの事

そりゃそうだ(笑)

 

握り

「墨烏賊」 

サックリ

 

 

「平目」 

固過ぎず柔らか過ぎず

柔らかな酸味のシャリとの一体感

 

 

閖上ゆりあげ産赤貝」 

しこしこさくさく素晴らしい

 

 

「鹿児島産釣り鯵」 

味も良いが〆加減良く

 

 

「軍艦いくら」 

笑顔が零れ

 

 

「車海老」 

ぽくぽく

 

 

「馬糞雲丹」 

・・・・・・言葉を失い

 

 

「穴子」「玉」 

穴子ツメ良くふわり

甘さと塩加減が絶妙なは固め

 

 

「椀物・蛤」 

目を閉じ海の旨味に酔う

 

 

この日の日本酒は二種類

奈良曼・福娘 

 

セレクトは

「奈良曼」 

(福島県 夢心酒造) 

控えめな香りに

柔らかな甘さ

すっきりした呑み心地

余韻短し

 

 

お座敷には

入園式のお祝いの

家族が一組

鮨屋に子供連れの家族とは珍しいと思いきや

大将と明るくソフトな印象の奥様

鮨屋奥自宅へ客の子供達を招き入れ

店の子供達と一緒に遊ぶ

(御近所の知人友人かしら)

大将も女将さんも

我が子を見ながら

鮨屋営業

子供の喧嘩や呼び声に

しかったり笑ったり褒めたり

見て聞いて

客な私も

ほっこりにっこり嬉しくなる

 

本日のお会計は

麦酒5杯

日本酒2合

ワイン1本呑んで

二名で20700円

子供と一緒に行きたいおすしやさん

食育にも最適です 笑