記事
[ 総記事数:2545件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2013年1月31日(木曜日)
[ 18:30 ] [ 千葉県 ]
   
 

[ 関連したBlog ]

 

生真面目な店主

飯田壯夫

が女将のハルエさんと営む

【すし処 司@我孫子】 

2013年初訪問

何時ものように肴から

「昆布〆平目」 

一日寝かせた物

見た目で箸先で感じる

ねっとりとした旨味

白身魚にして実に妖艶

一品目にして引き込まれる味わい

 

 

ビールで喉を湿らせ

極上の肴で

鮨屋のカウンターで味わう

贅沢な時間

 

 

部位の違う平目二種に

奥にあるのは

珍しい平目肝 

 

 

梅花のような美しい肌色

鮟肝の食味とは違いサッパリ

 

 

「淡路産真鯵」 

の季節はもう少しで終わりですねと大将

塩酢の〆加減ともに良し

 

 

「焼き魚細魚」 

カリッとふわっとして爽やか

焼いた細魚は初めての経験

美味

 

 

「平目の昆布〆3日目」 

より艶めかしい熟成感

舐めるように舌で転がし

その奥でしかりと味合う

 

 

名物

「貝割れ漬け」 

貝割れの辛味とぬるりとした昆布の粘りに塩味

酒のアテに

炊き立てご飯のお友にも良さげ

 

 

「壱岐の一本釣り鮪赤身」 

若いピノノワールワインのような赤身の酸味

 

 

「長崎産〆鯖」 

 

 

「平目腹骨の塩焼き」 

昨日釣った平目を今日〆た物

鮨にするには

まだ早く

脂ののったはらみ部分を

ふっくら焼いて

脂じんわり

つまんで

熱燗がススム

 

 

これがこの平目ですよ

と大将

若くしなやか弾力ある身

 

 

後学の為にお刺身で一口

コリコリ新鮮だけれど

旨味の欠ける

人間も魚も

上質な時間を経た

熟成が大事なよう

 

 

そんな平目の青唐辛子漬け 

酒飲み泣かせな肴に

酒量は急ピッチ

既に6合経過也

 

 

飲んでばかりで

キリが無い

そろそろ握りを

「墨烏賊」 

墨烏賊らしくサックリとした歯切れの良さに

とろりとした甘味

 

 

「中トロ」 

ふくよか

 

 

「小肌」 

ほんのり温かく塩酸ともに控えめなシャリは

何時も通り柔らかめだが

繊細なネタとのバランス良く味も良し

 

 

「江戸前穴子」 

良い色に焼けた人魚が横たわる

濃いめのツメをサッと一塗り

 

 

「大トロ」 

甘い脂に酸味と甘みの融合

舌上でゆったりと溶ける旨味

の存在価値と貫録十二分

 

 

「ぬか漬け」 

シャキシャキとして

笑顔がこぼれ

 

 

友人オーダー

「干瓢巻き」 

  

 

「玉子焼き」 

昔ながらの固さに甘さと塩分

毎日食べたい玉子焼きは

きっとこんな味

 

 

 

日本酒の品揃えも

楽しいお店ですが

最近は

「黒龍 垂口」

(福井県 黒龍酒造) 

冷〜上燗〜熱燗で

楽しむのが定番

今宵も気付けば

2人で8合

6合は私が呑んだ感

肴に鮨の味もさることながら

今宵も良い時間を過ごせたのは

お二人の人柄であり

じっくりとゆっくりと熟成し時を待つ

店の空気も同様に

時間をかけた

心地良い雰囲気が漂う

 

お薦め店です ニコニコ

 

 

 

 

 

 

B食店情報
・店名 : すし処 司(すしどころつかさ)
・ジャンル : 和食-寿司
・住所 : 千葉県我孫子市緑1-3-8
・TEL : 0471841184
・URL : http://tabelog.com/chiba/A1203/A120304/12011239/
・営業時間 : 11:30〜14:00/17:00〜19:00
・定休日 : 月休
・最寄り駅 : JR我孫子
・キーワード : 鮨 我孫子 北の鎌倉 築地 本物 高級 居心地良い 日本酒 肴 予約
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2013年1月30日(水曜日)
[ 20:00 ] [ 東京都 ]
   
 

友人主催の

日本酒持ち込み会にて

銀座7丁目

 ニューセンタービル B1F 

小料理屋 

【智映】 

 


 

店内は

カウンター9席

仲良く詰めて座って10席?

秘密の小部屋の様な個室(テーブル席4人)あり

 


 

通常日本酒の品揃えは

常時6、7種類

これといった酒は決まっていなく

色々なお酒をその時に応じて仕入しているのだとか

 


 

「和え物」 

(閖上(ゆりあげ)産赤貝 

・下関産河豚皮煮こごり 

・明石白ミル貝・うるい 

・葱玉葱入り) 

 


 

しっかり固めの煮こごりは醤油と味醂の味がする

下町のあの店で食べた懐かしい味

 


 

しこさわなミル貝 

 


 

「やがらの昆布〆」 

〆時間30分

昆布〆的にはアッサリメ

 


 

天井にはやがらの頭がディスプレイ

やがらの骨は【あさスタ】にも

以前あったような

 


 

「琵琶湖産ワカサギ」 

雌1尾・雄2

見た目綺麗

お味は冷たくひんやり

 


 

『お造り』 

「明石平目・炙り〆黒鯛・達磨烏賊子供・細魚・江戸前カスゴ」 

炙って軽く〆た黒鯛が周囲に好評

私的には5点とも旨味にかけている感

 


 

「烏賊下足」 

サワプリリ 

 


 

「牡蠣とじゃが芋の味噌煮」 

味噌・味醂玉葱風味 

家庭的な味にホッコリ

 


 

「まっこう鯨のタタキ」 

広い海原を力強く泳いでいただろう鯨肉の味

 


 

この後もお料理は続くようでしたが

タイムリミットで田舎者は早退で退散


 


 

≪本日の持ち込み酒≫

 

 崢尭蛋 豪華 金箔入」(石川県 福光屋) 

◆岷魂癲‘蛋 樽一PB」(宮城県塩釜市 蟶官此 B星黄 

「久保田 碧寿」(新潟県 朝日酒造) 

ぁ嶇曽槌 純米吟醸 生酒」(京都府 井澤本家) 

ァ巍陝。韮錬味通救媛瓠―稱涜膓秕」(福井県 加藤吉平商店) B星黄 B星黄 

Α崙段冥稱銅髻瓢廓兒店 半蔵 完熟原酒」 B星黄 

(三重県伊賀上野市 蠡臈勅鯊ぁ 

А嵌禄天 大吟醸」(長崎県 蟲呂寮遏 B星黄 B星黄 B星黄 B星黄 

─崗〇魁仝ァ―稱洞秕」 (宮城県 勝山酒造) B星黄 B星黄 

「蒼光 純米大吟醸」(京都府 羽田酒造)  

「〆張鶴 大吟醸 金ラベル」 B星黄 B星黄 B星黄 

(新潟県村上市 宮尾酒造) 

「獺祭発泡にごり酒 50 シャンパンボトル 

純米大吟醸」(山口県 旭酒造蝓  

 


 

本日一番のお気に入りは

「大吟醸 美禄天」 

(長崎・杵の川酒造 山田錦100% 精米歩合:35%
アルコール度数:15〜16 日本酒度:+4.5酸度:1.2
アミノ酸度:1.2 使用酵母:協会9号(熊本))

品のある菖蒲に柚子のような柑橘香

ほんのりマシュマロのような甘い原料由来香

アタックは弱め

味わいは中よりさっぱりめ

キレが良くアフターティストも短い

三年連続新酒鑑評会金賞受賞納得の味

コスパ的にも◎

これは買わねば♪

 

智映割烹・小料理 / 銀座駅東銀座駅新橋駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.5

n="center”> 

 

 

B食店情報
・店名 : 智映(ちえい)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 東京都中央区銀座7-7-19 ニューセンタービル B1F
・TEL : 03-3573-7022
・URL : http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13056372/dtlrvwlst/
・営業時間 : 17:00〜21:30(最終入店)
・定休日 : 土・日・祝
・最寄り駅 : 地下鉄銀座駅より徒歩3分
・キーワード : 銀座、魚、魚介類、釣り、カウンター、友人、デート、魚料理、女性店主
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

[ 13:00 ] [ 東京都 ]
   
 

 

 

ジャパン・レストラン・ウィーク2013  

にて

3月で終了予定アイアンシェフのお店

トゥーランドット 臥龍居 

店頭では持ち帰り販売

想像していたよりかなりカジュアル

 

 

レストランは三階建

三階建レストランと言えば

すしざんまい築地本店 】と同じね

 

 

お得なランチメニュー

千円台

お手軽

お得なランチメニューで良かったかな

 

 

入口スグに

広めのホール

シャンデリアがあったりと豪華ではあるが

1000円台ランチを食べている

雰囲気は

子供連れでも良さ気なカジュアル感

 

 

ホールを横目に

私達が通されたのは

奥にあるサロン 

ピアノとバーカウンターがある空間

平日の昼下がり

ビジネスランチにデート中カップル

他のテーブルは

会話を楽しむ

優雅な赤坂マダムで

40席中

8割の稼働率

 

乾杯ビールは

「キリン一番搾り生」(レギュラー700円) 

少々お高めではあるが

高級店なのでいたし方が無く

 

 

御替りビール二杯目

・・・・・・

泡が萎んで量少なく

美味しそうじゃ無い

この後、三杯目、四杯目と

より悪化

四杯目で

ついに

「量が少ないですね」と私

それを聞いた

ホールのサービス担当F氏

「泡が」と一言

ん〜この場合

正しい対応としては

「すいませんでした

スグにお取り換えします」

じゃないのかしらん?

洗ったグラスを濡れたまま

ビールを注ぐから

泡が萎んだのは百も承知

でも1杯700円もするビール

ちゃんと美味しく呑みたいですよね

ビール愛を下さい!

 

 

「前菜盛り合わせ」 

料理を運んで来て説明無し

ホールを一人で担当忙しそうではあるが

呼んで説明して頂く

 

 

小皿で少しづつ9品

チャイニーズレストラン エッセンス@南青山  

と同じ形式で

美味しそうには見える

 

 

「くらげの傘の中(頭)醤油漬け」 

シャリシャリとした歯触り

中華な醤油風味GOOD

 

 

「豚肉の煮こごり」 

かなり柔らかめ

味も食感も可も無く不可も無く

 

 

「広東風焼き豚・胡桃添え」 

豚の脂で外側がかりっとして甘い

 

 

「精進料理 スーヤ」 

鴨に見立てた湯葉だそうだが

どう食べても湯葉にしか感じられず

 

 

「香箱蟹のゼリー寄せ」 

中華か和風かどっちつかず

癖も無く

 

 

「冬筍青海苔風味」 

筍は普通に美味しいが

青海苔味しかしかせず

 

 

「オホーツク貝柱XO醤・トマト」 

XO醤が利いて

中華な一品

 

 

「穴子の中華風甘露煮」 

小さく切った穴子に衣を付けて揚げ

甘辛い味付け

甘辛な味を好きな人は多いでしょうが

酒呑みな私には甘過ぎ

 

「里芋の湯引き 松の実和え」 

松の実のナッティな感覚も

それ以外の味付けも感じられず

ただの茹でた里芋

これって料理なの?

 

前菜9品それぞれ味が違うのは御立派

 

 

「コロッケと玉葱のフラン」 

 

 

カラリと揚がった

ダイスカットパン衣の中

茸ムースバターがとろり

揚げ物の中に溶けたバター

クドイ・・・クド過ぎる

胸やけしそうな一品

オイリーさが全ての味をコーティング

 

 

帆立貝柱入り固めなフランは美味

中華らしさは

まったく無し

 

 

メイン

「肉団子」 

サービスF氏の説明(笑)

 

 

お肉椎茸クワイ

野菜をフンダンに混ぜた

お団子はふうわり柔らかめ

お野菜と一緒にセイロで蒸して

鶏ガラべース、味噌バター風味ソース

美味しいが

前の品のオイリーさにげんなりしているところに

またオイリー攻撃された感

ここが

フレンチでパンがあり

酸が利いた白ワインで

口の中をリンス出来るなら

それでも良いでしょう

中華を超えた?

違うな

中華を感じられないメイン

料理名、肉団子だし(笑)

 

 

一品一品出てくるのがかなり遅い

メインが終わって

食事のオーダー

あらかじめ聞いてくれれば良いのに

この段階でまた

出てくるまで10-15分位待たされる(苛!)

(既に食事開始後100分経過)

食事の内容は

「炒飯」 B星黄 

「浅蜊と牛蒡の塩味麵」 

「坦々麺」 

から一品選択か三品全部選択可能

 

パラパラ御飯にハラハラとした黄金炒り卵 

赤酢も良い感じ

 

 

町の中華屋さんにありがちな

オーソドックスな塩味

細めのストレート麵

もうひと味

ひと工夫あったら面白いのに

 

 

赤唐辛子、花山椒、ラー油 

ともに控えめ

良く言えばバランスがとれた

私的には

スパイシーな刺激が足りない

平坦な坦々麺 

塩味と同細めのストレート麵 

こしは無し

 

 

一分蒸らして下さい

とサービスマンF氏

 

 

それだけ言って去っちゃうものだから

同時に提供された

隣テーブル席のご婦人

これお茶よね〜?

って

私もそう思います

お茶は食べれませんよー(笑)

 

 

御替り用のお湯を

ポットサービスで

「台湾産とんてん茶」 

 

 

『デザート』 

「杏仁豆腐 

マンゴープリン」 B星黄 

杏仁風味しっかり、ユルル・・・飲める位緩い杏仁豆腐 

果実入りで果実未満載マンゴープリン 

どちらも美味しい

 

 

ドリンクリストは値付けかなり高め

 

 

ボトルワインは撮影していませんが

1万円前後から

 

 

驚いたのは

福井の銘酒「黒龍」の値付け

市販価格の5.5倍

 

 

 

定員40人の空間をほぼ一人

あせる事無く

こなしている?F氏

キッチンや他のサービスか本部の方と

連絡を取っているのか

注文を整理しているのか

スマホらしきものを

始終長時間操作しているのは

気になるばかり

料理の味は平均点

サービス面で

マイナスに

 

1,000円程度の

クイックランチで使うのが

適当かも

 

 

 

トゥーランドット 臥龍居 中華料理 / 赤坂駅乃木坂駅六本木一丁目駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0

B食店情報
・店名 : トゥーランドット 臥龍居(とぅーらんどっと ゆうせんきょう)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都港区赤坂6-16-10 Y's CROSS ROAD1,2F,3F
・TEL : 03-3568-7190
・URL : http://www.wakiya.co.jp/
・営業時間 : [月] 11:00〜22:30(L.O) [火〜金] 8:00〜24:00(L.O) [土・日・祝] 9:00〜22:30(L.O)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 千代田線赤坂駅徒歩7分
・キーワード : 洗練された上海料理/内装・什器も美しい
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ