記事
[ 総記事数:2545件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2012年12月25日(火曜日)
[ 18:00 ] [ ]
   
 

柏駅南口 徒歩8分

隠れ家的イタリアン

Il Giglio(イルジリオ) 

 

 

一カ月開けての訪問

 

 

お目当ては

本日迄の

クリスマスコースメニュー

 

 

手作りパン

本日もプヨプヨプニプニ

赤ちゃんのほっぺかおしりみたい

 

 

「エビス生ビール」(580円) 

クリスマス3日連続

ディナー

ビールで乾杯♪

 

 

「鎌倉人参のムース 伊産白トリュフと共に」 

前回より

格段人参の甘い旨味が強調されていて

それに芳しい白トリュフ 

これは来年もリピしたいな

 

 

「帆立のタルタルを詰めた天然真鯛のカルパッチョ 菜園風」 

 

 

オリーブオイルビネガー 

ハーブスパイス 

の歯応え

帆立貝のエロティックな甘味

エディアルフラワ

クリスマスのドラマティックな夜を演出

 


 

「 様々な野菜達のズッパと白王豚を詰めた

トルテッリのホワイトX’mas」

 

 

ポッテリした

トルテッリ 

肉汁じんわり

逃さぬようパスタ生地は厚め

リコッタチーズで出来たスノーマン

心地良い温かさに

とろーり溶けて夢の中へ

身体も心も温めてくれるスープも美味

 


 

「全粒粉のビーゴリ  

北海道知床産 蝦夷鹿のラグーソース」 

パワー溢れるラグーソースの旨味やエキスを

ビーゴリが吸収

ランゲとの相性抜群

もう少し

しっかりしたワインなら尚良し

 



 

「寒スズキの香草パン粉焼きと 

広島産牡蠣のムニエル 

“ラ・クリマ・クリスティー”のソース」 

カリカリほくほくふっくらとろり

白い海のカルテット

樽白に合わせて良さげ

 

 

「和牛ホホ肉とゴルゴンゾーラチーズの 

クリスマスオーナメント 

 京芋と赤ワインソースで」 

柔柔な良く煮込まれた和牛ほほ肉 

ゴルゴンゾーラ

味に変化と奥行き

赤ワインソースで旨ひとつに

まとめて同じ方向へ

 

 

「木苺のクレープで包んだ 

2色生チョコレートとブランデー風味の 

牛乳のシャーベットトナカイと 

サンタクロースと共に」 

見て可愛く

食べてキュートな美味しさ

満面の笑顔になっちゃう

 

 

「グラッパ入チョコレート」 

大人の甘さ

 

 

「カプチーノ」 

ウサカプチーノの次は

クリスマスバージョン

スノーマン

手の込んだ料理の細工と言い

中村シェフは本当に器用

 

   1

クビア 2010  (白) (5565円) 

(シチリア インソリア100% 

定価3045円ネット価格2120円) 

パイナップルや南国フルーツのトロピカルさに

熟したフルーツの厚み

酸もシッカリ

 

ランゲ・ネッビオーロ  2004  (赤) (4200円) B星黄 B星黄 B星黄

(ピエモンテ ネッビオーロ100% ネット価格1380円

オレンジがかった深みのあるガーネット

ベリー系の香りにチョコレートやバニラ

甘味と酸味のバランスが良く

美味しく呑める呑み頃を向かえたワイン

前回に引き続きリピ

 

新作デザート。 

「チェリーのセミ・フレッド 

 カカオのクレープ包み レンズ豆のジェラート乗せ」 

「6〜7cm大のハマグリの香草パン粉焼きと野菜の蒸し煮」  

「オマール海老を1人前で半身使う 

オマール海老”のスパゲッティ トマトクリームソース」 

などなど 

季節に応じた素材が満載 

日本の季節を感じるイタリアン 

イルジリオIl Giglio @柏  

お薦め店です ニコニコ 

 

 

 

B食店情報
・店名 : Il Giglio (イルジリオ)(いるじりお)
・ジャンル : 欧風料理-イタリアン
・住所 : 東京都柏市千代田1-1-12 千代田ハイツ 101
・TEL : 04-7166-5012
・URL : http://r.goope.jp/ilgiglio
・営業時間 : 11:30〜14:00(L.O)18:00〜22:00(L.O)
・定休日 : 木
・最寄り駅 : 柏駅南口 徒歩8分
・キーワード : 柏 手打ちパスタ イタリアン ワイン 記念日 コース料理 カプチーノ パスタ
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2012年12月23日(日曜日)
[ 17:00 ] [ 東京都 ]
   
 

 

 

 

目立った看番も無く

その存在を知らねば

一生気付かないだろう

と想う位に

湯島は天神下に佇む

隠れ家的な

日本酒バー

【壺中こちゅう】 

細長い店内

明りを落とした照明

木目を生かし

落ち着いた店内は静かに時が流れ

典型的なBARの雰囲気である

カウンター内には

すました表情の女将

お燗番の伊藤理恵さん

カウンター奥に

壮年の男性一人

番頭さんの神田寛祐

メニューは

BARらしく極めてシンプルな肴に

日本酒数種類

日本酒を目当ての訪問なら

種類の少なさに

少々拍子抜けする方もいるでしょう

 

 

生ビールは無く

瓶ビールのみ

銘柄は

美味しさが評判の

「アウグスビール」 

大きめのウスハリに注いで

 

 

「山ウニ豆腐」 

3〜5cm角

値段は500円前後

酒呑みたるもの

BARではこの位を

ちょいとつまむ方が

粋だしスマートだ

 

 

「梅胡瓜」 

上品な量の梅胡瓜 

この店は酒をたしなむBAR

手の込んだ肴は不要

 

 

酒リストに好みの物が無く

バックヤードから

好みを伝え

出していただく

「彩香 瓶囲い 特別純米」 

(福岡県 旭菊酒造) 

(山田錦60% AC15% 日本酒度+5 酸度1.4 

熊本9号系 酒造年度21BY 出荷22BY) 

マスカットのようなフルーティな香りに

白玉粉のような原料香

アタックは中より弱め

ティストは柔らかくキレは良い

アフターは短め

ぬる燗で柔らかな米の旨味を

しんしんと感じられる

好み

 

 

 

 

日本酒といえど

やはりBAR

つんとした印象をも

受ける女将との距離感も

好みによっては心地良いだろう

会社帰り一人で

美味しい食事後に

さらりと寄るのに適した

BAR

疲れた一日

バーボンで〆るのも良いが

日本酒で〆たい夜は

是非に

 

 

 

壷中割烹・小料理 / 湯島駅本郷三丁目駅上野広小路駅
夜総合点★★☆☆☆ 2.0

2012年12月17日(月曜日)
[ 12:30 ] [ 東京都 ]
   
 

 

 

江戸の花街

神楽坂の路地裏に

日本建築の贅を尽くした優麗な一軒屋

加賀麩料理 神楽坂 前田 

生麩にスポットを当て加賀料理

シャンパンワイン200種類以上の品揃え

HPには女性が惹かれるキーワードが漫載

白い暖簾をくぐり

玄関には和服姿の女性が数名でお出迎え

 

 

置屋を改装したのか

建物内は

現代建築とは違った

面白い造り

カウンター席に個室

大広間と

用途に応じて

使い分けが出来るよう 

本日は二階和室のテーブル席で

 

 

乾杯ビールは

「キリン生」 

泡ちょい多め

 

 

お替りビール

泡萎み

ビール愛を下さい!)

 

 

「生麩(胡桃・胡麻・柚子)」 

蕎麦の芽を切ったもの他のせ

ムチムチした生麩は好物ですが

冷たいと味わいが薄いよう

 

 

『椀物』 

「蟹しんじょう」 

柔らかな蟹しんじょう 

お出汁は弱め

頂いている途中で飽きちゃう

 

 

「お造り(鮪・ハマチ)」 B星黄 

見た目で冷凍かと警戒しながら

口に運べば

柔らかで甘く

本日の一番ヒット

ハマチも新鮮で美味

 

 

またしても

椀物か?と思いきや

 

 

金沢を代表する郷土料理

「治部煮」 

とろとろの醤油味ベースの出汁 

程良く炊けた野菜各種

粉をはたいた合鴨肉はブロイラー味で残念

 

 

「鰆漬焼き・生麩田楽」 

風味に工夫が欠ける田楽味噌 

は語るに及ばず

 

 

「生湯葉・梅肉餡」 

生湯葉は好物ですが

何故

この段階での提供か

きつすぎる梅肉風味の餡が品に欠ける

 

 

『御食事』 

「白飯・生麩佃煮・味噌汁・香の物」 

呆れるほどにパサパサとして

旨味無し

まるで前日の品を保温していたのでは

と思う位のご飯 

生麩の甘辛味な佃煮を一緒に掬うも

それ以上箸が進まず

 

 

『甘味』 

生麩を白玉に見立てた

「フルーツ生麩」 

冷たい生麩フルーツの相性は

いかがなものか

 

 

このランチコース

『加賀』(6300円)+サービス料10% 

加えて高級店らしく

ドリンクの値付はかなり強気

ワインはボトル10000円前後から

日本酒メニューは

本のような厚いワインリストに比べ

かなり少なめ

本日呑んだのは

燗酒用リストから

「黒龍 熟成純米大吟醸 九龍頭」(150ml2000円) 

(福井県 黒龍酒造) 

冷酒用から燗にしていただき

「伯楽星 純米吟醸」(1合1800円) 

(新潟県 新澤醸造) 

「宗玄 特別純米 純粋無垢」(1合1600円) 

(石川県 宗玄酒造) 

 

和服美人の岩下志麻似の女将?

冷酒用の酒リストから

お燗をお願いすると

冷酒用は冷やしてありますからと

渋い顔

高額かつサービス料も徴収してるのに

その態度はどうかしら

 

 

 

隣テーブルの

話題に花咲くマダムの賑やかな声が

気になり

落ち着かない

個室代金は別途3000円

かかるよう

 

もし行くのであれば

平日・カウンター限定

「みずき」(2000円+サービス料10%) 

雰囲気はこれで堪能出来る筈

 

 

 

 

神楽坂 前田懐石・会席料理 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.0

B食店情報
・店名 : 加賀麩料理 神楽坂 前田(かがふりょうりかぐらざかまえだ)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都新宿区神楽坂3-6
・TEL : 03-6457-5020
・URL : http://maeda.kaga-ya.com
・営業時間 : 11:30〜15:00(L.O.14:00) 17:30〜23:00(L.O.21:30) (ドリンクL.O.22:30)[土・日・祝]11:30〜16:00(L.O.15:00) 17:00〜23:00(L.O.21:30) (ドリンクLO.22:30)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 飯田橋駅 B3番出口 徒歩3分
・キーワード : 加賀麩料理、生麩、ワイン、シャンパーニュ、カウンター、接待、神楽坂、日本料理、和室
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ