記事
[ 総記事数:2545件 ] [ RSS2.0 ]
2012年6月17日(日曜日)
   
 

[ 関連したBlog ]


 

私が愛して止まない

ビストロ・ラ・シブレット 

2年前に

沢山の惜しむ声の中

第一章終了後から

沈黙を破り

ついについに

第二章の始まり

復活です(祝)

今度は浅草橋から場所を変え

三鷹 

ジブリ美術館がある三鷹の森までを

駅から玉川上水沿いに歩いて

徒歩5分

店頭に掲げられたフランスの国旗が目印

 

 

特別な前宣伝もしていませんが

家族や友人やファンの

方々からのお花が

沢山

 

 

流石です ニコニコ キラキラ キラキラ キラキラ 

 

 

綺麗な胡蝶蘭は

マダムの御姉様からとの事で

 

 

シックでモダンな

店内もプレゼントのお花で彩られ

棚の上に置かれた

各種果実酒の色も鮮やか

 

 

スタイリッシュな

ペッパー&ソルトのカトラリー

 

 

きっちり巻かれた

コルトンブルーのお絞りが

清楚なマダムの几帳面さを

表しているよう

 

 

嬉しいので

ボトルシャンパーニュで乾杯!

「Royer Burut reserve」 

(ロワイエ) 

繊細な泡に爽やかな呑み心地

アプリコットやアップルの甘みに

微かにトーストさも感じられ

余韻はすっきり

暑いこれからの季節

きっちり冷やして呑みたい

RMシャンパン

 

 

『アミューズ』 

「フルーツトマトと鱸の燻製のマリネ」 

 

 

しっかり燻製香がするのに

シコシコ何とも良い歯触りの鱸に

弾けるように甘いトマト 

マリネ加減も良く

あー

これこれ

これが赤松シェフの味加減

2年間待っていた甲斐がありました

 

 

焼き立て自家製カンパーニュ

大きく焼いていた

シブレット時代とは違い

「プティ・ド・カンパーニュ」 

 

 

成形も美しく

厚めの皮が香ばしく

中の生地はお粉の旨味に

ホワホワとした食感

可愛らしい小さめサイズとは言え

美味しすぎて

この日

4個は食べたかも

 

 

openして3日め

試行錯誤な

本日限定のメニュー 

から

アラカルトで楽しむ事に

『オードブル』 

「大分産岩ガキのマリネ  

フランボワーズ風味」 (1個480円2個〜) 

ミルキーでジューシーな牡蠣

フランボワーズソースのキュートな香りに甘酸っぱさ

懐かしくて美味しくて嬉しくて

牡蠣の殻にほんの少し残った

ソースもパンで拭ってたら

マダムがクスリ

だって美味しいんだもん ウマッ

 

 

そしてそして

赤松シェフのスペシャリテと言ったら

やっぱりコレでしょ

「生雲丹と人参のムース 

 コンソメゼリー寄せ」(1890円) 

 

 

思わず溜息が零れる

美しさに魅力的な艶やかさ

舌の上にスプーンでそっと置けば

コンソメゼリー

透明感のある美味しさに

とろけるような雲丹 

クリーミィでソフトな人参の甘さ

この日

他にも色々食べたいからと

(1/2サイズ980円)にした

友人は大後悔

通常サイズを食した私は

次回は特盛りを希望したい位 ニヤリ 

 

 

オードブルで軽く泡が空いたので

白ワインをボトルで追加

「Bourgogne Chardonnay 

Louis jado 

ルイ・ジャド ソンジュ・ド・バッカス  

ブルゴーニュ・シャルドネ 2009」 

輝きのある薄黄色

パイナップルやライチなどを彷彿させる

南国ティストの甘さと酸味

ややトースティな樽のニュアンスもあり

厚みも中程度ありバランスが良く

流石ルイジャドといったお味

 

 

「本日のスープ」(1260円) 

本日は

海老の旨味たっぷり

濃厚な魚介のスープ (ビスク) 

 

 

お好みで

チーズルイユソースをかけて

 

 

アメリケンヌソース好きな海老子には

しっかり的をつかれた感

かなりの大皿に気前良く

たっぷりとよそって下さったにも

関わらず

願わくば

次回はバケツで呑みたい

 

 

一品一品

ボリーミーにしっかりいただいたので

パンを食べ過ぎている事もあり

前菜迄で

既にお腹は一杯ですが

続いてメイン

「築地より入荷した鮮魚のタジン 

クスクス添え」(2400円) 

 

 

本日は

伊佐木です

 

 

浜辺の砂が

掌から零れる様に

サラサラとしたクスクス 

実に見事な蒸し加減

エスニック料理店で食べるクスクスとは

ひと味もふた味の違うよう

 

 

スパイス使いの名手

赤松シェフらしい

複雑かつシンプルなスープに

存在感たっぷりの野菜

じゃが芋焼きトマト玉葱 

お料理の主役は

築地仕入れの魚よりは野菜かも

 

 

お腹一杯!

と言いながら

別腹でデザートも

(ずーっと2年間

この開店の日を待ち続けていたのだもの

しっかりちゃんと食べたいわ)

「バニラ風味のクレームブリュレ」(630円) 

表面カリリ

香ばしい甘さに苦み

とろり濃厚なカスタード 

やっぱり美味しい ハート 

 

 

最後は

「コーヒーか紅茶と小菓子」(840円) 

 

 

「カヌレ・ロールケーキ・ 

ショコラナッツ・フランボワーズ」 

 

 

赤子の頬の様に柔らかなロールケーキ 

 

 

名物

カヌレ 

数年前に

シブレットカヌレに目覚め

色々なお店のカヌレ

いただいていますが

赤松シェフカヌレが一番好きみたい

 

 

本日は本当に良く食べました

(最近呑み過ぎて小食がちだったのが嘘みたい)

その証拠に

シブレットではかなり食欲旺盛でしたのに

マダムに今日は良く食べましたね〜

と言われたり

 

忘去禄の為に

メニュー写真を

貼らせていただきますが

あくまでも今回の限定

後、しばらくは昼夜ともに

下記のような

プリフィックスメニューになるようです

ご予約来店の際に確認を

 

************** 

Menu dejeuner  

前菜

(2種類の本日のオードブルの 

中から1つお選びください)

メイン

(本日のお魚料理かお肉料理かをお選びください)

本日のデザート

コーヒーもしくは紅茶

小菓子 ¥2950

消費税・サービス料込

 

 
 
 
 

 

*************** 

 

MENU DINER

一口前菜  

前菜+お魚料理+お肉料理  

もしくは

前菜2品+お魚料理 または お肉料理

もしくは

前菜3皿というのもありです  

デザート  

コーヒーか紅茶  

 小菓子  

 ¥5250  

消費税・サービス料込  

  

 

 

 

シブレット時代の10席から18席と席数も増え

空間もゆったり

以前の予約が取れない

混雑ぶりを考えると

誰にも教えたく無い位

とっておきの大好きな場所

でもやはり皆様にも行って

美味しさと居心地の良さを

体感していただきたい

そんなお店です

ビストロから

レストランテに

飛躍した

新星

【Restaurante Virbius 

レストランテ・ウィルビウス】 

どうそよろしくお願いします

 

赤松如記シェフ&愛子マダム

応援していますので

頑張って下さいね 笑笑

 

 

 

 

Restaurante Virbius フレンチ / 三鷹駅
夜総合点★★★★★ 5.0

B食店情報
・店名 : Restaurante Virbius ウィルビウス(れすとらんて うぃるびうす)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都三鷹市下連雀3-3-50 パークファミリア1F
・TEL : 0422-44-2522
・URL : http://restaurant-virbius.jimdo.com/
・営業時間 : ランチ   12:00から14:00LO ディナー  18:00から20:30LO
・定休日 : 月曜日
・最寄り駅 : JR三鷹駅南口 徒歩5分
・キーワード : ビストロ・ラ・シブレット フレンチ ワイン 三鷹フレンチ レストランテ 玉川上水 赤松シェフ 三鷹の森
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2012年6月2日(土曜日)
[ 11:00 ] [ 東京都 ]
   
 

 

東京スカイツリーそば 

 


 

東京ソラマチ - 312の多彩な店舗が織りなす、新しい下町

  


 

LA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT

[ラ・ソラシド フードリレーションレストラン]

 


 

 山形県屈指の自然派レストラン

【アル・ケッチァーノ】奥田政行氏

ap bank/kurkku

「Food Relation Network」プロジェクトが

実践の場として展開するレストラン。

日本の優れた食材を生産者の想いと共に

ひと皿ごとに表現します。

ランチは野菜をふんだんに

食べていただくビュッフェスタイル、

ディナーは“日本”を感じて頂けるコースを

ご用意しスカイツリーを一望しながら楽しめるお店

(HPより) 

 


 

大きなガラス窓からは

大迫力のスカイツリーが大きく見え

その奥には東京タウンの町並みを

眺める事が出来ますので

ライトアップされる夜景は

きっとロマンチックでしょうね

 


 

本日はグルメな友人8名での会食会

「前菜、サラダをビッフェスタイルで楽しめるコース 

+デザート+珈琲/紅茶/ハーブティー付」(2000円) 

「パスタ/ピッツア」(800円)「メイン」(1200円)をプラスして

(合計4000円+サービス料消費税)のスタイルで

 


 

まずはブュッフェ台へいそいそと移動

 


 

「ボイルしたじゃが芋」 

 


 

「皮ごとヤングコーンのグリル」 

 

 

「マッシュルームのアンチョビソテー」 

 

 

新鮮な生野菜も色々

 


 

でも早く取らないと

混雑の中

どれもあっという間に無くなってしまいます

(もちろんスグに補充はしてくれますが)

 


 

お野菜の一つ一つに説明書きも

 


 

トマトも三種類

只今トマトマイブームもあり

どれも美味しい

(この日のランチで一番美味しかったのはトマトかも)

 


 

日替わりの野菜スープも呑み放題

この日は

「羊諦グリーン  

アスパラガスの冷製スープ」 

 


 

「能登産水蛸のカルパッチョ」 

 


 

「ハム」「パンチェッタ」 

どちらも良いお品

 

 

色鮮やかな

 ドレッシングは三種類

「黄:黄パプリカと国産蜜柑」 

「赤パプリカとトマト」 

「緑パプリカとハーヴ」 

どれも山形県遊佐町パプリカ使用

アル・ケッチァーノオリジナル

保存料、添加物は不使用で

 


 

水菜紫玉葱

甘さ控えめ固めなプリンみたいな

「玉子焼き」もあったので一緒に

盛り付けてワンプレートに

 
 

乾杯ビールは

「アサヒスーパードライ」(700円) 

 

 

友人は

「アルト・ウィート・ペール・エール」(900円) 

(山口県萩市チョンマゲ) 

 

 

パスタ3種、ピッツア1種の中から

私のセレクトは

「北海道・略恵舎のモッツエラチーズを 

使ったマルゲリータ」 

 

 

ふんわりモッチリした生地

は美味しいけれど

ワザワザ食べに来たいレベルには足らず

 

 

友人セレクト

「石川 高農園のみずぶきと 

のれそれのスパッゲティーニ」 

のれそれの大きさに初め圧倒しつつも

アルデンテでは無い茹で加減

味わいも普通

 


 

こちらは他の友人セレクト

「群馬 奥田農園のズッキーニ 

とスナップエンドウの 

トマトソーススパッゲティーニ」 

これも普通

一般的なカフェパスタのレベルで

 

 

私セレクトのメイン

「本日の鮮魚の蒸し焼き  

愛媛・山戸さんのミョウガとワカメを添えて」 

 

 

期待していた

ふわふわな身で無くて

ベチョベチョといった感

生姜ミョウガのアクセントに乏しく

若布も柔らかと言うよりは

溶けている様な頼りなさ

 

 

友人セレクト

「山形牛のグリル  

「耕す」の新玉葱とマッシュルーム」 

友人曰くこの日一番の苦痛

とにかく硬くてモソモソで

お値段から見たらしょうが無いのかも知れませんが

それなら値段をあげるか

値段に見合った品でお願いしたい

 


 

デザートは三種盛り合わせで

「マンゴープリン・チーズムース・ミルクジェラード」 

どれも一口サイズだからこそ食べ切れそうな

ショッピングセンターのカフェレベル

 

 

ドリンクは珈琲の他

紅茶は三種類

 
 

ハーブティーは12種類からお好きなものを

 

 

サンプルリーフを見せてくださるので

迷いながら選ぶのはかなり楽しいよう

 


友人セレクト

身も心も何時までも輝いていたい!

そんな方にオススメ

シャープな飲み口のハーブティー

「輝いていたい方に」 

 


私は紅茶で

「オレンジ・ペコ」

一番高い茶葉を選んでしまう嫌な奴w

 

 

メニューにワイン

そして最後のハーブティーの

リストはこんな感じで

(写真クリックで大きくなります)

 

 

 


 

お味はどれも平坦で

素材の良さを味わうと言うのには物足りなく

アイデアと技術不足な感

この後落ち着き慣れるとまた違うでしょうが

お料理を食べに来ると言うよりは

2,000円の前菜&サラダビッフェセレクトで

景色の良い窓辺に座り

付き合い始めのカップルがデートで使う場所

もしくはゆったりとしたソファー席で

奥様ランチや女子会で会話を楽しむ場所かしら

私的には

景色と景色を肴に

ワインをゆるりと楽しむ休日に使うのには

良いかもしれません

うーん

でもその使い方だったら

タワーズグリルに行くかも



 

ラ・ソラシド フードリレーションレストランイタリアン / 押上駅とうきょうスカイツリー駅本所吾妻橋駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5

B食店情報
・店名 : ラ・ソラシド フードリレーションレストラン (LA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT(ら・そらしどふーどりれーしょんれすとらん)
・ジャンル : 欧風料理-イタリアン
・住所 : 東京都03-5809-7284
・TEL : 03-5809-7284
・URL : http://www.kurkku.jp/lasoraseed/
・営業時間 : 11:00〜23:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 押上駅から70m
・キーワード : 東京スカイツリー ソラマチタウン アルケッチャーノ 景観 景色 野菜 ビッフェ ランチ デート イタリアン 完全禁煙
B食店ページへ

2012年6月1日(金曜日)
[ 19:00 ] [ 東京都 ]
   
 



惜しくも閉店してしまった

銀座は交詢ビルにあったフレンチレストラン

オストラルの元マダムが

仕入れから料理にサービスも

1人でやっている

【おばん菜料理 みな美】 

場所は新橋駅から徒歩3分

日航ホテルの裏手にある雑居ビル2F

にあります

 

 

L字型の店内は

こじんまりと狭い印象

入り口すぐ横に

家庭の台所のような

オープンキッチンがあり

まるで

一般家庭の居間に

お邪魔したかのようでもあり

 


 

客席はすべて

靴を脱いで座る小上がりで

一番奥の8人席一卓(大人8人座るとかなり狭い)の

手前に2人用のテーブル席が二卓のみ

私達は2人で2人用のテーブル席でしたが

お隣は仲良く大人4人で使っていらしたので

狭そうでしたが全く気にしていないご様子

  


 

テーブル上の

センス良く活けた生花に心が和みます

 


 

乾杯ビールは

「プレミアムモルツ生」 

 


 

コースは

食事が入らない

「肴コース」(4,000円) 

最後に食事が付く

「お食事コース」(4000円) 

の二種類

名物オムライスに心惹かれつつも

追加で頼めるとの事なので

酒呑みな私は

今宵「肴コース」


 

「トマトのお浸し」 

ひんやり冷たくて甘いトマトは皮が剥いてあり

緑色が鮮やかな色にヌメリのあるジュンサイオクラ 

何気ない品なのにシンプルな美味しさ

 


 

「コハダの卯の花鮨」 

 


 

銀色に光るコハダ

〆具合にお酢加減甘みも塩分も綺麗に決まり

卯の花もシットリしつつもホロリハラリと口の中でこぼれ

良い酒のアテ

 


 

「冷やし茄子の煮浸し白海老と」 

 


 

白海老の品のある味と出汁を感じられる

醤油使いにそれを含んだ

程良い茄子の柔らかな食感

 

 

「帆立貝柱の生雲丹ソース」 B星黄 B星黄 B星黄 

 


 

たいていの食材は

生より少し火を入れた方が甘みと旨みが増すようですが

まさにこれはそれを感じる事が出来る典型的な品で

加熱し適度な硬さの周りに

中心部分はレアレアでトロン

一粒で異なる食感と味わいに雲丹ソースが甘く優しく絡みつき

日本酒にもワインにも合いそうでリピしたい一品

 


 

『お造り』 

「平貝・鮪赤身・鮪中トロ」 

 

 

瑞々しい平貝はサクサクとして

 


爽やかな鮪赤身 

 

 

鮪中トロの脂が舌の上でジンワリと解けていく幸せ

築地仕入れの魚はどれも見立てが良いのでしょう

素材の良さが解かる美味しさ

 


 

『焼き魚』 

は本日は2種類から選べます

私セレクトは

「きんき」 

表面はパリッと焼けて香ばしく

身はホッコリ

 


 

「鱸の塩焼き」 

シンプルな美味しさにシットリとした身

 


 

最後は

「炊き合わせ」 

(凍み豆腐・椎茸・隠元・ゴボウ・姫筍) 

味付けが濃ゆい田舎煮では無くて

品の良いお袋煮

 


 

ペットボトルで供される 

天然水はセルフサービスで 

 


 

この日の日本酒は三種類

「一の蔵 純米」 

「加賀鳶 純米」 

「春鹿 純米」 

家はアル添酒は無くて純米酒のみしか扱っていませんの

との女将の声

その偏見に

日本酒好きとしては

多少カチンとくるが

(本醸造も大吟醸も純米酒も全て美味しい日本酒です)

ここはマダムのお店であるから

マダムの考え方で営業していているのだと

自分に言い聞かせて。

 

今宵飲んだのは

「加賀鳶 極寒純米 辛口」 

(石川県 福光屋) 

(酒造好適米 精米歩合65% 

日本酒度+4 酸度1.8 Ac16度) 

最も寒い冬の時期に低温発酵で醸された品

檸檬などの柑橘系の香にやや林檎のような香り

味わいは爽やかな酸味とともにドライな甘み

シャープな切れ味

余韻は短い

 


 

可愛らしい千鳥柄の盃で少しづつ杯を交わして

 


 

上の形がハート型の徳利が注ぎ易い

 

  

他に日本酒はありませんか?

との我儘なリクエストに

マダムが出して下さったのが

「鍋島 特別純米」 

(佐賀県鹿島市 富千代酒造) 

(佐賀の華・山田錦55% 日本酒度+5 酸度1.6) 

現在ブレイク中の鍋島 

薔薇などのフローラルさと南国系フルーツの甘い香

幅のある甘さと酸味はボリューム感があり

切れ味は中程度

余韻はやや長め

 

 

 

入店後

小上がりに座る際

素早く靴を揃えて下さりつつ

「何か苦手な食材はございますか?」

と聞いてくれるのは

流石元フレンチのマダム

人生経験が豊富で

貫禄と奥行きがあるマダムは

ゆったりとしていながらも

野菜の切り方にお出汁に

どれをとっても

仕事が一つ一つ丁寧で

終始ご自分のリズムを崩さず

がゆえ、お料理の提供時間はかなり遅めです

(本日は入店から最後まで3時間)

ですが常連さんばかりの店内は

皆さま慣れているようで

そのゆるりとした時間も

親しい友人や仲間と

楽しんでいらして

お酒のボトルの写真を撮らせていただけますか?

などと我儘なお願いには

1人でやっておりますので

労わりの気持ちを持ってお願いします

とピシャリ

総じて

躾に厳しい祖母の家に

遊びに来た孫のような気持ちになったり

 

合う合わないありますでしょうが

私的には

どれも美味しくいただいける料理に

すごく緩いのにキチンとしている空間は

癒されつつも学ぶことが多く

再訪したいお店です

 

みな美 (和食(その他) / 新橋駅内幸町駅銀座駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

B食店情報
・店名 : 銀座 おばん菜料理 みな美(ぎんざおばんざいりょうりみなみ)
・ジャンル : 和食-その他
・住所 : 東京都中央区銀座8-4-23 クラグレン銀座ビル 2F
・TEL : 03-3572-0373
・URL : http://gourmet.suntory.co.jp/shop/0X00210900/index.html
・営業時間 : 17:00〜 LO02:00
・定休日 : 日曜/祝日/土曜日は予約のみ
・最寄り駅 : 新橋駅より徒歩6分
・キーワード : おばん菜 隠れ家 和食 家庭料理 仲間 友人 銀座 オストラル フレンチ マダム 日本酒
・友人・同僚 / デート / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ