記事
[ 総記事数:2545件 ] [ RSS2.0 ]
2012年3月29日(木曜日)
[ 19:16 ] [ 東京都 ]
   
 

 

 

ミシュラン三ツ星★★★

【いしかわ】が経営する

【虎白】 

 

 

場所は

飯田橋駅から徒歩3分の

大人が集う街

神楽坂 

 

 

店内は

カウンター6席+テーブル席20席

計26席

満席御礼

この日の

年齢層は

20代後半〜30代

社用の接待が多いよう

(カウンターにはカップル)

店内は趣のある内装ですが

客層が若いからか

想像していたより

明るくカジュアル雰囲気の店内

 

 

乾杯ビールは

縦線模様のウスハリグラスで

「キリンラガー」

 

 

極め細やかでクリーミーな泡に

その後のゴールデンリングは

ウスハリがなせる業

その美味しさにもう一杯♪

 

 

『先付』 

「伊勢海老の土佐酢ゼリーかけ」 

一品目から

これですもの

流石高級店

 

 

伊勢海老の繊細な甘みにとろりとした食感

土佐酢の酸味や塩辛さは然程感じず

 

 

伊勢海老味噌

つけて身をいただく

乙な趣向

ですが残念、

海老味噌

生姜が強すぎて

海老味噌の甘みに良さを

消しているばかりか

伊勢海老の身をつければ

伊勢海老伊勢海老である

意味が無くなる

 

 

『揚げ物』 

「白魚の俵揚げ 葛餡」 

 

 

白魚の掻き揚げのお隣には独活の天麩羅 

 

 

油を含んだ

衣がやや重過ぎて

舌の上がべたつき

上方天麩羅と言うよりは

フリッターに近いが

その下にある

蕪餡はとろりふわり

舌に心地良く

 

 

一杯目のお酒は

「裏・雅山流 本醸造」(180ml1150円) 

お酒の値付けは場所柄からか高めです

柑橘系のグレープフルーツやオレンジを思わせる

華やかな吟醸香

飲み口は爽やかで

やはり柑橘系の甘みと酸味

本醸とは思えない綺麗さ

アフターもすっきり切れ味よし

 

 

和らぎの水は

白湯

 

 

『しのぎ』 

「焼きすっぽん」 

 

 

香ばしく焼かれたすっぽん

適度な弾力がありながらも

癖が無く柔らか

土台のモチモチしたおこわ

芽葱のシャキシャキ感とも相性よし

 

 

『椀物』 

「ふきのとうの飛龍頭と鮑のお椀」 

 

 

丁寧にひかれたお出汁は

透明感があり

味付けも上品

木の芽が香る極薄切り大根 

から透けて見えるは

飛龍頭 

 

 

【虎白】程のお店で

お椀に

飛龍頭とは

いささか面白味にかける感

ですが

しっとりとしたはかなり高評価

 

 

お次の日本酒は

「遊穂 純米吟醸」(1365円) 

(石川県鹿島郡 御祖(みお や)酒造 ) 

米麹に由来する

穏やかな穀物香

味わいも厚みに

呑み応えあり

余韻も長く

淡白なお肴よりは

鰤やお肉に合うお味

 

 

『お造り』 

「かわはぎの肝あえ」 

磯の香がする

かわはぎの身に

コクのあるの旨み

薬味のアサツキ

柚子ゼリーがサッパリと

基本、和食には日本酒主義ですが

白ワインをあわせたくなり

「プイィフュッセ シャトーポールガール」

 

 

『焼き物』 

「和牛と筍の炭焼き 豆苗焼き浸し 

トリュフソース」 

 

 

本日の一番ヒット

みすじ牛

肉が苦手な私でも大丈夫な位

あっさりサックリしていて美味

玉蜀黍のような

ミルキーな甘さに

微かに山菜特有のほろ苦さ

トリュフの香が鼻腔を擽り

何とも心地よい

先付、揚げ物〜お食事まで

全部この皿にして

いただきたい位(笑)

お皿を舐めたい衝動を堪えるのに必死

 

 

『冷し物』 

「赤貝と帆立 独活 木の芽酢」 

酸味が利いている

木の芽の香の山椒ソース

こちらも日本酒より

ワインに合うかな

 

 

『煮込み』 

「生蛍烏賊の沢煮 白味噌仕立て」 

炒っていない

生から煮た蛍烏賊

プリリプリリと瞬時に弾け

甘いワタがとろとろ零れ

白味噌と絡まり

喉元へとコクリ

 

 

そして入り

 

 

『食事』 

「飯蛸と新玉葱、雲丹ご飯」 

 

 

きちんと炊かれた 

「昆布の佃煮」 

 

 

彩り美しく

飯蛸の旨みに適度な弾力

山吹色の雲丹がねっとりと絡み

固めの出汁醤油味ご飯との相性も良く

満腹でも

ついお替りしたくなる贅沢丼

 

 

お味噌汁刻み葱お揚げさんで

 

 

『デザート』 

「フルーツのゼリー寄せ 

黒蜜のソース ラムのスープ」 

 

 

ベリー 

二種類のグレープフルーツ

見た目にお味に

和食屋さんの甘味といった感じが無し

  

 

【虎白】の日本酒リストはこれで全部

場所柄からか

お店の格か根付は高め

 

 

ワインリストは

フランスを中心に

かなり充実していますが

参考までにいただいた

「プイィフュッセ シャトーポールガール」(7800円) 

一部分を

ワインの根付は普通かな

 

 

 

全体を通して

美味しいのだけれど

同年代の日本料理店主

「ラ・ボンバンス」 

「くろぎ」 

「くろいわ」 

の遊び心に満ちた

ワクワクする日本料理に比べると

私的には色気不足で

面白さにかけるよう

優等生タイプの日本料理が

お好きな方にはお勧めです

 

 

 

 

虎白懐石・会席料理 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

B食店情報
・店名 : 虎白(こはく)
・ジャンル : 和食-日本料理
・住所 : 東京都新宿区神楽坂3-4
・TEL : 03-5225-0807
・営業時間 : 17:30〜翌0:00(L.O.22:30)
・定休日 : 日曜・祝日・8月下旬・年末年始
・最寄り駅 : 東京メトロ東西線・有楽町線・南北線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋」駅B3出口徒歩2分
B食店ページへ