記事
[ 総記事数:2545件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2011年2月26日(土曜日)
[ 15:20 ] [ 東京都 ]
   
 

 

 

六本木ヒルズけやき通り

ルイヴィトン3階にある中国宮廷料理店

【匆蛤 レイカサイ】 

本店は中国北京にあり美食家ならば

誰もが一度は食してみたいと思う名店。

匆箸寮菫弔論仰高級官僚で、

西太后の日常食の責任者

その先祖から受け継がれた

門外不出のレシピにより再現される

清朝家常菜を提供するのが

このお店だそう

(お店の書き込みより)

ミッシュラン2011二つ星★★

 

 

店内は

全室個室のプライベート空間なので

おしのびにも使えます(笑)

 

 

どちらにしても

個室は

周りを気にしなくて良いので

落ち着きますよね

 

 

本日は

プレミアムレストランの味が

お得に楽しめる期間限定(2/20〜28)のイベント 

ジャパン・レストラン・ウィーク 

特別メニュー

前菜15品 主菜1品 デザート1品

 

 

乾杯ビールは

細長グラスで

「TSINGTAO BEER」 (945円) 

(青島ビール) 

苦さとキレが個性的で

普段は好んで呑まないのに

中華には、やはりこのビール

 

 

前菜5点盛 

 

 

横からも

 

 

斜めからもパチリ

えーえー

個室ですから

他のお客様の目を気にする事無く

撮り放題ですw

 

 

 

「牛フィレ肉の揚げ物 香味ソースかけ」 

カリカリに揚げられたお肉は

スナックのようで

芳しいタレがからまり

ビールがススム品

 

 

「特別な豆腐料理 麻豆腐 

(緑豆と豚肉の炒め)」 

豆腐ようの様な

ねっとりまったり深い滋味

さぞや日本酒にも合うだろうと妄想したり

かなり好きな部類です

 

 

「中国の精進料理」 

人参セロリのナムル風

サッパリ

 

 

「鱈の揚げ物 香味ソースかけ」 

ホロリ柔らかなの身を一口サイズで

 

 

「蓮根のはさみ揚げ」 

サクサクの蓮根

上品な餃子餡といった感の餡入り

これは、また食べたいな

 

 

「サッポロ黒ラベル」(小瓶945円) 

店の格式のせいか

個室のせいか

グラスのせいか

美味しさは何時もの5割増し

 

 

「アサヒ熟撰」(小瓶945円) 

こちらも同じく

やはり贅沢な時間は素敵です

 

 

 前菜5点盛その 

 

 

「牛フィレ肉の揚げ物 

香味ソースがけ」 

全体的に揚げ物が多いような気もしますが

どれも一口サイズで

しつこくなくいただけます

 

 

「鴨肉と海老のすり身の揚げ物」 

お正月にいただく

のし鶏みたいでもあるのだけれど

中華ならではのスパイス使いが絶妙

 

 

「セロリと海老子の酢和え」 

甘酢漬け

セロリの癖が美味しさに変換

 

 

「北京豚バラ肉の燻製」 

こっくり甘辛味

ビールにもあうけれど

紹興酒にあわせてもgood!

そんな訳で

「 紹興陳年花彫酒古越龍山10年」(250ml 3675円 ) 

カラフで×2

呑み過ぎかしら・・・ アセアセ

 

 

「海老の錦糸玉子揚げ」 

プリップリの海老

からりと揚がった錦糸卵が軽やか

 

 

前菜5点盛その 

「骨付き豚肉の甘酢煮」 

スパイスに半日漬け込み甘酢で煮た

スペアリブはコラーゲンたっぷり

「椀豆餅の揚げ物」 

椀豆餅とはグリンピースを

乾燥させて水で溶いて

フライパンで焼いたものだそうで

それを重ねて切って揚げてあり

機会があれば

焼きたてのクレープ状の物も食べてみたい

「北京風豚バラ肉の燻製」 

 

 

北京風豚バラ肉の燻製

皮付き豚バラ肉

ジャスミン落花生の皮

燻製にしたそう

お好みでタレをかけて

 

 

「白菜の芥子漬け」 

辛さ控えめ

口の中をすっきりリセット

「翡翠豆腐」 

甘くないずんだ餡といった感じかしら

緑々しくほこほこ

 

 

「北京風オマール海老の炒め物」 

 

海老の美味しさを最大限に

引き出した火入れ

輝きのあるとろりとした餡が

極上で

御飯にのせて

御替り三杯ペロリといけそう

 

 

そんな美味しい御飯は

「魚沼産コシヒカリ」 

(写真無し)

との事

美味しいはずです ニコニコ 

 

「海老と魚の浮き袋の宮廷風スープ」 

 

 

細切り筍海老 

そして

コラーゲン効果期待大

透き通るような澄んだ美味しさ

 

 

「北京風ヨーグルト」 

 

 

酸味のある発酵食品かと思いきや

ゆるゆるのミルクゼリー

何でも食感がヨーグルトに似ていることから

この名前になったとか

 

 

マイルドな中国茶で〆

 

 

 

個室なので

存分にリラックスして楽しむ事が出来

手が込んだお料理は

どれも流石に美味しく

洗練されたサービスは

心地良く

大人の食事会としては

最高峰の食事時間です

 

会食で使うのも

良いけれど

時には

贅沢に自分への

ご褒美に

訪れるのにも良いお店で

オススメです

 

 

 

匆蛤 中華料理 / 六本木駅麻布十番駅乃木坂駅
夜総合点★★★★ 4.0

B食店情報
・店名 : 匆蛤據覆譴いさい)
・ジャンル : 中華料理
・住所 : 東京都港区六本木6-12-2 六本木ヒルズけやき坂通り 3F
・TEL : 03-5413-9561
・営業時間 : ランチ11:30〜15:30(LO13:30)ディナー18:00〜23:30(ラストウォークイン20:30)
・最寄り駅 : 東京メトロ日比谷線、都営大江戸線 六本木駅下車徒歩1分
・キーワード : ミッシュラン二つ星、六本木ヒルズ、全個室、高級中華、楊貴妃
B食店ページへ

2011年2月25日(金曜日)
[ 07:10 ] [ 朝ごはん ]
   
 

[ 関連したBlog ]

 

『朝ごはん』  

 

◆  トマト鍋 

(国産伊勢海老・真鱈・牡蠣・白子・豆腐

白菜・玉葱・えのき茸・シメジ茸・椎茸)

 

◆ カンパーニュ 

 

◆ MIGNARD(ミニャ−ル) 

スパークリング・ワイングレープ100%ジュース 

 

 


 

 

 

昨夜のブイヤーベース

影響されて

今朝はトマト鍋 

作り方は簡単

玉葱を炒めて

ベーコンブーケガルニ 

白ワイン日本酒

無塩野菜ジュース 

コンソメかあればフィメドポワソン

お好きな具を入れて塩胡椒 

 

 

 

むふっ!

佐野プレミアムイタリアンから

購入したお味噌がたっぷり

国産伊勢海老も入れちゃったし ハート

 

 

これまた好物の

大粒の真牡蠣でしょ

朝から

我ながら贅沢ぅ キラキラ

 

 

バジルを添えて

お好みでチーズ

 

 

ルブランのパンと一緒に

 

 

ワインにしたいところですが

それは週末の楽しみに

今朝は

葡萄のスパークリングで

MIGNARD(ミニャ−ル) 

スパークリング・ワイングレープ100%ジュース 

でも、これ

かなり本格的 キラキラ

 

 

 

ふぅー

朝からお腹一杯

鍋と言えば

あの時の鍋も凄かった キラキラ

夜はご飯を入れて

リゾットにするか

パスタと絡めて

食べるか悩むわ

 

 

 


 

B食店情報
・店名 : 佐野プレミアムイタリアン(さのぷれみあむいたりあん)
・ジャンル : テイクアウト・お取り寄せ
・住所 : 栃木県佐野市大橋町3198−6
・TEL : 080-6579-6135
・URL : http://sano-pi.com/
・友人・同僚 / デート / 接待 / 宴会 / 家族・子供 / 一人
B食店ページへ

2011年2月24日(木曜日)
[ 14:56 ] [ 東京都 ]
   
 

[ 関連したBlog ]


ワインを楽しんだ後は

何時もの

HappyKchan★★★ 

「小雪(ハイボール)」

気分を肝臓をリフレッシュ(笑)

 

 

お次は日本酒

「たてのい 純米大吟醸」 

上品な吟醸香

落ち着いて

ふくらみのある味

瓶詰め後、3年4年経て

ピークはまだの感

うーーん

やはり

「たてのい」旨いわ

【HappyKchan★★★】 

では完売いたしましたが

自宅にあるのは、もう少し

寝かせておうこうかな・・・

 

 

「お通し三点盛」 

「薩摩揚げ・煮物・炒め物」 

 

 

今宵は

サプライズで

お誕生日ケーキ登場

 

 

こだわりの銘酒を揃える

日本料理・天麩羅 あら川

オーナーの誕生日を祝って

Kchanとパチリ

おめでとうございまーす 笑

 

 

 

そんな訳で

この日は4軒梯子

 

お疲れ様でした♪

 

 

 





 

B食店情報
・店名 : HappyKchan★★★(はっぴーけいちゃんほしみっつ)
・ジャンル : 居酒屋
・住所 : 東京都北区中十条3-22-1
・TEL : 03-6676-7921
・営業時間 : 19:00〜23:00(LO)
・定休日 : 不定休
・最寄り駅 : JR東十条駅徒歩5分、十条駅徒歩8分
・キーワード : オレンジ色で統一されたお店。ハイボール美味。日本酒の品揃え良し
・友人・同僚 / デート / 宴会 / 一人
B食店ページへ

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ