記事
[ 総記事数:2920件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年11月30日(金曜日)
   

プレゼント用にクッキーを焼きました。

ドライイチジクが入った、ソフトクッキー。

見た目はちょっと悪いけれど、手作りならではの素朴な味。

喜んでくれると、いいな。

2007年11月27日(火曜日)
   
 

今日は、友人といっしょにおしゃべりタイム。

・・・とくると、向かうべきはやっぱり、おいしいお茶ができて雰囲気もいいお店。



そこで、やってきましたのはcapian coffee。

 


 



こちらはコーヒーの卸問屋さんの直営店で、コーヒーの味は保証付き。
店の奥の部屋には、大きな焙煎機があります。

ヨーロピアンテイストの大変よい雰囲気の店内。

中庭や店内の吹き抜けには木々が植えられ、グリーンに囲まれた居心地のよさはこだわりのカフェならでは。


世界各国から34種類ものコーヒー豆を仕入れているので、フレッシュな状態の良いいろいろな種類の豆のコーヒーを飲むことができます。

ポイントは、メニューには一つ一つの豆の種類に酸味・苦味・コクの表がついていて、味の特徴が分かりやすくなっているところ。

初心者にもおすすめですね。


本日のオーダーは、カピアンブレンド

コーヒーカップは、ノリタケ。友人のカップも柄が違うけれど、このような上品なカップが使われていました。

 

初めて訪れるコーヒー店では、まずオリジナルブレンドをオーダーして、味の傾向をつかむのが王道。

驚くべきは、コーヒーのいれかた。

まず、コーヒーカップが伏せられてテーブルの上に運ばれてきます。

コーヒーは?と思うと、まもなくスタッフの方が一人分ずつの小さなサイフォンをお盆に乗せて持ってきます。

そして、テーブルの上のコーヒーカップを取り、目の前でサイフォンからコーヒーカップへと注ぎいれてくれます。

なんとも上品な演出です。

お茶請けには、クッキーが付いてきました。

カピアンコーヒーはフレンチローストでさっぱりとした苦味のある上品な味でした。



さて、おいしいコーヒーには、おいしいスウィーツ。

オペラ 

 

それと、

ティラミス 

 

ケーキを頼むと、アイスクリームと生クリーム、フルーツでかわいらしくデコレーションしてくれます。

甘すぎず、しつこすぎず、上品な軽い味わいで、コーヒーの味を引き立ててくれました。 




男性一人では入りにくいかもしれませんが、友人とゆっくり過ごしたいときや、一人で読書を楽しみたいとき、ちょっと上品な時間を楽しみたいとき、おすすめできるお店です。

あ、分煙がされていないので、そこだけがちょっとネックかしら。

B食店情報
・店名 : capian coffee(カピアンコーヒー)
・ジャンル : カフェ・喫茶
・住所 : 茨城県ひたちなか市津田1949-11 
・TEL : 029-354-6333
・営業時間 : 10:00?20:00(L.O 19:30)
・キーワード : コーヒー自家焙煎/軽食・ケーキ
・友人・同僚 / デート / 一人
B食店ページへ

2007年11月24日(土曜日)
[ 21:51 ] [ 魚を食べよう ]
   

夕食準備中の到来物


ボタン海老と

イカ

お知り合いの漁師さんが、時々、揚げたての魚を届けてくれます。

食べた後に写真を撮ったから、この3倍量はありました。

今日はお昼にご馳走イタリアンを食べたので、雑炊と肉豆腐の軽い夕食のつもりが、ぴちぴちのお刺身つきの豪勢な夕食になりました。

感謝感謝。ごちそうさまでした。

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ