記事
[ 総記事数:2942件 ] [ RSS2.0 ]
2017年9月13日(水曜日)
[ 04:36 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


南米のスタイルを意識できてきたという考え方と

そうではないという考え方。




その頃ガクソンはサッカーで悩んでいた。
好きなサッカーなのに、やりたい事が見えて来ない。

そこは新狭山。
とあるサッカースクール練習に誘っていただいた。






VS FUTURE @新狭山

フューチャーと呼んだらいいのだろうか。
とある恩人の運営するサッカースクール。






対戦相手で会った事もある子もいた。
結果や競争じゃない、サッカーの楽しさを思い出したくて。





こっちはキレキレ。同じサッカーなのにのびのびしている。
南米系の教えで始めたサッカーを思い出したかな。


若きコーチの経歴もスゴい方。
この大会のピッチにもいたんだとか。



ガクソンは高学年の練習に参加。
結果出したい焦り、プレッシャーから開放される時間。




何か忘れていたんだよね。
サッカーが好きなのに、練習も好きなのにってね。





忘れていたこと、それは自分のスタイル。
ヒトに合わせる器用さが、見失っていたもののヒント。



勝手にピッチの端っこで遊んでしまう。
ハルイシーもいろんなヒントを持っている気がする。






今日も出会いに感謝だね。


「ドリブルで勝負できるサッカーがしたい」
この日からそんな言葉を発するようになった。




ガクソンのこれから進むサッカーの道。
自分でやりたい方向を見つけていけばいい。

強いチームと自分を高めること。
難しくて両立しない2つのテーマに気付いただけでいいんだよ。




将来に繋がるいい出会い。

いい予感しかしない出会いに感謝したい。