記事
[ 総記事数:2859件 ] [ RSS2.0 ]
2017年3月25日(土曜日)
[ 05:41 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


肉は仕入れると安上がりであるという考え方と

そうではないという考え方。



食のエンゲル係数はシビアな問題の中
我が家は肉を仕入れる事を選択している。

その目的は一つ。
食べることがトレーニングであるという教えから。




ここは自宅。
親にとって都合のいい肉の晩餐が始まる。





エスカレート家肉 @自宅

牛肉だけに留まらない。
羊(ラム)だって焼いちゃうのが一族流。






トレーニングと位置づけるからには
記録に残すことも重要な要素。





記録に残すのは、サッカーチームの取り組み。
アプリで体調、体重、食事を報告して変化を共有する。





賛否両論あることは間違いない。
でも、親が食を意識していくことが重要。




大事な事は、子供が食べたいと思ったものが
何から作ったものか、作られただけのものかを知る事。





子供が欲するものが米、野菜の素材であること。
その素材を親が選定したものであること。





過敏になる必要も無いとは思うけれど
無意識なレベルで食を向き合うかとが必要だと思う。





よく食べてよく寝る事。
「お腹空いた!」で始まる朝が健康の第一歩だと思う。