記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年10月9日(月曜日)
[ 05:51 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


これがいい機会だという考え方と

そうではないという考え方。




いよいよ、分岐点がやってきたよ。
何せ、数日間ログインできない症候群。


食べた記録を書き連ねるというだけのライフワーク。
記事も約3000件、約10年になろうとしている。







反則寿司 @某所

あえて銘打つとしたら
いずへいのうまいもん日記 〜思春期編〜 かね。



食べたいものを食べたい時に食べる幸せ。
忘れられそうな事を、本能的に書いていく。





サッカー三昧の一族の毎日だけど
食べることがカラダを作ることに間違いないからね。





いい機会だし、顔出しのことも考えてみるか。
カワイイって言われる年齢でも無くなってきてるし。



長も50肩に負けずに書いていくけど
食べることがどこまで発信できるかはわからない。






でも、食べることは健康の証。
そんな気持ちで、カラダに気をつけていくけどね。





あくまでも一族の終着点は世界制圧。
そんな家族の記録のスコアラーになりたい。




で、このブログで出会ったたくさんの仲間たちに
食のプロとして、発信することも使命だと思っているから。







どうぞ、新しい引っ越し先でも
宜しくお付き合いのほど、お願いします!



2017年10月8日(日曜日)
[ 05:07 ] [ ハルイシー一族 ]
   


人間にはふた通りの考え方がある。 



餃子というよりも焼売に近いという考え方と 


そうではないという考え方。 




神保町には宿題をたくさん残しているものの 

どうしてもココが空いていれば行かずにいられない。 


そこは神田の古書店街。 

前ほど並ぶことも無くなったのかもしれないお店。 




 


スヰートポーヅ @神保町 


黄色い風情が今でも変わらない。 

この町は新しい感覚に違和感がある町。 


 



 


何のお店かがわかる必要性。 

地元よりも、一見さんが多くなっている証拠だね。 



 


メニューも至ってシンプルに。 

迷うまでもない、何個食べるかの判断。 


 


 


 


決して早くできるわけでもない。 

ただ食べたい、そういう人に応えるお店。 



 


敢えて包みすぎない方法。 

変わった形状、これが記憶に残るのかね。 



 


隣の女子2人が大皿(16個)をシェアでビール。 

昼からの贅沢な使い方もこれなら納得だよね。 




餃子はラー油。 

そんな概念を壊せるならおすすめだと思う。 



2017年10月7日(土曜日)
[ 04:03 ] [ ハルイシー一族 ]
   


人間にはふた通りの考え方がある。 



びっくりするのはメニューの大きさだという考え方と 


そうではないという考え方。 



子どもたちがハンバーグに目覚めた。 

その理由は、「柔らかい」から。 


そこは川越。 

この看板を素通りできないカラダになってきた。 




 


びっくりドンキー @川越 


入りやすいロードサイドも好得点。 

ファミレスの中では、男の子向けかもしんない。 




 


とにかくでっかいメニューがやってくる。 

昔はコレが話題になってこともあったのさ。 



 


そして、眠いクセに食べたいっていうし。 

寝ることと食べることを両方準備している顔。 


 

 


 


 


チーズハンバーグにみそ汁をつける。 

あえて米は外して、眠気対策をとる6年生。 



 


目をつぶって食べるってある意味、芸でもある。 

たまにイタズラしたくなるんだけどね。 



まあ見栄張って300gとか注文せずに 

普通の大きさで注文したから、良しとするか。 





そんなこんなで夜も更ける。 

帰りの車中は爆睡だったことは言うまでもない。 




2017年10月6日(金曜日)
[ 05:45 ] [ ハルイシー一族 ]
   


人間にはふた通りの考え方がある。



湯沢で2軒目の居酒屋利用であるという考え方と


そうではないという考え方。




この辺りの居酒屋レベルは相当高い。

そんなポテンシャルも最近知ったけど。


そこは越後湯沢。

祭りの夜に訪れた居酒屋がある。





 


一二三 @越後湯沢 


夜はこれから夏祭り。

宴の隙間ならいいですよ、って入れていただく。




 


ささっと食べて帰るからね。

子どもだからって嫌がらないお店に感謝。




 


ガクソンは冷や奴で何とかなる。

早くいただけるもので処理していく。




 


いずへいには生かき。

これで我が家に平和が訪れる。





 


へ〜、天ぷらも美味しそうだね。




 


あんたか!

天ぷら定食チョイスする2年生も珍しいでしょ。





 


 


ここから急に豪華絢爛。

新潟って刺身が美味い、そんな勉強をしにきた。





 


 


いくらに油揚げとか。

シンプルだけど、どれも美味しいね。




やはりこの辺の居酒屋のポテンシャルは高い。

もっと、観光地として賑わう必要があるね。




 

 


外は神輿で賑やかになってきた。




 


年に一回の街のお祭りにも参加できた。

そんな思い出作りも家族サービスの一つ。





旅で街のイベントに参加する。

子ども達は毎日お祭りしてると思ってないか。



そんな不安も旅ならではってことでいいのかもしれないね。


 


 


 


 

2017年10月5日(木曜日)
[ 05:13 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


この日、関東は豪雨だったという考え方と

そうではないという考え方。



一族で毎年恒例の湯沢ツアー。
関東大会直前だったので、迷いもあった。


お盆の休みが確定したので
天気予報は良くない中、イベントを強行。






家族のBBQ @湯沢

川の水も冷たいし、流れも強いから泳ぎは無し。
川の周辺で遊ぶ川遊びに変更。





今年のイベントはさんまとトウモロコシでスタート。
向こうに映り込むのは、一族の遊びの天才。







穴子も焼いて、海老も焼く。
魚介は多いね、穴子は研究の余地があったけど。






やっと登場した牛肉がTボーン。
子供たちは全然興味を示さないけどね。




今年の収穫はピーマンの焼き方。
ピーマンは丸ごと焼く、種も含めてかじるのが美味い。

でっかいシシトウだと思えば、本当に美味しいと思ったね。






肉と穴子と丸ごとピーマン。
年に一度のやりすぎの贅沢、悪くないね。





ニンニク焼くなら、国産のやつを丸ごと。
子どもがハマると食べ過ぎるから注意が必要。






子どものツボを狙うならこの組み合わせ。
餅とバターコーン、ここでもコーンが来る。






骨付きのリブロースで満腹になった大人たち。





ほぼ貸し切りで遊び疲れた二人は電池切れ。
これで親としてはノルマを果たしたことになる。




ガクソンも来年は中学生。
こんなイベントがいつまでできるかわからないけどね。





子ども達に思い出として刻まれたらいい。
これだけ焼くことも、家族サービスだってことだからね。









前のページ | B食LOGトップ | 次のページ