記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
2017年9月2日(土曜日)
[ 05:16 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。

 
先生がここでアルバイトをしていたという考え方と

そうではないという考え方。



一族にとっては、困った時の助け船。
その割にいつもテンション高く過ごせる場所。

そこは某所。
顔見知りのスタッフから意外な情報をゲットした。



 



ポポラマーマ @某所


メニューなんかインプットされてるくせに
一応、メニューを見るフリなんかしちゃって。






このお店には、名前を呼んでくれる顔見知りのスタッフがいる。
「学校どこ?あの学校の先生で働いてた人がいるよ。」






そんな社交辞令のやりとりでわかった事がある。
その先生が、ガクソンもお世話になっていた方だったという事実。






世の中って狭いね。
お世話になった先生がここのスタッフだったなんて。




いろんな出会いがいろんな場所で繋がっていく。
子どものうちだけじゃないか、そんな経験できるのって。





大人になったら、大きくなったねって言われないし。
他人(失礼!)と、話して盛り上がる機会がなくなるからね。




 

朝ランでも、すれ違う人に挨拶しようって
高学年になると、自然とやらないし次男はもっとしなくなる。


でも、そんな普段の挨拶が人を繋いでいくんだね。
大人になってからの発見も多いものだと感じた長だった。