記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
2017年8月7日(月曜日)
[ 06:23 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


浦和レッズに夢を持つ時間も僅かであるという考え方と

そうではないという考え方。




ガクソン、ジュニア世代のサッカーも集大成。
憧れのレッズが現実になる世代になってきた。


ということは、プロになりたいっていう夢も
どこかで覚悟を持って決断する時が来る。







Jユースセレクション @レッズランド


夢を掴もうとする6年生が集まってくる。
言ってる事が甘くないことくらいは分かっている。






挑戦する資格があるんだからやってみる。
やって損するなんてことはないんだからね。





こういう場所で緊張はしなくなった。
そういう経験だって、必要なものだから。





本人曰く「思ったプレーができた」と言う。
ガクソンの今の課題はここにある。





自分で出来たと思う事が、人からは
そう映らないことの現実を埋めなければいけない。



(画像はガクソンの応援に来たハルイシー。)


大変なことだと思うけど
サッカーが好き、それだけでは通用しない世界だから。


ただし、まだ終わりじゃない。
ここがピークじゃないことを信じて応援するよ。