記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年7月31日(月曜日)
[ 06:35 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


外でいただく焼肉はここだけになってきたという考え方と

そうではないという考え方。



定期巡礼したいお店もSANKYUはじめいろいろ。
いずへいの仕入れレベルの発注で、行く機会がない。

そこは浦和。
外食の肉ならここと決めたお店がある。








胡八 @浦和

手づくリの感じがたまらない。
カッコつけてない、だから肉が美味い。






おつかれプロテインで肉を待つ。
外食ってこれが醍醐味なのかもしんない。






子ども達もワンドリンク。
今時、つぶつぶオレンジが飲めるっていいよね。





ご飯と海苔とわかめスープ。
我が家の焼肉の3種の神器。








カルビミックスと追加禁止の牛タン。
カルビはこれで1,990円、これで子供は完結。






オイキムチって辛いの苦手な子供でも
きゅうりが好きなら食べてくれることがある。






長専用のホルモン。
これをもくもくさせながら食べるのがいい。






スープが美味しいお店はクッパも美味しい。
そんな発見をしたのもこのお店だった。




焼肉たべたい、言い出しっぺなのに
肉を一切れだけでエンジョイする人。






こどもは遊ぶ事の天才。
遊び時間が少ないから、落ち着いて座る事もない。


子供らしい時間が少ないことも承知のうえ。
夏休みはその辺も充実していこうじゃないの。









2017年7月30日(日曜日)
[ 04:36 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


大むらはダイムラーではないという考え方と

そうではないという考え方。



読みにくい名前なら平仮名で表記すべき。
ただ表記方法によっては勘違いも起こる。

そこは梅ヶ丘。
身内の仲間達が愛する系統のお店に来た。








中華料理大むら @梅ヶ丘


高級住宅街の地下にある。
地下ならやっていける、そんな地価事情。






価格もいわゆる街中華。
毎日の事だからシビアになる部分。





こういうアメニティって最近ないね。
子供の頃の床屋さんの待ち時間のお供。







街中華と言えば半チャンラーメン。
不健康戦う男の共通項になりつつある。






飛び抜けてどうってことでもない。
満たされるという意味では合格点。





半チャンには濃いめを求めてしまう。
パンチが無いとボケちゃうから、塩味は必須。





レストランっていう自覚がどうかは別として
安定感と安心感が欠かせないんだと思う。






ただし記憶に残りにくいことも
ここで書き加えておく。



ダイムラじゃなくてオオムラで
大村じゃなくて大邑なのかもしれないね。






2017年7月29日(土曜日)
[ 06:33 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


中華軽食の軽食の意味がわからないという考え方と

そうではないという考え方。




ここを思う度にお店のスタッフを思い出す。
人生の大先輩だけに、心配ではある。



そこは某所。
この看板の印象だけは若手のホープ。





大勝軒 @喜多見

昼時間よりも若干早めに。
並んで待たないんなら99%行きたいお店。







この期待通りの見た目。
人生晩年になって、欲する贅沢。





中華鍋で茹でる麺がいい。
ただし問題は量、少なめコールもあるっぽい。







丼に収まらないなんて
野暮な突っ込みには寛容に対応する。





そう、こっちが受け入れればいい。
そんな小さいことも、アトラクションと考える。


このエリアでは、わざわざ行くお店だから。






2017年7月28日(金曜日)
[ 05:01 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。
 

ここに来ると青春の匂いがするという考え方と

そうではないという考え方。



キャンパスって画版のことじゃない。
大学をそう呼ぶみたい、知らないけどね。

そこは某大学。
かつて吉田秀彦がいた事でも有名。





某大学 @明大前

今さら隠す必要もないけれど 大学生でもないので、
一応謙虚にレポ。





時間ハズレの学食って穴場だよね。
近所にあるなら絶対使うべきだと思う。







テーブルにも皿にも色気はない。
そういう需要ではない、目的は腹を満たす事。



 



これがワンコインでお釣りがくるなら
何も文句を言う必要もあるまい。






今日はカレーでいいや、そんな存在だけど。
こういう素早さがカレーの良い所だと思っている。



カレーって奥が深い割に
マーケットに限界を感じずにいられない長だった。





とか言いながら、また行くことは言うまでもない。




2017年7月27日(木曜日)
[ 05:41 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


いつどこで撮った画像かわからないという考え方と

そうではないという考え方。



毎週のようにサッカーに明け暮れると
いつどこの画像かわからなくなる。

何か近所で食べたりすれば
思い出せるけど、ヒントなしではちょっと厳しい。






ハルイシー練習試合 @不明

画像を漁っても、鼻をほじる彼の姿。
いつも通りすぎて、何のヒントにもならない。





雰囲気的に荒川の河川敷かもね。
相手が強いかどうか、記憶にないけど。






ハルイシーにとってはあまり関係ない。
いつも通りのプレー、そんなスタイルが出来てきた。






敵に囲まれたって振り切るからね。
破れかぶれで蹴り出すなんてこともない。




「ゴールしたら20円ちょうだい」
2年生に因んで20円、ブタの貯金箱に入れるんだって。


それで励みになるならいいじゃないの。
目標は高い方がいからね。






前のページ | B食LOGトップ | 次のページ