記事
[ 総記事数:2887件 ] [ RSS2.0 ]
2017年5月19日(金曜日)
[ 06:35 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


ここはもっと流行らせたいという考え方と

そうではないという考え方。




一族には常宿的に集う焼肉のお店がある。
ヒトが来たらここでもてなせば、ハズレはないと確信。

そこは地元、浦和。
ハルイシーのいない夜に肉をいただきに来た。







胡八 @浦和

ガクソン、サッカーの練習帰り。
スポーツ帰りの焼肉、子供には贅沢な流れだね。





座ったらタン塩を注文。
最近仕入れを控えてるって言うから早めにね。





オイキムチだったら子供も食べられる。
辛いきゅうり、そんな意識で食べられる。





ごはんが来る頃にいずへい到着。
3人で外食って珍しいパターンだよね。





わかめスープも外さない。
寝てしまう前にひと通り、有無を言わせない。




カルビミックス (3人前) 1990円


これでほぼ満たされる。
子供連れだと本当に助かる盛り合わせ。





ホルモンは長の独占市場。
ぼーぼー燃やしながら一人で食らう。





オトナはカルビクッパで炭水化物。
ココ、スープの系統も相当高いレベル。






平日は空いてるし、地元の穴場でしかない。
我が家の肉事情のせいで、子供が肉って言わないんだよね。


肉を欲する生活。
そんな子供に育てていくことも重要なのかもしれない。