記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
2017年5月11日(木曜日)
[ 06:39 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


温泉卵は温度卵と言われる事もあるという考え方と

そうではないという考え方。




温泉卵がそう呼ばれる理由。
定かではないが、温泉で作るっていう話でもない。

いつからか、半熟に茹でたヤツがそう呼ばれる。


そこは某所。
駅直結の場所にあるお店。





リンガーハット @永山

時間ハズレでも学生で賑わう。
そういう需要も意識するべき立地。





一番下にある「温度卵」。
初めて聞いた単語、でも意味はわからないでもない。






餃子は中国から渡ってきたもの。
日本のぎょうざ、違和感よりも定義が迷走する。




じゃあこんなの。






餃子15個でランチを満たしてみる。
嫌いじゃないけど、初めての試みでもある。






コメと餃子。
これって日本代表なのかもしれない。




小振りな餃子を昼にいただく。
ここがちゃんぽんのお店であることは忘れている。





からしを見てから、ふと思い出す。
ちゃんぽんのお店のぎょうざに回避するランチ。




こんな使い方も学生ユーズに必要。
大胆な攻めの必要性を感じた長だった。