記事
[ 総記事数:2887件 ] [ RSS2.0 ]
2017年5月9日(火曜日)
[ 06:38 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


しびれだって味覚を左右できるという考え方と

そうではないという考え方。



香辛料でしびれを強みとして捉えていくのか。
みんなが好きとは言えないメニューじゃなくてもいい。


そこは西新宿。






三田製麺所 @西新宿

ピントを合わせられない腹減りっぷり。
店頭でコレだけぶれるってのもいいよね。





ほほう、痺れっていう選択肢があるのもいい。
しかも反転、実際どうだったっけ。





この粉とスープの色でご理解いただければいい。
想像以上にしびれるっていう、尖ってるね。






麺の揃い方にもある一定のこだわりがある。
こういうこだわり、覚えるかよりも伝わるかどうか。






つけ麺、ジャンルとしては否定できない。
今年の夏も相当お世話になりそうな予感。



季節の痺れを思い出すために
ココを使って見る事も必要なのかもしれない。