記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
2017年5月3日(水曜日)
[ 05:54 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


2年生のコミュニケーションが異質であるという考え方と

そうではないという考え方。



ハルイシーが子供携帯を待ち始めた。
メールが子供らしくなくて驚きが多い。

「うるせー、いうことをきけばいいんだ」とか
ネタとはいえ秀逸なメールがくるんだよね。





マンガ含め、本が大好きだから
ボキャブラリーが豊富すぎて、対応に困るんだよ。






今日も家ごはんのお話。
特に何かあった訳じゃない、でも肉を食らう。








エスカレート家肉 @自宅

肉を塊で食らうことにする。
塊にするだけで、豪華絢爛な食事になる。





子ども達には栄養のバランスを考える。
9割野菜、合間に肉を頂くペースで。






片付いたところでオトナの番。
ほぼ肉、そんな夕飯があってもいい。





いい感じで焼けてきたよ。
焼き目がついてたら少し休ませる。





こういう感じでいいんじゃないか。
脂身は長の分、赤身をいずへいとシェア。






我が家は食事中に寝たら立たされる。
食べ終わるまで座る事が許されない。




行儀は悪いかもしれない。
けど、食べることもトレーニングだから。


疲れていても真剣に食べる。
親としては全面的にバックアップする。





そんな生活、もっとハードになりそうだ。
小さいけど、体重がつけてスタミナつけなきゃね。