記事
[ 総記事数:2803件 ] [ RSS2.0 ]
2017年3月11日(土曜日)
[ 06:36 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


料理は発想力であるという考え方と

そうではないという考え方。



一族は食事を記録に残している。
食トレなんて取り組みで食事管理をしている。


そこは自宅。
ハルイシーが料理したいって言い出した。





いずへいと同じことは長にはできない。
男らしい料理なら教えて上げられるよ。





今日の晩ごはん @自宅

作ることにはスゴく興味があるみたい。
じゃあ簡単なやついってみるか。





キャベツとじゃがいもをワイルドに切る。
子供用の包丁ってあるんだよね。





手羽先に塩ふって放りこむ。
じゃがいもも放り込む。




あとは目一杯キャベツを入れてフタをする。
火加減弱くしながら蒸し焼きにするだけ。





キャベツがくしゃってなったら完成。
簡単だけど、塩加減だけで何とかなる。





いい感じでしょ。
おつまみ的な見た目だけどね。






出来上がる頃には睡魔に襲われる。
初の料理を口にすることなく、終わってしまった。


でも料理したいって気持ち、大事なことだよね。




もうちょっと大きくなったら
肉も焼けるように、教えたるからね。



シンプルでワイルドな食事だけど
手際がよければいい、そんな感覚。


料理って深いんだよね。