記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
2017年3月9日(木曜日)
[ 06:43 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


この周辺、楽しみで仕方がないという考え方と

そうではないという考え方。



四川、上海いろいろあるけれど
ホントは違いがわからない長だったりする。

そこは御茶ノ水。
雰囲気バツグンの街中華に出会うことができた。






上海飯店 @御茶ノ水

この通りの価格破壊っぷりはすごい。
平均して800円アンダーかもしれない。




750円の椎茸ソバがどうしても気になる。
椎茸が主役になれるなんて、なかなかないよね。




くたくたな感じは嫌いじゃない。
しゃかしゃかする鍋の音が信頼を呼んでいる。




ちゃんぽんの類と言ってもいいんじゃないか。
スープの味よりも、これでいい味が出ている。




掘れば掘るほど椎茸が出てくる。
見せない美学、そういう考え方もある。





麺の向こうには昼飲みのサラリーマン。
紹興酒のボトルキープ、そりゃダメでしょ。






いろいろつまみにもなりそうだし
こういう大人な飲み方も学ばなきゃいけないね。