記事
[ 総記事数:2830件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年12月31日(土曜日)
[ 06:53 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


このヒトの存在が大きすぎるという考え方と

そうではないという考え方。




一族では、存在が大きすぎるヒトがいる。
それはお婆ちゃん、長といずへいが仕事に没頭できるのは彼女のおかげ。


そこはいずへいの実家。
お婆ちゃんの誕生日をお祝いする日がやってきた。








いろんなわがままを聞いてくれる婆ちゃん。
婆ちゃんとコンビニ行くのが大好きなんだよね。





長は普段、数百円しか持っていないと思っている。
だから何でも買ってくれる婆ちゃんとコンビニに行く。





そんな婆ちゃんをおもてなし。
美味しいものいっぱい作って、みんなで集まる。





従兄弟たちの面倒を順番に見てくれる。
だからみんな婆ちゃんが大好き。







いつまでも元気でいてもらわなきゃね。
婆ちゃん来ると、宿題サボったりできるからね。




クリスマスも近いし、ココは派手にやっておく。
子ども達の腹黒い見返りも目当てになりつつある。






お婆ちゃん、誕生日おめでとう!!


そんな理由があってもなくても
いつもお世話になってるから、年に一回賑やかに。







婆ちゃん、こんな子ども達ですが
これからも宜しくお願いします。






〜〜2016 ご挨拶〜〜


皆さん、今年も一年ありがとうございました。
子ども達は勝手に大きくなっております。

露出を減らす日も近いかと思いますが
それまでは、一族の成長記録を記していきます。

食べたいものを食べたい時に食べる事のできる幸せ。
そんな食の楽しみが、誇るべき文化であることを伝えていきたい。

勝手な配信内容ではありますが
新年が皆様にとって、良き一年になることを願っております。


長より






2016年12月30日(金曜日)
[ 07:01 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


ここも定期巡礼したいという考え方と

そうではないという考え方。



一族にとって、素通りできないお店がある。
場所とかメニューじゃない、人の感性がビンビン伝わってくるお店。

そこは淡路町
こういうお店こそ、長く生き残るお店であってほしいと願う。







決してオサレ感を過剰に演出しない。
もともと酒の倉庫っていう考え方。




ワインホール神田小西 @淡路町

来るなら予約した方がいい。
来るなら絶対カウンターがいい。





バーニャカウダってセンスだよね。
お!って思わせる感性が大事。


野菜だって丁寧に焼いてくれる。
それを見ているだけで楽しくなれる。






こんな簡単なやつにもセンスが光る。
ちゃんと魅せて食べてもらおうって心意気。




4人くらいでいろいろ食べるといいね。
今回は大食いキングも無理言って同行。




このくらいなら数秒でなくなる。
肉に目が無い人がいると助かるよ。




この自家製ハムがすごくいい。
これだけ持って帰れたりしたらいいのにね。





物足りない大食いキングにはオムレツ。
さすがに愛のない追加がばれてご立腹だったけど。





いっぱい食べて、しこたま飲みたいニーズには
もっと注文を過激にしないといけないね。


長ももっと食べる量を増やしていいかと思える体験だった。
今度は飲み仲間たちも連れて来たいね。



2016年12月29日(木曜日)
[ 06:55 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


黄色い看板が目印でもあるという考え方と

そうではないという考え方。





最近、海苔が高騰しているなんて聞く。
特にブランドになり得ない海苔が高騰している。

そこは代々木。
黄色い看板が目印の海苔のお店がある。






らすた @代々木

看板の説得力がすごい。




外で券を買って中に入るシステム。
決して高くないのはリーマンの味方。




こういうアトラクションも豊富。
学生が多いお店なのも特徴かもね。





さあ、期待通りのやつがきた。
光のせいかもしれないが、海苔が黄色く見える。




海苔の原料不足で黄色くなっている。
流通しているのが、こういうものしか調達できない。


お店の方々もこういう事情と戦う。
業界の泣き所も受け入れていかなきゃならない。




ありがたく頂きたいって思う。
前に食べたよりも価値を感じた事は言うまでもない。




前は袋とじなんて言ってたのにね。





2016年12月28日(水曜日)
[ 09:07 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


写真には気を使うという考え方と

そうではないという考え方。



ガクソンの電撃移籍があったこの秋。
あまりにも無計画な急転直下だった。

そこは地元。
5年に秋には新人戦が始まる。





平日は週に二回、電車で一時間かけて練習。
当然、友達と遊ぶ時間も少なくなった。




と同時に、食事にも気を使うようになった。
コンディショニングに重きを置く、チーム方針に協力。



時間を大事にするようになった。
食べるという事に意識が強くなってきた。



そして強いクラブチームで戦うガクソンに
バックアップするって決めたんだからね。





新人戦 @地元

そして始まった新人戦。
ガクソンにとって初めての公式戦。




入ったばかりの強豪チームだから
スタメンで出られるはずもない。



これから仲間を増やして
チームの一員として認めてもらうしかない。





試合が決まりかけた途中出場で
目に止まるプレーを繰り返すしかないんだよね。





頑張れガクソン。
誰よりもサッカーが好きっていうだけでできること。


好きじゃなかったらできないことってある。
6年までの一年ちょっとだけどやってみようじゃないの。




2016年12月27日(火曜日)
[ 05:54 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


コレが普通に見えてしまうレベルに来たという考え方と

そうではないという考え方。





今年はいいとんかつと出会えた一年。
身近な食べ物だけに、優劣の目も厳しい。

そこは新宿南口。
コスパ高いとんかつ屋を思い出してみた。





とん竹 @新宿南口

オレンジ色が新宿で眩しく光る。





1000円アンダーで満たされるのはありがたい。
昼飯の選択要素はここにあると思う。





静かに待つ間もお客さんは来る。
ひょっとしたら相席かもってドキドキしながら。




とにかく手際がいい。
スタッフのコンビネーションの賜物とも言える。




若干揚がり過ぎなのかもしれない。
この加減って難しいんだろうけどね。





とんかつには山のキャベツがマスト。
キャベツを欲するカラダは健康な証拠。





コメの加減には相当こだわっていきたい。
どうしても色つやを見てしまうのがクセになった。




やっぱりとんかつにコメが大事。
値上がりが心配だけど、コメを愛する日本人でいたい。




キャベツとコメに注目する。
とんかつって奥が深いのかもしれない。




前のページ | B食LOGトップ | 次のページ