記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年10月31日(月曜日)
[ 06:38 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


終わりは始まりであるという考え方と

そうではないという考え方。




ガクソンの所属しているサッカーチーム。
2年生から思い出いっぱいのチーム。


サッカーとガクソンを出会わせてくれた場所。
来年6年生でどんなチームになるか楽しみでもあった。







(とある晩餐、タコライス)

本人にはもっと高いレベルでのポジション争いとか
練習しないと試合に出られない、そんな環境を与えたかった。





(とある晩餐、ゴーヤチャンプル)

そんなある日、クラブチームとの出会いがあった。
ガクソンはそこに魅了され、行きたいって意思表示をしてくれた。




今のチームの仲間のこととか
慣れ親しんだ場所への迷いとか、親にも思うところがあった。


ところがガクソン、一度言い出すとクラブチームしか見えてない。
むしろ、今のチームへの言葉を発しなくなった。






通うのも遠いし、平日も練習だからハードだよ。
でも、サッカーが好きっていう気持ちは揺るがないからね。






(一番右がガクソン)


この秋季大会が今のチームとの最後の思い出。
トーナメント戦、負ければ即チームから退団になる戦い。






ガクソンの決勝ゴールで1−0で勝利。
たった一度のワンチャンスで勝ちにつなげてくれた。




また一つ、ガクソンから感動をもらった。
次で負けちゃったけど、いい引き際だったと思うよ。






チームメートからは
練習着に寄せ書きでエールをもらう。


思い出の背番号10だった。
仲間の素晴らしさ、5年生ですごい経験してるよ。




さあ次はクラブチームに移籍して
新しいチームでポジション争い。




勉強との両立、大変だけど
親としても協力するよ。




でも頑張るのはガクソンだけどね。










早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね




2016年10月30日(日曜日)
[ 05:19 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


しばらくココで納豆食べてないという考え方と

そうではないという考え方。





新宿小田急ハルク裏の喧騒な路地裏。
激戦区なのか、ドミナントなのか微妙な路地裏。

そこは新宿西口。
お久しぶりの行列なしなお店がそこにある。






らあめん ほりうち @新宿


ここに来るって納豆目的だったこともある。
でも、今は違う。体調がいいことを確かめに来る。





迷った時は左上。
そんなラニキの想いを継承する都合の良さ。




座るんなら肉の前。
こんな写真、撮る方だって勇気がいるけれど。





肉まみれのやつ。
麺を入れる隙間が無いんじゃないかって思う事もある。






これで十分取れ高OKだけど。



少なめのこいつもセットだからね。
っていうか、これで少なめなのか。






今年は、本当によくつけ麺食べたね。
つけ麺だけなら、こういうタイプも悪くない。




通し営業なら、ランチ逃しの時にでも来るか。
って思いながら、実現しないのは昼でも座れるから。





空いてて良かった安心感。
これってお店にとっては、危機的状況じゃないかって。


余計なお世話も美味ければいい。
そんなお節介レポートになってしまった。










早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね





2016年10月29日(土曜日)
[ 08:03 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


何だか懐かしい気分になるという考え方と

そうではないという考え方。




子供の頃、初めて一人で行った飲食店。
それは田舎のハンバーガーショップ。

そこは西東京方面某所。
何年ぶりに行きたくなったハンバーガー店。







モスバーガー @某所

初めて出会った衝撃を覚えている。
美味い、正直に思える上質なレベル感。





作るまでに時間をいただく。
時間=価値感っていう定義もここから始まった(嘘)




ポテトだってMさんとは違うタイプ。
きちんと違いを表現していることは評価できるよね。





ノンアルです。
オトナになったらコレでビールもいいと思っていた。





衝撃の秘密はマヨネーズ。
肉とマヨネーズを出会わせたのは罪でもある。






ただ、バンズが小さくなってないか。
KFCもそうだった、こういう事情が世間を席巻する。






美味しい、そう思えるけど
手軽さと価格のバランスがあってこそ。




たまに行くならいいんだけど
そこまで頻繁な利用にはなり得ないレポになった。








早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね







2016年10月28日(金曜日)
[ 07:26 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


挑戦することに意義があるという考え方と

そうではないという考え方。




埼玉県はサッカーの盛んな街。
プロチームも2チームあって両方J1所属。

そんな街で憧れるのは必然の話。
じゃあ、少しそういうレベルにふれるのもいいかってね。







ジュニアセレクション @河川敷


日曜日、集合時間は19時。
もう寒くなる秋の夜、応援も体力勝負。





午前は試合、午後はチーム練習。
そしてチームから離れてセレクションへ。





ハードな1日だけど、サッカーなら平気。
日曜日のサッカー漬け、本当に好きだからできる。





なかなか結果につなげるのは難しいレベル。
今、全力で出来たからいいんだよ。


持ち帰って、何が足りないかを感じればいい。
そんな簡単な世界じゃないことも、来なきゃわからない。




もっと、頑張ろうガクソン。
好きな事なら、全力で協力するから。








文学に目覚めた次男も執筆活動。
この物語も世に出すことになるんだろうか。



いろんな可能性が膨らんでいる一族。
好きな事をのばせる環境だけは作っていこうと思う。






(画はいずへいのクッキー)

親としてできることはする。
本人が好きであること、それが続けていけること。







早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね




2016年10月27日(木曜日)
[ 06:38 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


開店前のDGRは伊達じゃないという考え方と

そうではないという考え方。



噂に聞いていたのに、実は地元の街なのに。
行けてない美味しいお店に行けるチャンスが訪れた。

そこは宇都宮。
ラ好き仲間達からの情報で来てみたよ。






一品香 @宇都宮

今日は日曜日、朝から雨。
なのに店頭には開店前からの行列。





続々と車が入ってくる。
すでにオープン直後の満席が確定。





ぎりぎり開店一巡目に入店成功。
ウチで開店の15分前くらいだったかな。





はい、長居しないので一杯だけ。
ちゃんと客単価にも貢献しております。





こんな超心的なサービス。
ゆっくりしていいなら、コレで飲んでいたい。





チャーシューメン 850円


なかなか丁寧なお仕事。
粗雑さなんてない、繊細な味が画でわかる。






いずへいはラーメン750円。
これで100円差、それならどっちを選ぶべきか。





あのつまみがわかっていれば餃子は3個でいい。
お店の方に無理言って持ち帰りさせてもらった。





ほう、ヤマサの上の方ですか。
マネする気もないのに、余計な情報をお送りする。






わざわざ行ってもいいお店。
そんな出会いに感謝したい雨の日曜日だった。








早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね







前のページ | B食LOGトップ | 次のページ