記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年6月30日(木曜日)
[ 06:42 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


いよいよキャンプの季節になったという考え方と

そうではないという考え方。




長にキャンプの楽しさを教えてくれたコレマンズ。
夏のイベントとしては、欠かせないものになっている。

そこは新宿南口。
一年中キャンプ気分なお店がそこにある。






Camp @新宿南口

どっちかと言えばキャンプとか苦手な方だった。
きっかけがないし、楽しみ方を知らなかったと言ってもいい。





これが40歳過ぎて、デビューの機会をいただいた。
そう、我が仲間のコレマンズのおかげでね。





いろんな事が規格外だってこともある。

それ以上に、子どもたちの成長記録に欠かせないイベント。
そんな位置づけになりつつあるイベント。





BBQカレーが気になる。
このお店、あちこち見かけてから足が遠のいている。







肉の塊、魂の塊。
肉は食材、でも物体じゃないと力がない。






(粉チーズ)
添え物とか、味付けとかよりも
塩こしょうでいただく肉の塊の醍醐味。




そんな魔法に取りつかれてから
大げさだろうと、BBQなら許されると思うようになった。


去年行けなかったから、今年は楽しみで仕方がない。
雨とか虫とか、アトラクションも含めてね。






それにしてもカレーの米って大事だよね。
最近、米のやっつけ感が気になって仕方がない長だった。







早く笑顔が戻りますように
あのゆるキャラみたいにね。





2016年6月29日(水曜日)
[ 06:34 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


○○だらけって、案外嫌いじゃないという考え方と

そうではないという考え方。





そこまで貝好きを自覚したこともないけど
浜焼きとかやると、の美味さに驚くことがある。


そこは新宿西口。
貝が得意なお店ができたっていうからさ。






三是 貝だらけ @西新宿


界隈には同系列店が立ち並ぶ。
1000円アンダーのちらし寿司がいいんだよね。




期待しちゃうんだよね。
ランチから貝がどんだけ食べられるのかって話。





なるほど、美味しそうではあるね。
でも何か足らないんじゃないか。




全体観は新鮮なおどんぶり。
何か忘れてはいないだろうか。





そう!ここはだらけじゃんか。
なんかちょっとだけじゃんか。






なるほど、だから鮮丼。
ってか、が見えるのは数える程度。






秘密はごはん。
あさりとごぼうの炊き込みだったっていうね。


オープンしたてのランチはじめました状態。
もう少し観察が必要なのかもしれないね。








早く笑顔が戻りますように
あのゆるキャラみたいにね。




2016年6月28日(火曜日)
[ 06:37 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


こんな名前のラーメン映画があったという考え方と

そうではないという考え方。





そういえば、旅にラーメンは付きもの。
出かけた先ではラーメン屋を探さずにはいられない。


そこは和歌山、紀伊勝浦。
良さげなラーメン屋があったから。







たんぽぽラーメン @紀伊勝浦

あっさり辿り着いたけど開店前だった。




直感的に何か美味しそうだ。
おかみさんに、「待ってて〜」なんて言われたっけ。





何にしようかね。





おっ!プロゴルファーも来たのか!


てか、プロゴルファーのご実家だったっていうね。
ってことはお店にいるのはご両親だった。




そんな話をしながら、いずへいの一杯。
はい、うちらは今日最初のお客です。






ラーメン作りながら息子の話をする店主。
たまに帰ってくる息子の話をするおかみさん。





ラーメンも美味い、それ以上にいい出会い。
応援したくなる、そんな暖かいファミリーとの出会い。






ほのぼのとした和歌山ラーメンのエピソード。






和歌山でもコンビニアイスでクールダウン。
これでいずへいのビールと割り勘が成立。



そして和歌山の旅のクライマックスに続くのだった。







早く笑顔が戻りますように
あのゆるキャラみたいにね。









2016年6月27日(月曜日)
[ 06:07 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


外のイベントくらい、子どもらしくしてほしいという考え方と

そうではないという考え方。





我が家が主催するサッカーチームが集うBBQ。
今年もコレマンズの精神注入していくよ。

そこは荒川河川敷。
朝から場所取りから始まるイベント。








彼にとっては関係ない。
兄ちゃんのチームの懇親会だからね。




いや大丈夫、結構堪能してます。






コレマンズ分会 @荒川


早速、火起こししながらガソリン注入。



コレから始まる物語。
トウモロコシってこうするのが美味い。





蒸し焼きな状態。子どもはみんな好きみたい。
周りの皮が焦げる頃にはいい具合。





子ども達がすぐに食べられるもの。
これで混雑回避しておく。





子供用に甘目のタレに漬けた鶏。
この辺りも計算通りの売れ行きだった。





美味そうだ、外だから尚更ね。





さあ、ここからアダルトタイム。





牛タン一本、今年は厚めにカットする。




タン元は厚めに、それ以外は切り目を入れて。
レアで焼いていただく牛タン。






今年初の試み、小腸の開き。
丸ごと一本、美味かったけど仕込みが大変だった。

煙で周りを威嚇するには丁度いいね(笑)






子羊も前日からマリネして焼く。




色目も完璧。
臭みがない、羊の偏見は炭火が解決。





大人のつまみ用の骨付きスパイシーチキン。
この手羽先、リーズナブルだし汎用性も高かった。





アクアパッツァで魚も摂取。
これをスパゲティにする、それがいずへい流。





BBQとか言いながら牛肉がないって?







もちろんあるよ、Tボーンステーキ。
ヒレとサーロインを同時に頂く作戦。






子ども達用のフレンチトースト。
大人も結構食べてくれていた。



あと画像はないけど焼きもち。

ボス!餅は本当にいい作戦だよ。







練習じゃない、プライベートなサッカーを楽しむ。
サッカーが好き、そんな気持ちをココで確認。




来たい家族が集まって
食べる目的で飲み物が持ち寄り。

子ども達は時間を忘れて
思い思いの時間を過ごす。




そんな貴重な時間。
コレマンズが教えてくれた魂。

これからも伝承していくよ。








早く笑顔が戻りますように
あのゆるキャラみたいにね。









2016年6月26日(日曜日)
[ 06:31 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


アジアでは蕎麦よりUDONが可能性があるという考え方と

そうではないという考え方。





立ち食いうどんチェーンのアジア進出。
蕎麦系も例外なく後に続いているとは言うけれど。

ここはとあるロードサイド。
アジアでは、うどんが集客してるっていう根拠なきウワサ。








はなまるうどん @某所

オレンジ色の憎いやつ。
今となっては死後なのかもしれない。






そうそう、わかめが高騰するっていうからさ。
希少価値があれば食べたくなる、それもミーハー心理。






どこまでが「まるごとわかめ」かはわからない。
美味しいわかめがリスペクトされる風向きなのか。






わかめが主役になる日が来るのかどうか。
うどんの乗ったわかめ、そんな日も近いのか。






揚げ玉が入るとグッと魅かれるビジュアル。
バランスが大事、入れ過ぎれば下品とも言える。







主役にはならないかもしれない。
けど、海水方面でも何かが狂いはじめているのかもしれない。

 




海苔も高くなるっていうからね。









早く笑顔が戻りますように
あのゆるキャラみたいにね。





前のページ | B食LOGトップ | 次のページ