記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
2016年4月27日(水曜日)
[ 06:39 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


おすすめされれば断れないという考え方と

そうではないという考え方。




スメシーズとしての一番の心得。
それは心から楽しむことである。

そこは地元。
近所の美味い店情報として口頭で拡散するお店。





まあ日曜の夜だからね。
待ち時間の過ごし方も大事な学習課題。





銚子丸 @地元

子ども達が相当来たがるのには理由がある。
普段の勉強の成果を試す機会。




5年生の作品。
「まぐろ4。」座る前から決めていたみたい。




ハルイシーは恥ずかしいと言ってみせてくれない。





なので大人はジャパンで静観。
やっぱり寿司なら日本酒でしょって。





入学記念、いつも通りのあら汁。
小さい骨とか、全然怖がることがない一年生。






5年生の「まぐろ4。」




茶碗蒸しも最近の好物。
本人にはデザート的な感覚みたい。








大人もそろそろ動き出す。




おまかせ5貫盛り。
こういうのに掘り出し物がある。










定番を攻めつつ





山菜の天ぷら。
揚げたて、そんなおすすめに乗ることも必要。






焼きたていかがっすか〜!





そんな声に賛同するガクソン。
こういうの、積極的に手を挙げられる。








お寿司屋さんのたまご焼き。
あっつあつをいただける、そんな価値もある。








長は巻物で仕上げに入る頃







いずへいは小さな丼をいただく。
こういうちょっとだけ、ニーズとしては正解だよね。



ちょっとだけ、もうひと皿な気分にマッチしている。






あとは行く度に増えていく皿の数。
これが重要な問題である事は言うまでもない。





まあ同級生と比較しても量は食べない方なんだよね。
ウチは食欲と睡眠欲が同時に発症するからね。








早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね。