記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2015年8月31日(月曜日)
[ 06:52 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


夏休みはコレがなければ天国であるという考え方と

そうではないという考え方。






夏休みって楽しいよね。
楽しむためにはクリアしないといけない問題がある。





それは





宿題。






油断すると夏休みの後半がこれで消費する。
子どもにとっては苦痛だよね。






なぜかハルイシーも応戦。
絵を描くだけならできるよってね。




さてガクソン。





今日も完全燃焼(熟睡)。



一日動いているせいか、止まると寝る。
まぐろと同じ習性を身につけてきた。





夏休みはいずへいのおやつ(甘食)も炸裂するし。





描けたって!?







何だコレ!?
これも上手だねって言うのか?







それを真っ黒に塗り尽くす。
開き直りにも見えるが展開が見えない。









いずへいのおやつ(二つ目)。








今度は何か削り出すガクソン。






そーか!







下地の色を絵で削り出すってことか。
そういえば小さい頃に描いたっけ。




睡魔と戦いつつもサッカー絡みで
なんとか宿題をクリアした。



あと、習字とか読書感想文とか
いろいろあるけど、楽しくすぎていってしまう夏休みだった。








2015年8月30日(日曜日)
[ 07:29 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


近場に出来た店になかなか行けないという考え方と

そうではないという考え方。





代々木にいい店ができたみたい。
なんて言いながら行けてなかった店。


がっつり駅前なのにすいません。





戸みら伊らぁめん @代々木




いろいろ情報はリサーチしていたけどね。






券売機もあるけどメニューもあるよ。
気まぐれな変更にも対応するのかね。


あ、連食用かも。(しないけど)





じっくり眺めさせていただきます。
新しい店のフワフワ感、嫌いじゃない。






戸みら伊らぁめん 730円



なかなかの美観。
バランスとか、色味とかトータルでいい。





シュッとした丼。
こういう感じ、こだわりと奇抜の紙一重。






トータルではいいと思う。
麺力もいい主張。



量的な物足りなさは否定できないけど
小さい丼で1000円くらいの設定。





生き残り方としては間違ってないんじゃないか。
次回は担々麺とかで攻めてみるか。







2015年8月29日(土曜日)
[ 06:52 ] [ ハルイシー一族 ]
   
 

 

人間にはふた通りの考え方がある。



冷やしの画像で夏を感じる様になったという考え方と


そうではないという考え方。




冷やしに会う機会が多くなっているけれど

夏が待ち遠しいほどのヤツに出会えていない。


おかげ様で情報はたくさんいただいているけれど

そこまでして食べたいかって言うとそうでもない。



というわけで、近場のマイブーム。



 

らーめんつけめん 昌平 @新宿 



とにかく安定のスルーインなのもココの強み。

ニ階席まであるから待たされることがない。



 

細麺ってやつを食ってみるかって

入ってから決めたのかもしれない。



 

もやしの安心感。

空腹時の一時しのぎにはたまらない。



 

辛冷やし 700円 



やっぱり助かる価格設定。


 

細麺とは言いながら主張はしっかりタイプ。

冷たく締められて飽きずにいただける。



 

お盆が明けて涼しくなったら

禁断のラ&チャ目当てで来てやろう。



まだまだ暑いです。

いずへいですら風邪を患ってみたりします。



油断せず、しっかり食って

健康第一で食いたいものを食っていこうと思う長だった。





2015年8月28日(金曜日)
[ 07:12 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


一度、至近処理で花火の爆発を見たいという考え方と

そうではないという考え方。




夏と言えば花火。
たまたま通りかかった場所で花火みると得をした気がする。


それが至近距離なら、なおさらだよね。






これがボカーンっていくんだよね。
って思うと近づけなかったり。








孫四郎そば @地元



夏はそば頻度が相当高くなる。
日本酒って意味では品揃えのいいお店。





おつかれちゃん。


使い古されたフレーズも、そばならいい気がする。



茗荷とやっこ。
こういうの、家で食うより店がいい。



こういう素朴さに、外食の割増し感が秘められている。
大げさかもしれないけれど、そう思う。





いずへい、早っ!





素早く夏の吟醸酒をゲット。
ここでしか味わえない夏がある。




じゃあそばでも。





ごまだれせいろ





普段いかないやつでさえ、夏が理由ならいい。
カラダが欲するものこそ、旬ってこと。





梅ぶたせいろ


今食わなくていつ食うの。
梅で食うそば、やっぱり夏だからね。



探してみると夏はいっぱいある。
小さいことで感じる感覚、大事にしたいね。




2015年8月27日(木曜日)
[ 05:34 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。



ワンタンが多すぎじゃないかという考え方と


そうではないという考え方。






長の最近の主な業務、それは名刺交換。

50歳を前にモテ期なんじゃないかと錯覚するレベル。



これがどうしても面白くない。

長にとっては必要のないコミュニケーションとも言える。






お互いの向こう側を意識しただけの関係。

ヒトの魅力を感じることなんて皆無な面識。



もっと響く仕事で日々を過ごしたい、本当にそう思うよ。






しばらく来てなかったね。

っていうか、目的もなくたどり着いた猛暑の代償。



 

広州市場 @西新宿 




冷やしでもいいのかって思ってる時点で

暑さに負けて食欲は半減している。



 


 

驚いたね、地下が涼しいっていう新発見。

寒いくらいの客席で意識を取り戻す長。


 

広州ワンタン麺 740円 



以外とリーズナブルだったんだね。

こういう目線で判断したことなかった。



 


 

とにかく埋め尽くされたワンタンの記憶。

ふえるわかめを初めて増やしてみた衝撃と似ている。



 

何事もバランスが大事。

麺とスープとワンタン。





具の多さが評価されることもあるけれど

そういう感覚を大事にしたい長にとっては評価にならない。





価格がリーマン目線で勝負していることは見直したね。

この値段なら、もう一回って思えるもんね。







家族のために生きているつもりだし

自分のために仕事に向き合っているけれど


響かない日々は時間の無駄だよね。

ヒトの出会いに感謝できる感覚だけは失わないように。





前のページ | B食LOGトップ | 次のページ