記事
[ 総記事数:2957件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2014年8月31日(日曜日)
[ 06:49 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。



ラーメン屋の店内は厨房の方が暑いという考え方と


そうではないという考え方。





九州弾丸ツアーの余韻が覚めずに新宿。

雨だけが心残りだったけどいい旅だったことは間違いない。


なら今度は北にも行かなきゃいけないし

離島も攻めようなんて水面下での計画がある中。


 

らーめん 北の大地 @新宿 



ベタだけど、こういうのもたまにはいい。

本場を知らないからこそ、騙され甲斐もある。



 

こういうのを見ると器を入れ替えてみたくなる。

いたずらがシャレにならないこともあるけどね。



 


そうか、とんかつ入りってのもあるのか。

って、ラーメンに入れなくてもいいんじゃないか。



っていうか、二人の従業員。

作る時以外は厨房の外で待機していた。


よほどサービス精神に長けた店かと思いきや

二人が楽しく内輪のトークを展開している。



 

みそらーめん 750円 



そうか、厨房暑いもんね。

だったら必要以上に入りたくないって気持ちもわかる。


 

店主?責任者?が入店した途端

二人はすぐに厨房内の定位置で直立不動。


それも不自然でしょ。

一部始終を見ている側としては罪悪感が否めない。



 

そんな出来事もなければ

鮭節のつけ麺も見てみたかったけどな。


うん、エピソードの記憶が強すぎて

味を一切記憶していないことも添えながら




もう行かないことは言うまでもない。

そこはいつも貴方の定位置であるはずだから。

2014年8月30日(土曜日)
[ 06:57 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


夏の旅には海が付きものという考え方と

そうではないという考え方。






九州ツアーを企画するにあたり
どうしてもやっておく必要があるイベント。



それは海水浴。

ガクソン、ハルイシーは多忙のため同行できなかったけど。








瀬会海水浴場 @大分県



やっぱり夏休みだしね。
ロングドライブの僅かな休息なんていずへいの配慮。




海ならではの出会いもあったりして。
海ってテンション上がるよね、なんて。






ま•ば•ら!!




そう、この日も台風が接近。



結構な大シケだったりする。


そんな中でもあきらめず進むいずへい。











来たからには堪能するルールを全うする。
ヒトのいない荒れた海って危険ですよ。







それにしても火サスな雰囲気。
波に飲まれたらなんて不安はあっても口にしない。







こんなバンガローを予約した方には気の毒だけど
晴れたら最高の夏の思い出になるんだろうね。




関東近郊の混みまくりのビーチに比べて
こういう海の楽しみ方もあるんだと実感。




荒れた海には気をつけましょう。

長の期待していた昼寝タイムはお預けとなったのは言うまでもない。



2014年8月29日(金曜日)
[ 06:35 ] [ ハルイシー一族 ]
   
 


人間にはふた通りの考え方がある。


九州ツアー初のラーメンは3日目でいいという考え方と

そうではないという考え方。



弾丸以上に飛び回る九州ツアー。
台風情報にも目もくれず走り回る。




別府に上陸。
雰囲気のある街だね。


そういえばラーメン食ってないね。
11時だし、どっか探すでしょ。




大分ラーメン 十八番 @別府


ポールのつもりが先客がいたよ。





すぐに店内がヒトで溢れてしまう繁盛店。


紅ショは自分で取りに行くシステム。
いろいろ繁盛の秘訣がある。





プロテインも準備できている。
つまみもいただけるありがたいシステム。




ラーメン 580円

こういう値段も繁盛の証。
ありがたい価格付けだよね。




麺面(めんづら)も九州モード。




十八番ラーメン 880円

値段以上の記憶に残るお店だった。
店内がホークスモードなのも九州ならでは。





こんな港のオブジェも記憶に残る。
別府の旅はまだ始まったばかりだった。
 


そういえば、ダメよ〜ダメダメってやつも

別府にフェリーで行くってネタだったかな。


 

2014年8月28日(木曜日)
[ 06:33 ] [ ハルイシー一族 ]
   
 


人間にはふた通りの考え方がある。


大分で寿司を食うなら佐伯に行けという考え方と

そうではないという考え方。





九州で絶対に食おうと思っていたモノ。
それは寿司。

関東とは趣きが違うなんて聞いていたからね。



寿司食うなら佐伯に行け。
佐伯に行くならココがいい、なんていずへいの嗅覚が、ね。





海鮮料理 つね三 @佐伯




ランチで賑わう店内。
カウンターではなくあえて座敷に座る長といずへい。





ワークマンの横でプロテインも申し訳ない。
カウンターの常連さんの空気を大事にしていたみたいだし。





寿司屋なのにうどん推しっていうね。




常連のほとんどがあじすしうどんセットって。 
じゃあ食べないワケにもいかない。









もう来たの!?
釜揚げうどんにごまだしって言う具を混ぜていただく。
 




おまかせ寿司!!

8貫の横に添えた甲殻類がとっても気になる。
関東ではあまり見かけないけど。




これ、パッチンって言うんだって。
決してたくさんではない身がなんだかありがたい。



ならランチでもいきまっせ。



ランチから火遊びできる旅の醍醐味。
さすがにカウンターの主人も気にしてたみたい。





大分まで来たんだから寿司屋で馬刺もいただく。
もう主人も出て来ちゃうよね。





昼からひれ酒ってどっから来たんだ?!


と、東京(近郊)っす!



ご主人の人柄にも触れながら
九州の寿司を堪能することができたよ。





デザートを二人前食べる長と
昼からひれ酒いただくいずへい。





関東の夫婦円満のあるべき姿を
ココの御主人が誤解してないことを祈るよ。



帰りにごまだしを持ち帰り。

発砲スチロールと保冷剤まで
急遽用意していただいたサービスにも感謝。



美味しい寿司と優しい人柄に
いい旅を演出してもらったことは言うまでもない。

 

2014年8月27日(水曜日)
[ 06:35 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。



夏バテは仕事の言い訳にしか使ったことがないという考え方と


そうではないという考え方。



長にも不調なことはある。

食欲減退したりするとか。あんまりないけど。



仕事がバタつきはじめると特にその傾向。

見当違いなヒトとのやりとりに振り回されるんだよね。


気持ちのないやつの

ボクやってます的な仕事に付き合いたくないからね。




そういう時はラに限る(いつも)

なぜか勝手に原点と位置づけているやつ。


 

凪 @西新宿 

 

お盆の最中の猛暑の真っただ中。

向きを考えずに撮ってしまうやる気の薄い長。


 

まあポールでもなきゃやってられないよ。

なんで夏ってワケもなくイライラしたりするのかね。


 

煮干しつけ麺 (中) 870円 


うん、いいね。

こうじゃなきゃいかんよ。


 

こいつが食いたいから来たんだよね。



 

元気もらえたよ。

俺のチョイスに間違いなかったね。


 

こんなの握りしめて凪めぐりなんて

そういう現実逃避もあったりして。



 

こちらこそありがとうってね。

人間食ってれば解決するってこともあるんだね。



 



次は冷たいラーメンでスタンプゲットかな。

2階がしばらく閉店ってのも寂しいけど大人の事情ってことで。


前のページ | B食LOGトップ | 次のページ