記事
[ 総記事数:2799件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2014年5月31日(土曜日)
[ 06:53 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。



思い出横丁って名前が浸透しないのは

それといって思い出がないからという考え方と


そうではないという考え方。



そう、長にとって東京で衝撃を受けた場所。


それは 思い出横丁@新宿。 



 

朝から晩まで酔っ払いが集い

何か空腹以外の欲求を満たしてくれる文化がそこにはあった。


そう、このお店もそう。

 

この元祖で天玉そばにネギいっぱいが好き、だった。


それがSHOW費税の騒ぎの頃から

天玉そばが400円に。



それだけならまだしも

「ネギ多めを廃止しました」だって。


増税を憎んで店を憎まず、ではあるけれど

やっぱり足が遠のくのは仕方ないよね。



なので路地で見つけたこんなやつ。


 

喜多方ラーメン坂内 @思い出横丁店 



なつかしい佇まい。

以前はあちこちでこの看板見かけたもんさ。


 

今となっては600円のラーメンも努力の賜物。

新宿なら特価と言えるかもね。


 


昔は麺2種類あったかな。

まああるなら迷わず太麺で。


 

ラーメン 普通  600円 


変わらない懐かしさ。

初めて食った時、すげー美味いと思ったもんだよ。


 

レンゲが引っ掛かる感じも

当時はセンセーショナルだったような。(何年前だ?)


 

素朴にいただくにはもってこいのやつ。

また行ってしまう雰囲気ありあり。


チャーシューが美味いんだけど

あれだけ薄く切る技術、逆に感心してみたりして。


 

いろいろアナウンスはあるんだけど

目もくれずにささっといただくのがここの作法かな。




あ、ここ

昔うなぎ屋だったとこだよね。


あー、うなぎ食いたいね(笑)


 


2014年5月30日(金曜日)
[ 06:37 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。



ご当地キャラで何かが活性されることはなくなったという考え方と


そうではないという考え方。



長の家にはハトも住んでいる。

そう、ドバトってやつがベランダに、ね。



動物好きな一族もハトだけは勘弁ってことで

防護ネットをベランダに取り付けた。




これで夜もぐっすり眠れるってもんだね。





今日はハルイシーの誕生日に来たってお店。


 

ワールドピッツェリア

コバトンカフェ @浦和 



何やら世界レベルを感じるエントランス。


とても役所の敷地内とは思えないレベル。


 


埼玉県のご当地モノに囲まれた

『JAPAN』の焼き窯にも若干の違和感はあれど。


 


ところ狭しとご当地キャラが飛び回る。

 

え?!鳩?? 

埼玉県民の鳥として「シラコバト」が重宝されている。 

 
 

 

この流れで鶏料理とかいっちゃう勇気も見たい気もするが(嘘)


 

ランチだし、こういうやつでね。

 


いや、本当にランチです。

これで運転はダメ、絶対。


 

また出たコバトン。

 

お子様ランチにアガるお子様の図。


 

 

生ハムとルッコラ 

 

 

ピカンテ 

 


サラダとドリンクついて1,050円はお得です。


 


ガクソンにはトマトスパゲティ。

好みじゃないらしく、半分は長がいただいた。


 

 

しっかりデザートもいただく子供たち。

こういうのを取り合って食べるのが印象に残ったりするんだよね。



普段手作りでがんばるいずへいにとっては

不本意かもしれないけど、子供ってそんなもんだよ。



なので、外デザートついでに寄り道。

 

ジョ○サンにも行ってやったよ。

 

子供にはママの手作りにも感動しつつ

こういう自由なやつがインパクト抜群だったりするんだよね。


子供にとっては得てして違うジャンルなんだよね。



なんでも美味しいって言える

一族はそんな外食シーンをお届けします(笑)


 


あ、鳩!

ベランダの鳩バトルもブログにいっちゃうか?(嘘)

「ドバト観察日記」とか(ホントに嘘)

2014年5月29日(木曜日)
[ 07:06 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


デゴイチと機関車は同じ意味であるという考え方と

そうではないという考え方。




子供って電車が好きなんだよね。
横川駅でこんなのを見つけた。




ポッポタウン @碓井峠




とにかくいっぱいの電車が立ち並ぶ。








んん、長には全くテンションが上がらない。
歪んだ幼少期を過ごしたおかげで電車に興味がないのが原因。



近くの人がデゴイチってどこだろ?って。
デゴイチがD51の意味と知らない年代ってのもあるんだね。


このヒト達の困る事。
電車を見に来たことも忘れてしまうこと。




こういうのとか


こういうのとか



そもそも電車のかけらもないし。






結構なスケールなんだけど
見るだけってのも子供には退屈なのかね。

じゃあこんなの乗ってみるかね。



トロッコ電車で峠を登ってみるかね。

ココから先には色々名所もあるみたい。

どこまで歩けるかわからないが
突然思いつきでハイキングを敢行することになった。


その模様は次回に続くのであった。



2014年5月28日(水曜日)
[ 07:02 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。



でっかい男になる素質は幼少時に培われるという考え方と


そうではないという考え方。




一族はチェーンでも通う店がある。

長はむしろチェーンにはとても興味がある。



条件は


 

わかりやすいこと!! 

酒は普通に飲めること!! 




某チェーンでワインをボトルで頼んだら


 

『量が多いですけど大丈夫ですか?』 



こっちが質問に質問をしたくなるスパイラル。

何故それを言おうと思ったのか、そこに興味津津。



でもここは別、だった。


 

ビッグボーイ @某所 



そう、大きな男になれることがコンセプトのお店(嘘)

これからの食べざかりには強い見方になる、予定だった。




理由は何と言っても

 

サラダバー(ライスも)がついて

 

ドリンクバー・スープバーがついて

 


ナイフ&フォークの使い方を学ぶことができること。





それがね、SHOW費税の影響なのか。




 

サラダバーはいかがですか? 

ライスはつけますか? 

スープはどうされますか? 

お子様セットだけドリンク付きですけどどうしますか? 



 

 

 

ええい、うるさい!! 

 

 

 



とりあえず飲ませろって事になる。



肝心な焼き加減に行き着く前に

息が尽きてしまうくらいの質問責め。


 


もりもりいきたい時の

質問責めって平常心ではいられないのが一族の習性。


 


 


こういうシズル感を楽しみながら

サラダバーを駆使してワイン飲んだりしたいのに


 

スープ飲む権利のある人と

サラダを食べる権利のある人と


 

何故か気まぐれでパン食べてる人と



なんだかいただくこっちが

誰が何を注文していて

どれが誰の分だったか思い出すこともできない。



その上、今までいろいろついてた値段が

バラバラになったおかげで割高に感じてしまう今日この頃。





売る側のエゴで陥りやすいスパイラル。


結局、ユーザーには何の印象も残らない虚無感。

今までの需要とこれからの仕組みを履き違えてるだけなんだけどね。


家族が、従業員の方々みんなが

楽しくなかったら行けないお店になってしまう現実。


再生を願って気長に待ってみようかと思う。

2014年5月27日(火曜日)
[ 06:20 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


旨味とは寝かすことの集大成であるという考え方と

そうではないという考え方。




すんごいやつにお招きいただいた。


そのお店は1周年を迎えた店だという。




@東京ホルモンズ 直系

ではなく




真菜 @湯島

の一周年にお招きいただいた。


席はカウンター6席。


大将との距離感を感じられる貸し切り。




いきなり贅沢に飛ばすいずへい。
長もちびちびいただきながら。



酔うと味もわからなくなるしね。
セーブするのは長だけのルール。



内蔵系なんてまさに直系を意識して(笑)



この串、美味かった。
ハマのご子息が喜んでたやつね。

食いっぷりはハルイシーよりも上かもね。







これ!!完っぺきなエイジング。
直系の座るタイミングを計ってのいい仕事。



これ、勉強したのか〜
オレも勉強に行かなきゃな〜





あ、ボケた。



いずへい、絶好調。





あ、またボケた。
イクラ嫌いのイクラ食う顔、撮れなかったな。



こういうセンスも織り交ぜつつ
貝好きのいずへいを意識したロスタイム。







いずへいは貝が好き?
いや、牡蠣を含むジャンルは全て受け入れるんです。



大将、ありがとう!ごちそうさまでした!!
一族は不定休の見方です!


ほおずきって子供が食べてもいいんだね。


自信に溢れる熱いやつをいただくことができた。
こういうこじんまりなお店、いいよね。


今後ともよろしくお願いします。




それと

ハマのみんな、いつもお気遣いありがとう。

牡蠣パといずへいカップ、やらなきゃね。

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ