記事
[ 総記事数:2912件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2012年11月27日(火曜日)
[ 09:15 ] [ ハルイシー一族 ]
   
 

一族は山岳合宿を兼ねて

ココファームワイナリー@足利に招待された。 

 

こちらはヌーヴォーばりにワインの収穫時期になると 

大勢で収穫を盛大に祝う、日本でも有数のワイナリーだと教えてくれた。 

 


そしてさすがハルイシー、専属のケータリングまで手配してくれた。



ローストぎゅうっっ


 

畑の幼虫?!



そして北の将軍ばりのどや顔!


そしてオバマばりのカリスマ演説まで



そして心臓破りの坂路トレーニングでは


ハードなトレーニングでガクソンがリタイアしてしまう。

 


そしてこれは去年のトレーニング風景


この山道、一般成人でも登るだけで膝がケラケラ言いだす道を

この兄弟、いとも簡単に上って駆け下りてしまう。


去年に比べスピードUPしていることに

将来本当に何かやってくれるんじゃないかと

思わずにはいられなかった。
 


しかしながら、地元の方との

優しいふれあいも欠かさないハルイシー兄弟であった。


 


 

 

2012年11月14日(水曜日)
[ 23:58 ] [ 家メシ ]
   
 

11月はイベントごとがいっぱいあって楽しいなん 

あ!酒飲みイベントね(笑) 

 

今年の我が家のヌーヴォー揃いました! 

 

ルイ・テットとルイ・ジャドは毎年恒例だね〜


そんなヌーヴォー抜栓晩ごはん

 

メインディッシュはローストビーフ

300gの肉を100度で45分火入れ

 

真鯛のアクアパッツァとゴルゴンゾーラのパスタなり

 

ワインが止まらなかったのは、いうまでもありません

って、いつもそーなんだけどね(笑)

2012年11月10日(土曜日)
[ 00:17 ] [ 家メシ ]
   
 

トリック オア トリート!

 

 

す、すいません。 

気を取り直して・・・・・・ 

今年のハロウィンは、カボチャのニョッキを作りました 

 

カボチャ正味 300gに対して強力粉120g

卵黄 1個に塩小さじ1/4くらいかな

作り過ぎたら油で揚げて砂糖をまぶすとおやつにもなるのでち

 

こちらが2012年の子供たち用ハロウィンディナーなり

帰宅遅いむっちゃんが、用意しておいてくれたハロウィンお菓子とともに〜

 

ニョッキはベーコンとズッキーニクリーム仕上げ

メイン皿は豚一口ロースのカツレツ トマトソースなり

 

気分盛り上げるために、100円ショップで購入した

魔女の帽子着用にてお食事(笑)

 

大人は

じゃじゃーーーん、ワイン

しかもノヴェッロ2種類なのよー

 

でへでへ。

広島産のムール貝もね〜

 

うふん

ごっきげーん!

2012年11月9日(金曜日)
[ 22:17 ] [ ハルイシー一族 ]
   
一族に伝えられる独特の言い伝えを紹介しよう。

最近、○ングブレスとかいう呼吸法がリスペクトされてるが

わが一族には遥か昔から精神統一方法としての 

呼吸法に着目し、今なお一族の習わしとして伝承されているのだ。 

 

ここで詳しくふれることが許されず、唯一ハルイシーから 

提供いただいた衝撃的な一枚がこれ! 

 

おそらく、真似しようにもできるものはいないであろう。 

中に何かが宿っているかのようにも見える。 

丹田に 『気』 を溜めているんだと教えてくれた。 


一族はこの境地に立てることを目指して日々トレーニングしている。


*************************************************************


さあ本題に入ろう。

この日はハルイシーが主催する秋のスポーツ祭りだ。

 

さすがハルイシー、お目当てへの配慮にも余念がないようだ。

 

ガクソンも背後から攻撃の隙をうかがうが

なかなか距離を詰めることができないようだ。

 

さすが人気者のハルイシー、権力者としてのコミュニケーションも上手になり

 

天覧相撲ばりのVIP扱いにも板についてきたようだ。

 

そしてレディを 手ぶらで帰らせない   

優しさも見せながら

今年の秋宴は幕を閉じるのであった。

2012年11月3日(土曜日)
[ 13:36 ] [ ハルイシー一族 ]
   
 

この合宿の報告会も終盤を迎え、いよいよトレーニングも  

最後のメニューを残すのみとなった。  

そのトレーニングの舞台は何やら大きなアリーナであった。  

 

ハルイシーの言うがまま、何やら重いボールを持ち  

遠くの何か色っぽい曲線を描く目標に投げつけるというトレーニングらしい。  

 

 

さすがハルイシー、自身の体重とほぼ変わらない球体を  

いとも簡単に投げ、遠くの障害物をなぎ倒すその姿は  

輪島のプロレスデビュー戦の相撲タックルを  

想像せずにはいられなかった。  


 


ガクソンもパワーでは負けていない。  

レインメーカーばりのヒールポーズも板についてきた。  


 


ひととおりのメニューを消化すると  

ハルイシーからの嬉しいご褒美にガクソンご満悦。 


 

長もしっかりいただいたことは言うまでもない。

 

そして最後の晩餐に選んだ舞台はここ  

蕎遊子 軽井沢店


 


 

蕎麦は十割というハルイシーの強いこだわりから  

信州そばをいたただくこととした。
 
 


 


 

 

なにやら難しい漢字の記されたプロテイン付き(内容は非公表) 

 

 

そして一族は日本の心を十分に堪能し軽井沢を後にした。  

 

帰りの新幹線での妄想用にもプロテインが用意されていた。  


 

が口をつけることはなく、妄想に没頭していたことは容易に想像できるが。  

 

この旅、合宿という名目でありながら日本の優しい心にもふれあい  


 

しかも搭乗後90分で帰宅できるという文明に感動を覚えながら  

また世界制圧に向けて歩き始めるのだった。  


  

前のページ | B食LOGトップ | 次のページ