記事
[ 総記事数:2830件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年10月31日(水曜日)
[ 14:18 ] [ イベント ]
   
BUJIさんが苗場から買ってきてくれた「越後もち豚」。
ブロックに塩をすりこみ、
低温でじっくりじわじわ〜っとロースト。

豚の旨みを感じる一番の調理法だと思っています。
美味しいお肉って、やっぱり脂身がおいしいなぁ〜

大さんが育てた唐辛子たち。
これ、みんな違う種類。

ちっちゃいのから、どでかいの。
かわいいお花のような形のものまであります。
そして毒に近いような激辛ちゃんも含まれている。
おそろしや〜
中にはかじれるほどの甘いのもあり。
ガクチマンでもだいじょーぶ!
大さんにはスパイスセットをいただき、
秘伝の調理法まで伝授してもらいました〜

写真を撮り忘れ、もぐもぐ食べてしまいましたが
レバーと砂肝のスパイス炒めおいしかった。
絶妙の火入れ加減とブレンド。
ありがとうございました!

この日は自家製酵母パンも焼きました。
●メープル食パン
●ハニージンジャーブレッド
おろし生姜と蜂蜜をいれただけ(笑)

パンのお供に作った、生ハムのムースが好評で嬉しい限り。

よく飲み、よく食べ、よく笑った半日でした。
大さんの息子チンはとっても笑顔がかわいかった。
ガクチマンも遊んでもらって大喜び。

飲みすぎて先に寝てしまったホスト役失格のいずへい夫婦。
Erisさん&BUJIさん美味しいお土産と
お片付けありがとうございました(笑)

では又来月やりましょーー!

[ 13:26 ] [ イベント ]
   
ひょんなことからスワガットの立役者・Erisさんが結婚を機にお引越し。
2駅隣のご近所さんになることが判明。
バンザーーイ!

ご近所なので、ぜひ我が家へ〜
ということで台風の中、ホームパーチー。
Eris&BUJI夫妻と共通の知人である
某大企業のスパイス専門家・大さんと息子チンが
遊びに来てくれました!

せっかくの機会ですから、今が旬の牡蠣をお取り寄せ。
信頼できるお友達である亀太郎さんに今回もお願いしました。

いつもたくさんの”オマケ”をつけてくれる、亀太郎さん。
今回は15個注文したのに、20個も入っている〜!!
ありがとう!!!!!!!!!!

ということで、牡蠣の殻むきからはじまった訳で(笑)

ホスト役だとなかなか落ち着いて写真が撮れないもので
今回もうっかりいろんな物を撮影し忘れた・・・

殻ぎっしりに詰まっていたプリプリの牡蠣ちゃん。
新鮮で旨みたっぷりなので、
シンプルにカボスを絞って。

くぅぅぅぅぅぅーーーーー、うまい!
Erisさんから
「トマトいっぱいのカプレーゼが食べたいっ!」との
リクエストをいただいたので、
フルーツトマトとブファッラと我が家のバジルでカプレーゼ。
こりゃあ、もう素材のよさがすべての料理ですね〜
「和服で蕎麦を愉しむ会」の第二回・和邑さんで
登場して作ってみたかった
蕎麦のガレットの鴨包みに挑戦。
鴨を焼くのでは面白みがないので、
出汁で煮てみました。
ちょいと煮すぎた・・・・(アハ)

八丁味噌ベースのソースを作って
蕎麦ガレットで巻くのは
●鴨煮スライス
●蕎麦つながりで、蕎麦の芽
●香菜
●白髪ネギ
●ラディッシュ
バルバリオフ会で、衝撃を受けたサンマのバロティーヌ
どうやって作るのかわからぬまま、
手探りで作ってみました〜

サンマの肝は裏ごしし、
卵黄・酒・みりん・醤油で味付け。
ラップで包んで一度蒸しました。
ふんわり蒸しあがった肝ムースを
三枚おろしにしたサンマで包み、再度軽く蒸す。
最後に強火でソテーして出来上がり!

バルバリのは丁寧にハーフカットされていたと思われるのですが、
ぐちゃぐちゃになりそうだったので、
我が家では豪快にどどーん。
ふろふき大根ソテーも添えました〜

2007年10月24日(水曜日)
[ 11:32 ] [ イベント ]
   
いよいよオーラス。

●海鮮リゾットチャーハン

どんなものが出てくるのか、
みんなで興味津々だったのです。
魚介の肝やらあれこれがふんだんに詰まっていました。

●トリュフ入りのソースのリングイネ

トリュフの香りがするものの
フライドガーリックが効いていて
庶民的な一品になっていました。

味は濃厚で、最後の最後にアッパーを食らった感じ。

●ヘーゼルナッツとリコッタチーズのケーキ
●ヨーグルトのアイス
●トーフのティラミス

どれもこれもおいすぃー。
満腹かつ大満足の品々でした。

この会には有名ブロガーの面々や、
著名な方もたくさんお見えでした。
会いたいなぁ〜と思っていた方たちに
お会いでき、本当に嬉しく思っています。

小池シェフ、完全にノックアウトされました〜
サンマのバロティーヌ作り方教えてーーーーー。

くにさん、どうもありがとう&お疲れ様でした。
ご一緒させていただいた皆さんも、
ありがとうございます。
また、近々お会いしましょう〜
2007年10月20日(土曜日)
[ 11:14 ] [ イベント ]
   
まだまだお魚料理が続きます。

●カツオのサラダ仕立て

トマトのように見えますが、
多分2色のパプリカで作ったソース。
カツオの鮮度のよさは
私の下手な写真でもわかりますよね〜
実はこの日一番感動したのがコレ。

●サンマのバロティーヌ

バロティーヌとは、牛や鶏肉などに詰め物をして、あぶり焼きにしたり、煮込んだりしたフランス料理のこと。
それがサンマ。
しかも巻いてあるのはサンマの肝。
もう絶妙の苦味加減と旨み。
おいしーーーーーーーーーーー。
上に載っているのは、ピリッと辛いクスクス。
下にはやわらかく煮て味付けした大根が。

感動だ。
家で作れないものだろうか。。。
チャレンジしよう。
●生ハムのサラダ仕立てピッツア

生地がモッチモチ。
中ほどにとろーりチーズが隠れています。

「実はひとつ多く作ってしまったんです」と
一皿多くいただきました。
どうやら非常に食べっぷりのいいテーブルだったので、
他テーブルの残り物やらもこちらに回ってきたんです。

えへへ、嬉しい(笑)
いよいよお肉料理に突入

●宮崎地鶏の炭火焼

たっぷり添えられたルッコラがアクセントになり
炭の香りとマッチしていました。
やはり宮崎地鶏ならではの食感。

横綱登場しましたーー!

●白金豚ロースのロースト

焼き加減がこれ以上ないほど、最高の具合。
脂身がたっぷりなのですが、
この脂が甘くておいしい。
ケイパーの酸味でしつこくなく、
ジューシーな脂身を存分に堪能しました。
[ 10:36 ] [ イベント ]
   
この日、ガクチマンの運動会。
初めての大きな行事ということもあり、
祖父母に実母、弟&彼女が集まってくれました。
当の本人、最近甘えん坊色が強くなり、
ママと一緒の障害物競走も「だっこぉぉぉ〜」と立つ気配すらなく、
仕方がないので、抱っこでいずへい猛ダッシュした次第で(汗)

昼前には解散となり、せっかくなので我が家で食事会。
前日から仕込んでおいた、料理でおもてなし。

画像はありませんが、
●サンマのカボスマリネ
●トマトのファルシ
●中華風おやき
●チャーシューとチーズの春巻き
●豚肉と野菜のロースト
●エビのトマトソーススパゲッティ

を作りました。
みんなでお酒をたらふく飲んで
5時間ほどの会も終焉したのは16:00過ぎ。

早起きしたのもあって、少々お疲れの私。
30分一休みして、出かけた先が
くにろく東京食べある記くにさん主催の東京バルバリオフ会!

前置き長いって!(笑)

30名という巨大オフ会です。
到着したのは開始時刻ぎりぎりだったため、
席はほとんど埋まっています。

誰に言っても信じてもらえないのですが、
人見知りの私。
大丈夫かしら??と
ドキドキしながら空いている席に滑り込むと・・・

佃の旦那さんやよしこさんや、
ソバリエのTさんや先日のオーグードジュールオフを主催してくれた
むーとん♪さんが。

いつものメンバーがそろった席となりました(笑)
料理は小池シェフにお任せのコース。
度肝を抜かれる絶品料理が次から次と。

お通しとして出されたのは
グジュイエールとほんのり甘いサツマイモの一口スープ。

これからがすごいのです!!

●地鶏白レバーのパテとラルド
文句なしにおいしい、
前菜としては最高のおつまみです。

●鴨フォアグラのパルフェのタルト
見てくださーーーい!このピンク色。
美しすぎる〜

フォアグラとサツマイモ?かぼちゃ?
なんかをあわせているようなペースト。


●松輪産真鯖のマリネ

いわずと知れた黄金鯖。
キラッキラ輝いております。
茗荷がアクセントになって、
さわやかにいただけます。
●メヒカリのカルピオーネ

カルピオーネとはイタリア語で酢油漬けのこと。
キャビアのようなとんぶり(笑)が
トッピングされています。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ