記事
[ 総記事数:2948件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2007年9月26日(水曜日)
[ 07:54 ] [ 家メシ ]
   
朝っぱらから、蒸しパンを作りました。

ガクチマンがモリモリ食べてくれるので
作り甲斐があるってもんです!

お芋とレーズンの蒸しパン*****************

小麦粉 50g
全粒粉 50g
ベーキングパウダー 小さじ1
卵 1個
砂糖 30g
メープルシロップ 少々
バター 15g
豆乳 50cc
サツマイモ 40g
レーズン 大さじ1
本日のお弁当。

●ナスの肉挟み焼き
●夕べのおでんダネ さつま揚げ・ゴボウ・こんにゃく
●ミートソース入り卵焼き


2007年9月24日(月曜日)
[ 16:39 ] [ イベント ]
   
ため息が出るほどに、美しい姿の天ぷら。

海老のカシラは味噌が入っていて、
お酒がすすむーーー。
遅くなりましたが、今回全員呑んベェだったため、
お酒の量がハンパじゃない(笑)

かたふね、雪中梅、久保田の千寿などなどが入り乱れ


ジューシーな鴨の串焼きに添えてあるのは、
この日、ソバリエのお二方がブレンドされてきたというMy七味。
配合にも好みがでますね


そして、満を持して登場したお蕎麦!
もちろん新蕎麦です。

甘みがあって、香りが詰まっていてこれぞ蕎麦!
という、最高のお味です。
あぁ、もっと食べたかった・・・・

ソバリエの皆さんたちの、蕎麦にかけるアツイ思いに
全員がグッと引き込まれた会でした。

お忙しいところ、ご出席の皆さんありがとうございました!
ホント、刺激的な一夜。
ご一緒できたこと、嬉しく思います。

記念に全員でぱちり。
当然ぼかしを入れていますが、
皆さんいい顔してますよーーー。
画像欲しい方、ご連絡ください。
最後になりましたが、
和服での会なので、当然「和」もメインのひとつ。

女性陣は、
美しく艶やかなお着物姿に
和柄のシャツ、漆のブレスに足袋靴下と
粋に和を表現してくださって、
男性陣も負けずと
作務衣や甚平、扇子に手拭いと「和」を意識してくださいました。
風情のある光景でしたね。
これは続けるべきだ!と深く思いました(笑)

ちなみに旦那さんは、和紙を使ったシャツに雪駄。
私は
黒のリサイクル着物にバラ柄の赤い半幅帯、
シルバーと黒の千鳥格子の帯締めに、
黒いバラの帯留め。
浴衣しか着られないものだから、四苦八苦しましたよ(汗)



B食店情報
・店名 : そば処 和邑(そばどころ わむら)
・ジャンル : 和食-うどん・そば・麺類
・住所 : 東京都豊島区雑司が谷3-12-3
・TEL : 03-3987-5136
・定休日 : 火曜日・水曜日
・最寄り駅 : 池袋駅
B食店ページへ

[ 14:29 ] [ イベント ]
   
めでたく第2回となりました、
「和服で蕎麦を愉しむ会」が22日の土曜日に開催となりました。

会場は、執筆中の雑誌「蕎麦春秋」で
初回に取材でお邪魔した池袋の「和邑」さん。
今回は、江戸ソバリエの皆さんもご参加いただき、
ものすごーーく、内容の濃いそして楽しい会になりました。

蕎麦のフルコース、サスガの品々です。
テーブルに並んでいた前菜は
蕎麦豆腐、芥子きりの揚げ蕎麦、野沢菜の漬け物
優しい味わいの絶品蕎麦味噌。
甘めの出し巻き卵に板わさ。

稲荷寿司じゃぁ、ありません!!
蕎麦稲荷。
お蕎麦の真ん中にはガリが入っていて、
これがアクセントになって抜群においしいのです。
皆さんから歓声があがった料理・その1。

蕎麦粉のクレープ。
(蕎麦の実が入っていたような?)味噌をぬって、
鴨・万能ネギ・キュウリ・サニーレタス・トマトを巻いて食べます。
蕎麦の香りがぷわーんと立つクレープに
ジューシーな鴨が最高。

一筋縄ではいかないご主人ならではの一品。

2007年9月22日(土曜日)
[ 10:40 ] [ ノンジャンル ]
   
やっぱり外せない、チーズナン。
とろけちゃいますよ、うまい。
いやぁ、ワイン2本目突入。

酔いに任せて
「チーズナンに合うカレーくださーーい」
と、面倒なことをいういずへい夫婦(笑)

登場したのはカストゥリチキン。
濃厚も濃厚。
カシューナッツがたたたーーーーーっぷり。
おいしくない訳がない。

さーて、そろそろシメにしますか(笑)

バスメティライスと
サグチキンとガダイパニール(だったような・・・)を。
お腹いっぱいだけど、口が欲しがるのだ。

ライスがなくなってしまったので、
もう一皿、今度は普通のライスを注文。
どんだけ食べるんだ、おいっ!



お店には我々の他にも
Erisさんのファンが集まりました。
ご一緒したみなさん、ありがとうございました!!

Erisさんの魂が入ったスワガットは
これからも素敵な店であり続けるでしょう

そして、しつこいようですが
Erisさんお疲れ様でした。
近々、一緒に飲みに行ってくださいね!!
B食店情報
・店名 : スワガット 六本木店(すわがっと ろっぽんぎてん)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都港区六本木2ー2ー2
・TEL : 03-3585-5251
・URL : http://www.swagat-jp.com/
・営業時間 : 11:30-22:30
・最寄り駅 : 六本木一丁目/溜池山王
・キーワード : カレー/北インド/サグ
・友人・同僚 / デート
B食店ページへ

[ 10:07 ] [ ノンジャンル ]
   
ケンチク者のkisshさんに連れられ、
江古田のスワガットに
行ったのは去年の10月末。

あまりの美味しさに、忘れられず
スワガットのオフ会に何度か参加しました。

スワガットがこんなにも素晴らしいお店になったのは、
オーナーのErisさんのお力だと、
様々な方が口にします。
とっても素敵な方で、とーーーっても気さく。
大好きです。

そんなErisさんがこの度、スワガットを卒業されることに。
慰労会を含めたオフ会には参加できなかったので、
お店に立つ最終日の15日、
「行きたい!!行きたい!!」とうるさかった(笑)旦那さんとともに
六本木店へ遊びに行きました。
まずばビールをグビッとやったあと、赤ワインへ。

「最近日本に上陸したばかりの
インドのワインがあるよ」ということで、注文。

一口目は「・・・」というくらいスパイしーな味。
しかし、インド料理と一緒に食べるとこれがなんと大変身!
「ウマイ!」

まずはカチュンパー。
スパイスたっぷりのサラダ。
おつまみに頼んだのはミックスグリル。

タンドリーチキン、フィッシュティカ、チキンティカ
海老と子羊のグリル、シスカバブと豪華。
そして、大好きなハラカバブ。
ほうれん草、グリンピース、ジャガイモが入っています。
ワインがすすむんだなぁ。
ジャガイモのカレーが入ったアルーパラタ。
写真だとナンのようですが、全然違う!
独特の風味がぽわわーん。
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ