記事
[ 総記事数:2707件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2017年1月23日(月曜日)
[ 06:41 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


駅二つだけで着いてしまうという考え方と

そうではないという考え方。




一族恒例の冬のおでかけ。
日本のなかなか行けない場所に行ってみたい。

そこは大宮。
ここから2駅でいける北陸がある。







大宮駅 @大宮


はい、出発4分前です。
これから何があるかわかってない二人。





目的地は富山県。
新幹線、長野の次は富山っていうミラクル。





旅の朝ご飯は当然豪華にね。




1年生が30品目バランス弁当。
コレを選ぶってシュールでしょ。





でもって、おかずだけを食べるっていうね。
コメに興味を示さず長に回って来た。






駅弁っていうとこういう感じだよね。
新幹線で一時間ちょっと、便利になった。





遠目の空に虹が刺さった頃




あっという間に富山に到着。
心配なのは天気だけだね。








って言っても準備万端。
備えは抜群、いずへいのファインプレー。





高岡関野神社 @富山


地元の神社に参拝。
ガクソンが鳥居の下でお辞儀してる。





北陸光臨のご挨拶を済ませる。
雨以外は順調なスケジュール。





ついでに日本三大〜〜にふれる。




@高岡大仏


雰囲気あるじゃないの。
駅周辺にも見るものはあるんだね。




旅にきたら出来る事はちゃんとやる。
楽しみ方も熟知する一族だった。




これから始まる珍道中。
この雨が旅の思い出に変わるってことで。






2017年1月22日(日曜日)
[ 06:27 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


このカレーならずっと食べていられるという考え方と

そうではないという考え方。




とにかくコメが消費できる食事。
これこそがソウルフードって思うことがある。

そこは某所。
どうしてもコレが食べたかった昼下がり。





ココイチ @某所

この看板に魅かれてしまう。
どうしても、手軽さに負けてしまうある日。





何人もで来るってほどじゃない。
時間がない時にさくっといく感じ。





飲む方も充実しているんだね。
揚げ物でちょっと、ってなることもないか。





揚げ物とかにあえていかない。
プールみたいなカレーが食べたかった。





しかも4辛とか課金して攻めてみる。
すくないルーで大量のコメを消費する。




空腹ならすごい量のコメを食べられる気がする。
一度、挑戦してみたい気がしないでもない。





ああ、食いたくなってきたよ。


2017年1月21日(土曜日)
[ 06:32 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


日替わりランチに魅かれたことがないという考え方と

そうではないという考え方。




長にとって街中華ってこれだった。
若い頃の利用頻度がそれを物語る。

そこは某所。
久しぶりに来ると、寂しさを感じるエントランス。






東秀 @某所


ここの餃子とライス、好きだった。
美味いからというよりも、安いから。





そうか、3時過ぎだったのか。
それでも中休みしない意気込みが好き。





一週間のランチを予告しちゃう方式。
と言っても、記憶に残らない方式。






はい、これで690円。
そうか、今日は水曜日だったのか。





まあコレなら許せるんじゃないか。
もっとパンチがあってもいいんだけどね。




こっちが見るからに残念。
もう少しなんとか見せ方があるでしょ。






おせちの予約も受け付ける年末。
色んな需要の可能性を感じるレポだった。





うん、昔はもう少し美味かったんだけどね。





2017年1月20日(金曜日)
[ 06:36 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


もう少し紅茶に踏み込みたいという考え方と

そうではないという考え方。



紅茶を飲む日常ではないけれど
深めていくと楽しそうな分野。


そこは国立。
紅茶の勉強会ができるからやってきた。






ムレスナティっていう分野。
これが国立のキーワード。




クニタチティハウス@国立

もっと専門店があればいいけど
どうしても広がりにくいマーケット。





カウンターでデモンストレーション。
その場で作るアイスティを勉強する。





キューブボックスとか
紅茶の葉っぱを売るっていう趣旨もある。



これがそれか。
頂き物としてはオサレな分野だね。




ガレットといただく紅茶のフルコース。
美味しい紅茶、もっと広げていけないものかね。




日々、コーヒーを飲み倒す長にとって
紅茶の可能性を考えさせられるレポになった。









2017年1月19日(木曜日)
[ 05:22 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


万馬券は人生をダメにするという考え方と

そうではないという考え方。




競馬がレジャーとして認知されたオグリキャップ世代。
長も流行に乗ってハマったこともあった。

そこは梅ヶ丘。
店主が競馬好きだろうなってお店がそこにある。






萬馬軒 花橙 @梅ヶ丘

まんばけん、の後の読み方がわからない。
新しいから行ってみようって、ミーハーな感覚。






以前もラーメン屋からの居抜き。
立地としては、バツグンな場所。






こういう味噌ってなつかしさもある。
男性的で、長の好みのタイプ。




魅せ方にはこだわりがありそう。
メニューも多くない、これで勝負したいって意気込み。





麺も黄色い太麺なら、いいんじゃないか。
夜中に食べたい、そんな分野かもしれない。




こういうアイテムも新しいかもね。
少しだけ女性的な要素も垣間見た作戦。






味噌と辛味噌でどこまでいけるのか。
もう一回見てみたい、そんなお店だったね。






前のページ | B食LOGトップ | 次のページ