記事
[ 総記事数:2589件 ] [ RSS2.0 ]
前のページ | B食LOGトップ | 次のページ
2016年9月25日(日曜日)
[ 08:11 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


夜のトイレにはゾンビが出るという考え方と

そうではないという考え方。





ハルイシーは夜のトイレに一人で行けない。
理由は「ゾンビが出るから」なんだとか。


ここは学生の街、明大前。
若者の胃袋を満たすお店があったから。







おばけ嫌いなクセにこういうのをチョイス。
これでまた一人でトイレに行けないって言うんだろうね。








麺屋すが田 @明大前

事前情報は皆無。
入り口から見える花で、新しそうっていう動機。






この辺り、色々と値段が良心的。
腹を満たすという理由だけなら、選択幅が多い街。





とか言いながら、本気の気配。
意外に労働者が多かった感じがする。






分かりやすいタイプだもんね。
中盛り、大盛りが同価格っていうのもニーズ。





特徴の尖りは感じなかったけど
肉体労働の胃袋にも十分対応できる。





これから来る機会が増えそうな街だから
カラダと相談しながら、徘徊してみようかね。






学食潜入とかも、ね。









早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね








2016年9月24日(土曜日)
[ 06:40 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


朝から行くべきであるという考え方と

そうではないという考え方。





最近、長はパンを食す機会に恵まれてきた。
米と麺、そしてパン好きなものが広がり過ぎている。

そこは朝霞。
朝から朝霞でパンを売る名店があるっていう。







アサカベーカリー本町店 @朝霞

朝の六時からやってるって言うからさ。
朝早くから、ひっきりなしに人が出入りしているね。





朝から全力でパンを焼いている。
朝から活気と人の往来で、撮影をためらう位にね。








いわゆる惣菜パンが陳列されている。
こういうお店、最近なかなかないからね。







食パンは売切れ必須、でも予約も可。
特特上とかもあって、一度は買ってみたくなるよね。







で、朝から車内でもしゃもしゃといただく。
パンに甘みがある、しかも重みがあるんだけどふわふわしてる。


日本人の好むパンっていう感じ。
ハード系とかじゃない、あくまでも食パンが研究されている。








で、トライアングルってやつ。
長は知らなかったんだけど、結構メジャーなんだって。


って、いずへいは言うけれど
実はこのエリアのソウルフードなんじゃないかと思っている。



それは次回までの宿題ってことで。






早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね









2016年9月23日(金曜日)
[ 06:44 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


そろそろ指導者との折り合いが大事という考え方と

そうではないという考え方。





ガクソンのサッカーも小学校高学年のステージ。
勝ち負けという結果に左右される生活になってきた。

そこは地元の河川敷。
公式戦で順位決定する二日間リーグ戦の日。








ガクソンサッカー大会 @河川敷


今日は二日目、初日からいい位置をキープ。
ただし強豪揃いだから、ココからが大事。





最近、ワントップのガクソン。
孤軍奮闘、敵に囲まれる事が多い。





シュートで相手のディフェンダーも逃げる。
ここからはこういう敵ばかりじゃない厳しい状況。










ワントップにはファールは宿命。
苦手のPKも克服してきたみたいだね。







フィジカルの強いチームが来ると苦しい。
ガクソン抑えるために、相手も厳しくマークする。










少ないシュートチャンスも枠に入らない。
技術も必要、コースを塞ぐ守りも立派。






ひょっとしたら勝てる、そう思ったみたいだけど
今日も相手は強かった。



これを忘れないことだよ。
何が通用して、何が足りないのかを感じてほしい。






未来のエース候補も、兄ちゃんの負けを焼き付ける。
同学年で勝てない敵もいるってことだよね。



負けから学ぶこと、それを忘れないこと。
小学5年生なのに、良い経験させてもらっているよ。










勝ちよりも大事なこともあるよね。





早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね









2016年9月22日(木曜日)
[ 06:42 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


この夏唯一の冷たい担々麺かもしれないという考え方と

そうではないという考え方。



この夏も暑かった。
暑いと店内の冷え方で注文が変わる。

そこは相模大野。
かつての生活拠点に、雰囲気のいいお店がある。






かなえ @相模大野


鼎って書くんだよね。
意味は調べておくよ。




結構、年期の入ったお店なのかもしんない。
頑張ってる感じはすごい出てる。






冷やし担々麺

そういうつもりはなかった、けど作戦変更。



麺の絡み方まで作戦されてる。
全体観も悪くない、むしろ上級者か。






具とのバランスと麺との温度感
実は上級者な予感しかしない。




普通のやつでいくべきだったかな。
暑さとコンディションが整っていればね。






これだけの厨房だからね。
ちゃんとど真ん中で攻める宿題の残るレポだった。








早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね





2016年9月21日(水曜日)
[ 06:41 ] [ ハルイシー一族 ]
   

人間にはふた通りの考え方がある。


ここで大勢の会合がしてみたいという考え方と

そうではないという考え方。






定期的なレポートがルーティンとなったお店。
日が空くと気になり出してしまうお店。

そこは地元。
しっぽり飲むんなら超おすすめな場所がある。






ブルチャーク @浦和

平日ならNO予約でも良さそうだ。




このお店、メニューが定期的に変わる。
全部制覇しようにも、短スパンじゃないと無理。





晩餐がはじまる。
料理の待ち時間も混雑してないから大丈夫。





金目鯛といわしのカルパッチョ パクチーのソース

カルパッチョにパクチー、悪くないんだよね。
ちょっとアクセント的なパクチーだから邪魔じゃない。





味噌漬けホルモンとせせりのアヒージョ


バルでホルモン、ありなんだね。
味噌でアヒージョってのも勉強。





ずわい蟹のおつまみかにパン パクチー添え 


で、今日のヒット。
やっぱりパクチーって流行なんだね。


それにしても本当に美味かった。
コレだけ食べていてもいいって思える。





リーズナブルなスペインワイン。
肉もいっとかないといけないね。





骨付きラム肉の香草ロゼ焼き 2000円

二人だと許容を超えている気もするけど
無理言って持ち帰る前提で注文する。






いずへいもたっぷり勉強する。
これが近所にあるってことが嬉しいんだよね。







恒例いずへいのエスカレート弁当にも
良いテンションで刺激が与えられる。




こういう気分転換。
自由な発想って、自分で吸収していくもんだよね。








早く笑顔が戻りますように。
あのゆるキャラみたいにね










前のページ | B食LOGトップ | 次のページ