記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2007年8月13日(月曜日)
   
Part1からのつづき
このお店は「オーストリア・フェア」とか「スイス・フェア」とか、けっこうマニアックな企画が催されます。
私たちが行ったときのフェアは「ストーングリルで焼き上げるオージービーフ&ラム」。MLA豪州食肉家畜生産事業団協賛ということで、なんだかよくわかりませんけど好物のラムがいっぱい食べられそうなんで行きました。8月いっぱいまでやってます。

ストーングリルという石釜で色々なお肉を焼いてくれます(写真1)。オージーラム(手前左)はパプリカ和えの分厚いお肉です。オージービーフ(手前右)もおいしいです。ポークネックのビールとクミン風味(奥左)はなんだか焼肉屋さんっぽいノリの一品ですが、コリッとした食感でなかなかでした。チキンウィングのガーリック風味もありました。ソースが充実しているのもここの特長。マンゴー、トマト、西洋わさびクリーム、オニオンマーマレード、和風と5種類も揃います。さらにローズマリーなどの乾燥ハーブも何種類か用意されているので、好みの味に仕上げることができます。
ラム料理は他にもありました!
ラムレッグのダッチオーブン焼き(手前右)、スモークラムとナスのコンフィ(手前左)、ラムシチュー(写真なし)など。ラムレッグはダッチオーブンごと出てました。おお、これがダッチオーブンか、と思いましたが、素人目には普通の鍋でした。
サーモンのオランデーズソース(ソースがかなりおいしい)、ロブスタームースと白身魚のスチーム・シャルドネソース(これもソースがおいしい)といったお魚系も充実。
お魚系といえば魚介のブレゼ(写真3)もおいしかったです。良質な具がいろいろゴロゴロ入っていて大満足の一品です。
その他には、グリルチキン、ポークカツレツ、本日のパスタ(ペンネのトマトソース)、さらに実演のローストポークなどがありました。

様々なお料理で思わず食べ過ぎてしまいそうになりますが、余力は残しておきましょう。このお店はこれからが本番です。
デザート
皆さんはケーキ屋さんでどれにしようか迷ったことはありませんか? できるものなら全部食べてしまいたいなんて思ったことはありませんか? この問いかけに思わず激しくうなずいちゃったりなんかしてませんか?! そんなあなたは迷わずここへ行きましょう。その名も「デザート・アトリエ」でその夢がかなえられます。
こんな感じで→
ズラリと並べられたホテルメイドのスィーツが食べ放題。しかも!
こんなものまであったりして→
食べてもいないのにオジサンは鼻血が止まりません。

チョコレート・ファウンテンはもはやスィーツビュッフェにおける必須アイテムとなった感があります。

スーパーの100円ケーキバイキングを遥かに凌駕する魅惑のスィーツ・ビュッフェはPart3で詳しくご紹介しましょう。