記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2007年4月26日(木曜日)
   
B星赤 B星赤……….(かなりおすすめ)

飯田橋にあるホテルメトロポリタン・エドモントのレストラン「ベルテンポ」のディナーバイキングです。当サイト初のディナーバイキング・レポートは、わけあって(下記参照)先日行ったばかりのお店に。ディナーともなると、さすがにランチより内容も品数も充実してます。食べすぎ警報発令まちがいなしといったところでしょうか。
※ランチ初訪レポは→こちら。ランチ再訪レポは→こちら

王冠蛇姫様の御言葉
「あとは帰って寝るだけね」

料金 4,000円(HP10%OFFクーポン有り)

アクセス&ロケーション 初訪レポをご参照ください。
ディナータイムは照明を控えめにして、ビュッフェ台の料理をライトアップさせるという演出。
なかなかムーディーです。

仔羊たちの沈黙
春は仔羊の季節。先日のフランス郷土料理バイキングでも食べましたが、他のお店も気になってネットでリサーチしてみたら、まだ行ったことのない都内某ホテルのディナー・メニューに仔羊を発見。電話予約の際、仔羊が出るか確かめてみると、折り返し連絡するとのこと。3分後にかかってきた電話の答えは「ございます」。で、それから30分後にかかってきた電話は「仕入れの都合で代わりに仔牛をお出しします」・・・って最初の電話はなんだったんでしょ。仔羊の代わりに仔牛じゃ、当日は小魚になりました、なんてことにでもなりかねなかったので、即キャンセル。再度のリサーチで、またまた都内某ホテルを発見。HPに仔羊ローストの写真があったので尋ねてみると「仕入れの都合があり、お約束はできません」・・・という紆余曲折を経て、最終的に「仔羊はフェア期間中、毎日お出ししております」と確約してくれたベルテンポになったわけです。

カニはどこカニ?
ここのディナーバイキングは、HPによるとタラバガニといった高級食材も出るとのこと。テーブルにハサミはセットしてあるし、隣の席のひとはすでにタラバガニにかぶりついてるし、よーし食ったると気合を入れてバイキング台へ行ってみると・・・タラバちゃんはどこ、どこへ行ったのタラバちゃん。あるのはズワイガニの山。その後、食べど暮らせどタラバガニは現れず、ようやく登場したのは食べ終えて席を立つころでした。こういうのって、食べ放題っていうんでしょうか。タイムサービスとアナウンスするとか、希望を聞いて各テーブルに配るとか、そういう形式のほうが親切だと思います。この日だけ「仕入れの都合」とやらで品薄だったのかもしれませんが、仔羊ではなくタラバ目当てだったら完全に肩透かしのところでした。
ここで一句。タラバガニ、食べ損ねれば、たらればガニ(字余り)。
料理
4月のテーマは「ワールドワイド・ブッフェ」。世界各国の料理が40種類とのことですが、洋食中心のメニュー構成です。全部は食べきれないし紹介もしきれませんので、ピックアップしてお届けします。まずは前菜から。

ベーコン・空豆・ショートパスタのサラダ→
春らしい一品です。
いわしのオイル煮と焼野菜のロックフォール風味ソース→

ランチバイキングでおなじみの4種類のカレーは1種類に減らされ、その空いたスペースにずらりと前菜が並べられます。
冷製ポークすね肉とレンズ豆の煮込み→

個人的にはこれが前菜ではピカイチでした。




鴨のコンフィとオリーヴのサラダ仕立て→
コンフィだけではなく、スモーク鴨も入ってました。

その他の前菜は、揚げ渡り蟹と甘海老のラヴィゴットソース・ココット入り、ノルウェーサーモンのマリネ、的鯛と野菜の白ワイン漬け・サスナード風味、チェプチュ韓国ピリ辛春雨サラダ、たこと帆立貝のマリネ・アンチョヴィ風味など。いろいろあって楽しいです。

メイン系とデザートはPart2で。