記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2007年4月10日(火曜日)
   
B星赤 B星赤……….(かなりおすすめ)

池袋にあるサンシャインシティ・プリンスホテルの「トリアノン・ラウンジ」のランチバイキングです。何度もお世話になっていた「パノラマ・ランチビュッフェ」が、残念ながら2007年3月をもってラウンジの営業終了と共に終止符を打ちました。感謝の気持ちを込め、その最終日に行ってまいりました。※前回レポは→こちら

王冠蛇姫様の御言葉
「復活を信じてるわ!」

料金 2,500円 インターネット予約割引で2,200円

※トリアノン・ラウンジは3月31日で営業終了。お隣のトリアノン・レストランは5月31日で営業終了。
今後の予定は未定とのこと。
アクセス
最寄り駅は各線池袋、もしくは地下鉄有楽町線東池袋。
詳しくはホテルHPを参照ください。

ロケーション
この日、トリアノン・ラウンジはスカイ・チャペルに変身していて、結婚式が行われていました。ということで、案内されたのはディナー・ビュッフェ会場のトリアノン・レストランでした。
店内中央に長いバイキング台、入口近くに実演とドリンクの台がありました。席は窓際を取り囲むように配置されていますが、残念ながらこの日は予約したにもかかわらず、窓際をキープできませんでした。でも窓は大きくとられているので、眺望は充分楽しめました。
当日はあいにくの曇り空。
新宿新都心を望む景色(写真1)がかすんで見えるのは、私の涙のせいでしょうか。眼下に広がる池袋の街並み(写真2)も今日で見納めかと思うと、切ない気持ちがこみ上げてきます。

なんて感傷にひたってる場合じゃない。さあメシだ。
料理
最終月の3月は謝恩企画として特別メニューとのこと。とはいうものの、特別いいものが出たというよりは、普段より品数が若干増えたという程度の印象でした。それだけ、もともとコストパフォーマンスの高いビュッフェだったということです。
写真は手前から時計回りに、蟹爪フライ、蟹甲羅グラタン(正確にいうと蟹の甲羅に入ったマカロニグラタン)、鰹と沖鰆のカルパッチョ、グリーンサラダ、スモークサーモンと大根の和風サラダ、くらげと野菜のマリネサラダ、フォカッチャ・ピザ。
メイン級の皿→
舌平目ムニエル・ケッパーソース、子牛のパン粉付け焼き・コルドンブルー、チキンのクリームチーズ焼き・デミソース、ポークミラネーズ・トマトソース。
肉質はいまひとつながら、ソースがとてもよいので、どれもおいしくいただけました。

つづきは涙の最終章Part2で。