記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2007年3月27日(火曜日)
   
B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)・前回 B星赤 B星赤

飯田橋にあるホテルメトロポリタン・エドモントのレストラン「ベルテンポ」のランチバイキングです。地中海フェア・・・日本海だとピクリともしないのに、地中海と聞いてつい予約してしまった私。前回レポはサイトを始めたばかりで料理の写真はありませんでしたが、今回はたっぷりお見せします。
※月替わりフェア 3月「地中海」 4月「世界の食材」

王冠蛇姫様の御言葉
「昇格ね!」

料金 2,200円(2,310円) HPに10%割引クーポンあり。
アクセス・ロケーション
最寄り駅は飯田橋、水道橋、九段下。詳しくはホテルHP、前回レポ等をご参照ください。ディナーレポはこちら

予約するといつも窓際かバイキング台の前の「特等席」に案内されるのですが、今日はなぜか奥の個室風スペース(写真2)へ。天井が高く、採光も充分、とてもスタイリッシュな空間です。
この日はなぜか12時を過ぎてもバイキング台の前が空席のまま。どうしたのかと思っていたら、12時半くらいにちびっ子軍団襲来!
卒園式を終えたばかりらしく、親御さんともども、みんなお洒落にきめてます。こんな小さい頃からホテルビュッフェなんていいなあ、なんて思っていたら、ちびっ子たちは料理そっちのけで携帯ゲームに夢中。「みんなもっとまじめに食え〜! こっちは真剣だぁ〜!!」と叫びたく・・・はなりませんでした。食べるのに忙しかったですから。
料理
前菜はエビとグリル野菜のサラダ、チキンとサラミのサラダ、シーフードサラダなど。具材たっぷりでおいしいです。
写真のオリーブのピッツァ、ガーリックトーストの他にも、いろいろ炭水化物系の料理が並ぶ(メトロポリタン系の特徴)のですが、不思議とそれを感じさせません。
手前は白身魚とカブのトマトソース、スズキのオーブン焼きプロヴァンス風。奥はポークのロースト、ラザニア。
今回は地中海フェアということもあって、シーフード系が充実してました。ポークのローストのクルミ入り濃厚ソースが秀逸でした。
実演は「花鯛の鉄板焼 ラヴィゴットソース」→

シェフが一皿ずつていねいに仕上げてくれます。ソースは色鮮やかで、ワインビネガー風味のさっぱり味。この料理はディナーでも出されるようです。

幸せを呼ぶ料理の数々はPart2で。