記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2007年3月16日(金曜日)
   
Part1からのつづき

スープはニンジンのポタージュ→
クリーミーでおいしいです。
他には刻み野菜入りの田舎風コンソメスープも。
玉子のムーレット(ブルゴーニュ地方)→
これはポーチエッグの赤ワインソースです。バケットの上に半熟玉子。黄身がトロ〜リと流れ出て、ソースと混ざり合います。まるごと一個いただきましたが、ボリュームがあるので、シェアするんだったと後悔。
このとき席に戻るとカトラリーがすべて交換されていて、お水もグラスごと交換されていました。気分いいです。
鮭のパイ包み焼き(全景)→
この輝きに、めまいがしました。
物悲しげに銀皿の隙間を埋めるフレークにも気付かないくらい・・・
って気付いてるだろ。

ソースはヒュメドポワソンに生クリームを加えた定番のクリームソース。最近のフレンチはヘルシー志向のソースが増えているようですが、こうした濃厚こってり系ソースを私達は支持します、断然。
鮭のパイ包み焼きと、HPで紹介の郷土料理の盛り合わせ→

チキンとキノコのクリーム煮(ロワール地方)、タコとイカのブーリッド(ラングドック ルーション地方)、牛肉とジャガイモ・トマトのグラタン(アルプス・ジュラ地方)。ブーリッドはHPによると、トマト・赤ピーマン・ニンニク・白ワインを加えた煮込みとのこと。蛇姫様はグラタンとパイ包み焼きが気に入ってリピート。私はクリーム煮が濃厚でおいしかったです。
仔羊が皿盛りで出るからローストビーフは食べちゃダメ、なんてことはありません。どちらもいただける、一粒で二度おいしいバイキングとなりました。
ローストビーフはシェフが分厚くカットしてくれます。すごいボリュームですが、やわらかくてジューシーなお肉なので、ペロリとたいらげてしまいました、蛇姫様が(←お肉解禁してます)。

実演は他にオムレツ(オムライスも可)がありました。オムライスが食べたかったのですが、再び協議の末、断念。さらにポークフィレカツ(チーズ入り)も断念!

Part3へつづく(ついに仔羊登場!)