記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2006年11月13日(月曜日)
   
B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)

新橋の第一ホテル・アネックスのトラットリア「ラ・パランツァ」の
ランチバイキングです。
先日の記事でも書いたとおり、復活したバイキングに行ってきたので、さっそくレポします。この星の数、復活のご祝儀でちょっと甘めかも。でも泣けるくらい大満足であったことは間違いないです。

王冠蛇姫様の御言葉
「涙でメニューが読めなかったわ!」 ガーンバイキングなんでメニュー関係ないんですけど・・・

料金 2,100円 土日祝のみ
ホテルのHPに20%割引クーポン(1,680円)があります。11月30日までですのでお早めに。
アクセス
第一ホテル東京のすぐ隣、あんまりホテルっぽくない建物です。
新橋駅とは地下歩道でつながっていますので、雨に濡れずに行くことができます。地下鉄7番出口の横のほうに案内図(写真)があるので、迷うことはないでしょう。内幸町からも歩いていけます。

ロケーション
お店はホテルの地下1階です。
この写真→
ホテル前の歩道から見下ろす感じで撮ったのですが、お店の前の斜面を利用したサンクンガーデンのおかげで、とても地下とは思えない明るさです。窓も大きくとられて採光もたっぷり、気持ちよく食事できます。
ここでひとつ御注意を。このお店、入口が3ヶ所もあるんです。ホテル1階から階段で降りていく入口(ここが正式)。サンクンガーデン側の入口(写真右上)。トイレ側の入口(駅から地下通路を利用するとここに出る)。オープンなどの混雑する時間帯は、この便利さが裏目に出ます。3方向からお客がドンドン来るので、スタッフがさばききれなくなるのです。この日は心新たに正式な入口から伺ったのですが、のっけから「お〜い、こっちが先だよ〜」状態(笑)。かといって、どこかを閉鎖するわけにもいかないでしょうから、ここは少ないスタッフで切り盛りしているということで、大目に見てあげましょう。
内装は→
見事にイタリアンな雰囲気に生まれ変わってました!でも船のキャビンをイメージした改装前のお店(キャビーヌ)の名残りも所々にあり、ちょっぴりうれしかったです。ビス止めの甲板風の壁(1枚目の写真)などがそうですね。横の写真は窓のないところなんですが、他の席はサンクンガーデンが見えて、もっと明るいです。
入口(正式のほう)を入るとテーブル席が広がり、左側がサンクンガーデン、右側の壁沿いにバイキング台があります。一番奥に新設された実演コーナーとカウンター(ドリンクはここ)というレイアウト。窓側・実演コーナー前が当然ながらベスト・ポジションです。
料理
シーフードたっぷりの前菜の盛り合わせ→
てんこ盛りに見えるのは、お皿が小さいから。
でもお皿が大きくても、てんこ盛り。

鯛のカルパッチョ・マスタードソース(手前)が、やわらか食感でおいしくてリピート。野菜サラダ(カット野菜を並べてバイキング台をにぎやかにできる便利な一品)を用意しない潔さにも好感度UP。

つづきは(Part2)で。