記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2006年8月27日(日曜日)
   
B星赤……….(おすすめ)

新橋にある第一ホテル東京の世界バイキング「エトワール」のランチバイキングです。
その名のとおり、世界の味が楽しめるお店。昨年末にリニューアルして、さらにパワーアップしました。高級食材の実演があり、お値段お高めなのも納得。
昔から家族イベントに利用してまして、ヨシ王とマーサ妃(蛇姫様の両親)を招いた今年の新年会も、ここで開かれました。

王冠蛇姫様の御言葉
「イベリコ豚って仔豚じゃないのよ!」

料金 3,000円(平日)、3,500円(休日)………ちょっと値上がりして現在この値段。
アクセス
新橋駅とは地下歩道でつながっていますので、雨に濡れずに行くことができます。地下鉄7番出口の横のほうに案内図(写真)があるので、迷うことはないでしょう。内幸町からも歩いていけます。

ロケーション
お店は地下1階なので、ほんとに駅直結という感じ。
以前は白を基調としたメルヘン調というか、エレガンス調というイメージの店内でした。地下であることを感じさせないようにと、壁に窓の絵(通販なんかでよくある、風呂場の壁に貼るナンチャッテ窓みたいなの)が書いてありました。
去年の12月にリニューアルしたと聞き、さっそく行ってみると、そのあまりの変貌ぶりにビックリ。木目を生かしたシャープでモダンなデザインのインテリアになっていました。入ると正面奥にデザートとドリンクの台。その右奥に流行のデモンストレーション・ゾーン付きオープンキッチン・カウンターがあり、料理が所狭しと並びます。

料理
和洋中からエスニックまで揃います。季節ごとにフェアがあり、世界の料理をいろいろ取り入れています。ちなみに現在(2006.8)はハワイ・フェア。
リニューアル後の最大のウリは、常設の実演コーナーができたこと。以前のランチはお肉のワゴンサービスくらいしかありませんでしたが、私たちが家族新年会で利用したときあったのは、焼きタラバ蟹(身がぎっしり、大きいんでリピートできず)、そしてイベリコ豚のソテー。適度にサシが入った柔らかいお肉でした。2種類のソースが選べます。蟹も豚も焼きたてをいただけます。
ところで、イベリコ豚はドングリを食べて育つスペイン産の黒豚のことですが、どうしてイベリコ・ポークって言わないんでしょうか。千住豚とか那須豚だとなんだか煮ても焼いてもまずそうな響きなのに、イベリコ豚だとそうならないのはなぜなんでしょうか。そして、東京エックスはいまどうしているのでしょうか・・・

デザート
ケーキ、プリン、ゼリーなどがホールのまま出てきます。これは感覚的なものなのですが、デザートはリニューアル前のほうがもっと華があって良かったような気がします。きっと好みの問題でしょう。

ドリンク コーヒー、紅茶などのフリードリンク。

訪問時期 2006年度・春(それ以前にも数回)

地図
B食店情報
・店名 : 『エトワール』(えとわーる)
・ジャンル : その他
・住所 : 東京都港区新橋1-2-6
・TEL : 03-3501-4411
・URL : http://www.hankyu-hotel.com/hotels/05dhtokyo/index.html
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 新橋、内幸町
・キーワード : ランチバイキング、ディナーバイキング
・友人・同僚
B食店ページへ