記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2006年8月12日(土曜日)
   
B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)

ホテルインターコンチネンタル東京ベイのエスニック・レストラン「エイジアン・テーブル」のランチバイキングです。インターコンチは早くも2回目の登場。このホテルのバイキングは大のお気に入りで、前回レポの「ブルーベランダ」と今回紹介する「エイジアン・テーブル」、いつもどっちにしようか悩みます。でも暑い季節はやっぱりエスニックですね。

王冠蛇姫様の御言葉
「アジアンじゃなくってエイジアンって覚えなさい!」

料金 1,848円(平日・コーヒー無)、2,887円(休日・コーヒー付)
休日に料金がハネ上がるというより、これが標準価格で、
平日がサービス価格だと思います、この内容なら。

アクセス ブルーベランダ(上記リンク)を参照ください。
ロケーション
お店は3階です。ブルーベランダのときも書きましたが、このホテルには2階がありません。1階のひとつ上が3階です。

東京湾に面しているので、眺めはこんな感じ→
(外で撮影、お店はすぐ後ろ)

お台場とレインボーブリッジを望む絶景ポイント(でもないか)でのお食事。窓際の造りなので、どの席からも景色が楽しめます。
バイキング台は、ゆるやかにラウンドしたオープンキッチン・スタイル
のメイン台と、フロア中央のデザート専用台があります。メイン台は
一段高いところにあり、その前の狭い通路を一方通行でゾロゾロと
歩く姿はまるで国会の牛歩戦術。あ、私も並んでたんでした。
GOODおすすめの席(座れたらラッキー)
ということで、デザートの補充が一目瞭然(笑)の、中央付近の窓際の席。

料理
タイ、ベトナム、インドネシアの3ヶ国の料理がバランスよく出てきます。以前は日替わり国別メニューでしたが、現在は毎日混合メニューです。
パクチー(香菜)をきかせたヤムウンセン、パパイヤを使ったサラダといった前菜やサラダが並び、中央にはフォー(ベトナム麺)やタイスキなどの実演コーナーがあります。あちらの方とおぼしき若いコックさんが、やさしく微笑みながら作ってくれます。でも日本語はあまり通じません。ここには薬味や調味料がいろいろ置いてあって、好みの味にアレンジできるのはよいのですが、品名が書かれていないため、何を入れるとどうなるのやら、さっぱり見当がつきません。そこを「あーでもない、こーでもない」とやるのがまた楽しいのですが、混雑時は渋滞の原因にもなるので、そのへんはなんとかしていただきたいもの。
主菜は肉、魚が数種(牛肉の炒めもの系は特に美味)、主食はナシゴレン、タイ風焼きそば、グリーン・カレーなどの定番ものが中心。ライスはもちろんタイ米です。
ちなみにここの料理長さんは、TBS「チューボーですよ」に出てました。

デザート
「チェー」を必ず食べましょう。タピオカ、緑豆、アイスクリームなどをお好みで盛り合わせたグラスに、冷たいココナツミルクを注いでいただきます。ピリ辛料理のあとのせいか、これがいくらでも食べられてしまいます。
エスニック・デザートだけではないところが、ホテル・バイキングの強み。店売りのものと見まがうようなケーキが出る、というか、ほんとに店売りのものが混じって出てきます。

ドリンク
平日はコーヒー無しなので、別料金(347円)で頼むことになります。
ウーロン茶、ジャスミン茶などのお茶飲み放題も別料金であります。

訪問時期 2006年度・春(それ以前にも数回)

地図

トピックス
おなかもいっぱいになったところで、腹ごなしにすぐ近くの竹芝ふ頭公園へ。
ここへ来るのは初めて。なんでも、大きな帆船が置いてあるとか。
ガーン「あっ! 蛇姫様、マストが見えました。船です!」

近づいてみた→


王冠「・・・・・・・・・・」
ガーン「・・・・・・・・・・」

B食店情報
・店名 : 『エイジアン・テーブル』(えいじあんてーぶる)
・ジャンル : エスニック/アジア/無国籍
・住所 : 東京都港区海岸1-16-2
・TEL : 03-5404-7896(直通)
・URL : http://www.interconti-tokyo.com/second.html
・営業時間 : 11:30?14:30(休日15:00)
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 竹芝、浜松町
・キーワード : ランチバイキング、エスニック
・友人・同僚
B食店ページへ