記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2015年4月5日(日曜日)
   
 

B星赤 B星赤 B星赤……….(ぜったいおすすめ)


後楽園にある東京ドームホテルの展望&ライブレストラン「アーティストカフェ」のランチバイキングです。約2年ぶりの再訪となるこのお店。時代の流れでしょうか、値段は若干高くなりましたが、そこは魅力的なフェアでカバーしています。「イタリア食紀行 ロマーニャ州・リグーリア州・トスカーナ州フェア」へ行ってまいりましたのでレポをお届けします。といっても残りはあと10日ほど(4月15日まで)、気になった方はお急ぎください。 ※前回レポ 


王冠蛇姫様のお言葉 「全部食べたと?」

 

料金 2,970円 ※土日祝のみ90分制。

 


 

アクセス&ロケーション 最寄駅は水道橋など、お店はホテルの43階、変更点はありません。

 

目指すは最上階。

   

今回も食べ過ぎちゃってドームすみません。

 

ガウディっぽい半個室席でまったりと。

(ビュッフェボードから遠いのが難点ですが、いっぱい食べても目立ちません)

 


 

料理 

 

このお店はいつもフェアをやっていて、前回訪問時は北海道フェアでしたが、

このところはイタリア各地を巡って名物料理を紹介しています。

今回はトスカーナ地方など、イタリア中〜北部のお料理が中心でした。

まずは前菜の皿から。

ツナと白いんげんのサラダ、リグーリア風カッポンマーグロ、春野菜と小タマネギのアグロドルチェ、

彩野菜のバーニャカウダ、生ハムメロン、トスカーナ風鶏レバーとボローニャ風モルタデッラムース、

野菜のフリット、パンツァレッラ、グリーンサラダなどなど。

カッポンマーグロはタイ料理みたいな名前ですが、

魚介のサラダ仕立てです。マグロは入ってません。

モルタデッラは漢字変換すると「盛るた出っら」になります。

(茶化して書いてますが、どれもリピートしてます)

 

ミネストローネ。

なんか違う名前が書いてあったような気もしますが忘れました。

 

温菜の皿。

海老と野菜のフリッタータ・海老クリームソース、フォカッチャ、ボローニャ風ボリートミスト、

ピッツアカプリチョーザ、イカのリゾット詰め・赤ピーマンソース、チキンカッチャトーラなど。

フリッタータのソースが激うまで、イカにかけて食べました。

赤ピーマンソースよ、ごめん。あなたは悪くない。あなたはあなたできらりと光るものがある。

ボリートミストはお肉の煮込み料理です。

 

実演のパスタは、いんげんとじゃが芋のジェノベーゼ・グラナパダーノ風味。

トルフィエという、ひねり型のショートパスタを使っています。

ジェノベーゼといえばリングイネが多いですが、これは変わっていておいしかったです。

 

お肉のカッティングサービスは、豚肉の香草焼き・タプナードソース。

オリーブベースのソースです。

 

イタリアンフェアではありますが、生活習慣は乱さずカレーで締め。

とてもフルーティーなカレーでした。

 


 

デザート 

 

イチゴケーキ、チョコケーキ、豆乳パンナコッタ、フルーツ入りライムゼリー、

タルトリゾーネ、スフラッポレ、アイス三兄弟。

タルトリゾーネとスフラッポレがフェアらしいメニューで、

それぞれお米のタルト、カーニバル用菓子です。

 


 

ドリンク 

 

コーヒー、紅茶をフリーで。

 


 

訪問時期 2015年度・春

 

地図