記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2013年11月15日(金曜日)
   
 

B星赤 B星赤……….(かなりおすすめ)


江東区にあるルートイン東京東陽町のレストラン「花茶屋」のランチバイキングです。前回レポで江戸川区のホテルの底力を目の当たりにした私たちは、それじゃあ江東区のホテルのもっと安いバイキングはどうなのよ、ということで引き続きレポしに行ってまいりました。ここもまた侮れません、近くにあったらいいのにと心底思います。 

 

王冠蛇姫様のお言葉 「いっそのことホテル住まいできたらいいのにと心底思います」

 

料金 1,000円ポッキリ 

 


 

アクセス 最寄駅は地下鉄東西線東陽町。2番出口の交差点を南下して約2分でホテルです。

 

ロケーション お店はホテルの1階です。入って右手がビュッフェスペース、中央から左手にかけてがテーブル席というレイアウト。テラス席もあり、そこでも食事できます(喫煙席のようです)。ビュッフェスペースは1,000円とは思えないほど広々していて、さらに程良く分散しているのでストレスなく料理を取ることができます。カウンター席もあり、おひとり様のサラリーマンもちらほら。全体的にはやはりご婦人の方が多かったです。

 

ホテル外観。

駅からも近く、都心へのアクセスもよい使い勝手の良いホテルです。

私たちにとっても使い勝手の良いホテルです、別の意味で。 

   

店舗前の看板2種。

手書きのほうには当日のおすすめメニューが書いてあります。

 

レジの横に日替わり目玉メニューのカレンダーが置いてあります。

ステーキの日を狙い打ち、なんて使い方もできます。

 


 

料理 

 

標準的なアイテムの野菜サラダとポテトサラダでスタート! 

 

コーンポタージュとお味噌汁。 

 

豚肉の唐揚げ・3種のソース、付け合わせのお芋、ミートソースと半熟玉子のドリア、

パン、白身魚の白ワイン蒸し・マッシュルームソース(日替わりカレンダー表記の品)など。 

 

豚の唐揚げは薄切り肉を揚げただけものですが、3種のソースを添えたのが中々のアイデア。

,ろしポン酢、▲優塩&粒胡椒、スイートチリ、と変化もあって楽しめます。

白ワイン蒸しは安い魚を使っていますが、フレンチが得意なシェフがそれをカバーするために

ソースを本気出して作っちゃった、って感じ。マッシュルームソース、秀逸です。

低価格でも創意工夫で魅力的なバイキングにできるよい例でしょう。

 

数量限定メニューの肉豆腐(未確認ですが日替わり品だと思います)。

すぐなくなっちゃいましたが、補充はされました。

すごく混雑したときはありつけないこともあるかと。 

 

腹ペコサラリーマン向けに揚げものも充実。

ミニドッグ、メンチカツ、白身魚フライ、春巻きとありますが、

さすがにこれらは出来合いのものでしょう。

パスタはスパムとキャベツのペペロンチーノです。

うどんはセルフトッピング、上品な味のつゆでした。 

 

締めはもちろん定番のカレー。

 


 

デザート 

 

1,000円にしてはがんばってるほうだと思います。

ミニケーキ数種類、プリン。

プリンはお店で作っているものです。

こういうのがひとつあるだけでも印象は大きく変わるもの。 

 

フルーツポンチ、カップアイス(バニラとチョコ)。

 



ドリンク 

 

 

コーヒー、紅茶、ほうじ茶、ジュースなどをフリーで。

(コーヒーの表面に映る外の木立にピントを合わせてみました・・・な〜んて、たまたま) 

 


 

訪問時期 2013年度・秋

 

地図 

B食店情報
・店名 : 花茶屋(はなちゃや)
・ジャンル : その他
・住所 : 東京都江東区東陽2-3-12 ホテルルートイン東京東陽町
・TEL : 03-3649-1211
・URL : http://www.route-inn.co.jp/search/hotel/index_hotel_id_73
・営業時間 : 7:00〜9:00/11:30〜14:30
・定休日 : 無休(ランチバイキングは土日祝休)
・最寄り駅 : 東陽町
・キーワード : ランチバイキング、モーニング
B食店ページへ