記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2013年10月20日(日曜日)
   
 

B星赤 B星赤……….(かなりおすすめ)


浅草ビューホテルのフレンチレストラン「蒔絵」のランチバイキングです。ビューホテルといえば、昨年オープンしたビュッフェ専門レストラン「武藏」をレポしましたが、その上階で豪華食材もいただける鉄板フレンチのオーダービュッフェが曜日限定で開催されていることを新聞の折り込みチラシで知り、さっそく行ってまいりました。 

 

王冠蛇姫様のお言葉 「スーパー以外のチラシもチェックしてるのよ!」 

 

料金 3,360円 ※火曜日限定開催。 

 
 


 

アクセス 最寄駅は、つくばEXの浅草。ホテルは駅直結ですので迷うことはないでしょう。 

 

ロケーション お店はホテルの27階です。ちなみにすぐ下の26階がビュッフェレストランの武藏です。入って左側がメインダイニングでスカイツリーに面しており、右側は個室兼用席で都心に面しています。その間にも席はありますが、眺めはちょっと期待できません。オーダーバイキングですので当然のことながらボード類はありません。 

 

この日も恒例となりました浅草寺での「満腹祈願」でスタート。

目指すはその奥に見えるビューホテル。

 

腹減らしにスタコラ歩いてあっという間に到着。 

 

ホテルに入ると、1階のエレベーターホールには長蛇の列ができていました。 

これが全員「ライバル」なのかぁっ! 

と思ったのですが、26階の武藏へと向かう団体さんでした。 

(そもそもオーダーバイキングなのでライバルの心配などしなくてよかったのでした) 

 

お店に到着。 

階段で上がったわけでもないのに胸がドキドキ。

 

メインダイニング側からはスカイツリーや浅草寺がよく見えます。 

 

窓際のカップルシートは特等席、でも1,000円のシートチャージがかかります。 

   

私たちはその1,000円を他の激安バイキング代にまわすことにして(号泣)、普通席へ。 

この日は都心側の個室風スペースへ通されました。

なんだか別料金取られてもおかしくないような、落ち着ける席です。

スカイツリーや浅草寺などは見えませんが、ちょっと得した気分。

今年になってリニューアルオープンしたばかりとあって、内装もとてもきれいです。

 

窓に面しているので、眺望はとてもいいです。見下ろすとこんな感じ。 

 

都心の高層ビル群の向こうに見えるのは富士山! 

写真ではうっすらと輪郭しか見えませんが、実際はもうちょっとよく見えました。 

スタッフの方によると、冬場はさらにくっきり見えるとのこと。 

 

ホテル内に掲示されているレストラン案内。 

 

今回は鉄板フレンチの「蒔絵」ということで紹介していますが、 

正確に申し上げますと、この店はヌーベルシノワの「唐紅花」も 

同居するコラボレストランです。 

(最初の写真で店名がふたつ並んでいるのはそのため) 

フレンチだけ、中華だけ、その両方、その日の気分で使い分けできます。 

ちなみに唐紅花としては、金曜のランチ限定で 

オーダー式の飲茶食べ放題を実施しています。 

 

飲茶もいいけど、やっぱフレンチでしょ、ということで今回は蒔絵さんの日に伺いました。

鉄板焼き形式のフリーオーダーフレンチにオマール海老やフォアグラも付くという豪華版。

※写真は私たちの鼻息を朝っぱらから荒くさせた新聞の折り込みチラシの一部です。

ではさっそくご紹介しましょう! 

 



料理 

 

テーブルには鉄板焼き用の調味料とオリーブオイルがあらかじめセットしてあります。 

オーダービュッフェは前菜、鉄板焼き、主食系、デザートなどがあり、品数も約60種と豊富です。 

鉄板焼きも野菜・キノコ、魚介、肉といろいろ。 

備え付けのオーダー用紙に食べたい品の個数を記入してスタッフに渡します。

鉄板焼き系のみ、一度に5種類までの制限が設けられています。

まずは前菜と野菜焼きなどをオーダーしました。 

 

それらを待つ間、ファーストディッシュとして、蒔絵スタイルの前菜が供されます。 

(これは食べ放題ではありません) 

 

カリフラワーのピクルス、ローズマリー風味のマシュマロ。 

 

ロワイヤル、イワシのパイ包み焼きなど。 

なかなかの出だしですね。 

 

オーダーした品は次々に運ばれてきます(混雑状況にもよると思いますが)。

野菜ピクルス、ラタトゥイユ。

 

サーモンマリネ、キッシュロレーヌ。 

 

生ハム、豚肉のパテ。 

前菜ではラタトゥイユ、キッシュが特によかったです。

キッシュはリピートオーダーも考えましたが、今後の展開を考えて断念しました。

 

ここでひとつお店に改良していただきたいことがあるのですが、

各品の一人前の量がとてもわかりにくいのです。

バイキングメニューは写真付きなのですが、必ずしも一人前の量が写っているとは限りません。

前出のサーモンマリネの写真を例にとると、てっきり一人前だと思って

「二人分頼んだのですが・・・」とスタッフの方に言ったら、

「こちらでお二人分です」との答え。確かにレモンはふたつある・・・

量が多過ぎてしまうというより少な過ぎる場合がほとんどです。

ああ、これなら6人前頼んどけばよかった、といった感じ(笑)。

お肉にだけグラム数が表記されていますが、それ以外の料理も気になる方は

オーダーするときスタッフに確認したほうがいいかもしれません。

でもいちいち尋ねるというのもちょっと・・・

ついでに言うと、メニュー写真は見栄えをよくするための演出が施されています。

これはまあ仕方のないことなのかもしれませんが、弊害もあります。

(デザートのところで後述します)

 

パンは6種類ありましたが、ここは迷わずクロワッサンに。

武藏でおいしかったのを覚えていたのです。

ミニサイズですが、期待通りのおいしさ、サクサクさ。 

 

さて、ここで目玉の一品、カナダ産オマール海老の鉄板焼きが運ばれてきました! 

これはもちろん食べ放題ではなく、蒔絵スタイル前菜と同様、ビュッフェとセットになっています。 

 

サイズはハーフカット、ハーブの風味がきいていて、大満足の一品。 

 

お店の入り口には活オマール海老がディスプレイされています。 

これも付いてるんですから、お得なビュッフェです、ほんと。 

 

続いては鉄板焼きです。

アスパラ香草風味、ズッキーニ網焼き。

 

エリンギ塩焼き、シイタケ塩焼き。 

 

タケノコのアンチョビ風味。 

お野菜類は一人前二個が基本のようです。 

小皿がテーブルに何枚も用意されているので取り分けて食べます。 

でもシイタケ2個だけのお皿ってどうなんでしょ。 

 

続いてはシーフード。 

ホタテ貝、サーモン。

どちらもふんわり食感でおいしいです。

 

お肉も充実。 

まずは白モツの和風イタリアン。 

モツのバジル風味炒めといったところ。 

フレンチの店で和風でイタリアンという謎のメニューですが、 

おいしいければいいのです。 

 

次はフォアグラ!

さすがにひとり一皿限定ですが、これもオーダーできてしまうなんて、夢のようなビュッフェです。

こってり甘めのソースとの相性もばっちり。 

 

お肉のラストは「ビーフ三兄弟」。

 

牛カルビ、牛ロース。 

 

牛フィレ。

ちなみに一人前は40グラムで、写真は三つとも二人前です。 

 

お好み焼きもいただけるというのはユニーク。 

 

 締めはフレンチ玉子丼とシェフこだわりの一口カレー。

玉子丼はどのへんがフレンチなのかちょっと不明のあっさり味。

カレーは濃厚美味、一口以上はあります。

 

未食の品は下記のとおり。

野菜フリット、鴨スモーク、パプリカソテー、洋風マーボー茄子、ジャガイモソテー、

ほうれん草ソテー、トマトの鉄板焼き、ネギと豚肉ソテー、焼き豆腐おろしポン酢、

イカ、小海老、牛タン、豚ロース、鶏手羽元、ガーリックライス、焼きパスタ、ブイヨンスープ、

バケット、ミルクロール、大納言チーズパン、セサミロール、レーズンパンなど。

 


  

デザート 

 

 

デザートは14品と選択肢は多いです。 

でも写真をご覧いただければおわかりのとおり、 

見本写真と実物の「落差」という弊害がはっきりと表れてしまっています。 

(デザートの見本写真はあえて載せませんが、前出のチラシ写真に 

鉄板焼きのがちょっと載ってますので、ご想像ください)。 

マカロン、モンブラン、シュークリーム。 

う〜ん、華がない。 

 

ブランマンジェ、クレームブリュレ、カスタードプリン。 

容器入りのデザートは問題なし。お味もよし。 

 

ガトーショコラ、和三盆ロールケーキ。 

フレンチレストランなのに、なんかさびしい景色。 

大昔に箱根のホテルに激安プランで泊ったとき、 

ディナーのデザートがまったくデコレーションなしの、 

ほんとにただのアップルパイ一切れで、 

蛇姫様と一晩泣き明かしたことを思い出しました。 

 

フランボワーズソルベ。

つまりこのシステムだと、例えばマカロン一人前を頼んだら、

ちっちゃいのが一個だけお皿に乗っかって来るわけです。

食べ放題と美しい盛り付けはそもそも相反するものですが、

ここの場合、オーダーは一回限りにして大きめのお皿などに

デコレーションして提供するほうがいいと思います。

とにかくいっぱい食べたいというひとは、武藏へ行けばいいのです。

最後にいろいろ書いてしまいましたが、

おいしい前菜、お肉、パン、そしてフォアグラ&オマール海老と、

魅力的なオーダービュッフェであることは間違いありません。 

 


 

ドリンク 

 

残念ながらドリンクは別料金。300円でコーヒーまたはハーブティーが飲めます。 

 


 

訪問時期 2013年度・秋 

 

地図 

B食店情報
・店名 : 蒔絵(まきえ)
・ジャンル : 欧風料理-フレンチ
・住所 : 東京都台東区西浅草3-17-1
・TEL : 03-3842-3378
・URL : http://www.viewhotels.co.jp/asakusa/index.html
・営業時間 : 11:30〜15:00/17:30〜22:00
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 浅草
・キーワード : 鉄板フレンチ、ランチバイキング、オーダーバイキング
B食店ページへ