記事
[ 総記事数:858件 ] [ RSS2.0 ]
2013年10月10日(木曜日)
   
 

B星赤 B星赤……….(かなりおすすめ)


西新宿にあるヒルトン東京のレストラン「マーブルラウンジ」のランチバイキングです。約5年ぶりの再訪となるこのお店。主だったホテルのお店はすでに再訪済みで、ここも当然その予定だったのですが、いざ行こうとしてみるとアジアン・ビュッフェに様変わりしてしまっていたので、しばらく様子見をしておりました。そして今年になってシェフが変わり、内容も原点回帰の洋食中心になったとの噂を聞きつけ、さっそくの再訪となった次第です。 

※初訪レポはこちら

 

王冠蛇姫様のお言葉 「入り口の写真が撮りにくいんでホテルの地下入り口で勘弁して」 

 

料金 4,600円 ※日祝はブランチブッフェで5,950円。

 


 

アクセス&ロケーション 最寄駅は西新宿、都庁前。お店はホテルの1階、変更点は下記参照。

 

新たに就任した外国人の総料理長はなかなかのアイデアマンらしく、

いくつかの「仕掛け」が施されています。

一例を挙げると、サラダバーのアイテムのほとんどは木箱入りで供されます。

外国のマーケットのような雰囲気で、なかなかいい感じ。

さらにその後方にはボール型の加湿器がいくつも並んでいて、

ミストシャワーが立ち込めている様子は幻想的ですらあります。

お野菜の鮮度維持というのが本来の目的とのこと。

ただ、こうした演出はよいとして、サラダバーは動線に難があります。

野菜アイテムの右側にトッピングが、左側にドレッシングが用意されているのです。

アイテム→トッピング→ドレッシングの順が必然であるところ、

ここの並べ方だと順路に混乱が生じます。

幸い混雑していなかったので不自由はしませんでしたが、

団体利用などがあったときなどはどうなってしまうのか、ちょっと不安になりました。 

 


 

料理 

 

さっそくそのサラダバーからスタートです!

野菜のアイテムはいろいろ、トッピングやドレッシングもいろいろ。

ドライトマトやオリーブマリネなどもあります。

サラダだけでお皿はいっぱいになってしまいました。

おなかはいっぱいにはなってません。

 

前菜もいろいろ。肉・魚系ともバランスよく揃えてあります。

生ハム、ダックパストラミ、ラタトゥイユ、シーフードマリネ、スモークサバ&ホタテ&サーモン、

ビーフのたたき・わさびソース、マッシュルームとフェタチーズのサラダ、シーフードライスサラダなど。 

 

前菜コーナーにはなぜかお刺身も置いてあります。

外国人客には人気なのでしょうね。

外国人シェフから見ると、これも立派な日本式前菜なのかもしれません。

イカそうめん、甘海老、かんぱち、まぐろなど(帆立もありました)。

 

冷製スープはガスパチョ、温製スープはお豆たっぷりのミネストローネ。

 

 パンコーナーも充実してます(10種類くらい)。

食事パンもいろいろありましたが、蛇姫様のリクエストで早々とスイーツ系も。

クロワッサン、チョコデニッシュ、アップルデニッシュ(だったっけ)など。

もうちょっとサクッとしていればよかったのですが・・・

お値段がお値段なので、期待値を上げ過ぎてしまいました。

 

お刺身もあればメキシカンもある、ここはそんな店です。

セルフクッキングのタコスはアイテムも豊富です。

トルティーヤはフラワー(写真)とコーンがあり、好みで選べます。

ワカモレとハラペーニョ特盛りでいただきました。 

 

温菜も肉・魚ともバランスがいいです。

 野菜のロースト、鴨のロースト・バルサミコソース、豚バラ肉のネギソース、

カジキマグロのバジルソース、まとう鯛の海草バターソースなど。

このあとご紹介する「二大カッティングミート」があるのに鴨も出る、いいですね。

でも鯛のソースが一番よかったです、パンですくって食べたかったほどに。

 

ローストチキンとローストビーフは今回もありました。

こちらのソースも絶品。カットしてくれるポーションも大きめなので要注意です。 

 

独立したヌードルコーナーがあるのもユニークなところ。

うどん、そば、ラーメン、韓国冷麺があり、シェフが一人前ずつ仕上げてくれます。

具やトッピングは決まっているようですが、好みはある程度対応してもらえます。

今回は自家製麺が自慢とのことでラーメンをいただきました。

細麺であっさりスープ、おいしくいただきました。量も少なめでちょうどいいです。

ガラスの器はちょっと雰囲気を損ねる気もします。

 

 

ヌードルコーナーとは別のところにあるパスタもオーダー制です。

スパゲッティーニとペンネがあります。

組み合わせるソースはボロネーゼ、キノコクリーム、バジルトマトの3種。

ペンネボロネーゼでいただきました。

 

毎度のことながらカレーで締め。

「デビルシーフードカレー」と、なんとも物騒な名前ながら、

魚介ゴロゴロ入りの真っ赤なカレーで、濃厚美味。

インドカレーとタイカレーの中間といったところでしょうか、クセになる味です。

ライスもタイ米と、こだわってます。ナンもありますのでお好みのほうを。

 

※未食はポテトサラダ、ローストポテト(おなかにたまるんで)。 

 


 

デザート 

 

さて皆さん、これなんだかわかりますか?

答えはデザート。ほとんどがこの保存瓶みたいな容器入りなんです。

デザートのテーマは「ヴェリーヌ」とのことで、これはグラスデザートのことなのですが、

保存瓶のこともこう呼ぶらしいです。おもしろい提供方法だとは思うのですが、

―鼎て運ぶのがたいへん。

▲僖辰噺た感じ、華がない。

食べにくい場合がある。

洗うのが大変そうなんで遠慮して全種制覇できない。

といった弊害があります。

大皿やバットで出されたプリンやムースが最後の方はグチャグチャ、

といった事態は避けられるのでしょうが、前の方がよかったなぁ・・・ 

 

と、そんなことを考えながら食べていたら全種制覇してしまったのでご紹介しましょネ。

(洗い場の方、ご迷惑をおかけしました)

左:レッドメロンスープ。 右:グレープフルーツゼリー。

 

左:ココナッツパンナコッタ・マンゴーソース。

右:アップルキャラメル&ミューズリークランブル。これがこの日のベスト。

 

左:プリン。個人的にはカラメルソースが「つゆだく」状態のほうが好きです。

右:ラベンダーシロップ漬けのマドレーヌ。

 

左:定番のティラミス。 右:チョコムース。これは濃厚美味。

 

日替わりの一品というのもありまして、この日はベリームースケーキでした。

一番華のあるデザートでしたが、瓶容器との相性は決してよいとは言えません。 

 

いろいろ食べましたが、これで終われないのです、この店は。

実演のコールドストーンアイス、これを食べずには帰れません。

ストロベリーアイスとラズベリーソルベをいただきました。

アイスはチョコチップを入れてもらって「練り練り」してもらいました。

アイスは他にバニラ、チョコ、ラムレーズン、ソルベはレモンがありました。

アイテムもいろいろあるので組み合わせに迷うこと必至です!

 

結局は全部食べないと帰れないのです、この夫婦は。

左:ドーナッツ(パンコーナーから)、チョコファウンテン、クッキー、ドライフルーツなど。

右:フルーツ各種。

 



 ■ドリンク 

 

コーヒーor紅茶付き(おかわり可)。

 


 

訪問時期 2013年度・秋

 

地図 

B食店情報
・店名 : マーブルラウンジ(まーぶるらうんじ)
・ジャンル : その他
・住所 : 東京都新宿区西新宿6-6-2
・TEL : 03-3344-5111
・URL : http://hiltonjapan.ehotel-reserve.com/hilton-tokyo/index.html
・営業時間 : 11:30am ? 2:00pm
・定休日 : 無休
・最寄り駅 : 西新宿、都庁前
・キーワード : ランチバイキング、実演充実、地中海ソルト
B食店ページへ